スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレエ 「椿姫」 Opéra Garnier 

秋である。学校では新学年が始まり、劇場では新しいシーズンの開幕となる。パリ・オペラ座、最初の演目の一つは「La Dame aux camélias(邦題:椿姫)」。「三銃士」などで有名なアレクサンドル・デュマの実息子、アレクサンドル・デュマ・フィス(Alexandre Dumas fils、1824-1895)の小説をもとにしたバレエである。

camelias(3).jpg

19世紀パリの社交界の設定に魅了されながらも私が少し複雑な気持ちになるのは、この小説が作者の実体験に基づいていると聞いたからだろうか。ヴェルディが「La Traviata(椿姫)」と題してオペラ化したこの作品は23歳で亡くなる高級娼婦(コルティザン)と年下のブルジョワ青年の悲恋を描いている。

「彼女は細くて背が高く、黒い髪を持ち、白とバラ色の小さな顔には日本人のような少し細長く艶のある目があった。」椿姫のモデルとなった自分の恋人をデュマ・フィスが描写した文章である。華奢なブルネットのエトワール、Agnès Letestuはうっとりと見惚れてしまう椿姫を演じてくれた。John Neumeierの振り付けとショパンの音楽に踊るJürgen Roseの衣裳もため息をつく美しさである。

camelias(4).jpgcamelias(5).jpg

一方、私の衣裳はというと、
「おばちゃん、もうちょっとまけて」
「ほんならもうこれ持っていきよし」
去年の終い弘法にておまけとしていただいた反物で仕立てた単衣である。縁日で売れ残っていたこの子がオペラ座のバルコニー席に座っている。出生がおぼつかない私の着物の中でもなかなかの出世頭なのではないかと思ったりした。

オペラ 「ドン・ジョヴァンニ」 オペラ座 Opéra Garnier 

0206_garnier(8).jpg
モーツァルトのオペラ「ドン・ジョヴァンニ」を観に行った、と書くと嘘になってしまうかもしれない。聞きに行ったとしておこう。

普通は舞台が見えにくい席は値段も格段に安く、チケットにvisibilité réduite (=視界に制限あり)と明記してある。私達の席はそのカテゴリーのものではなかった。Baignoire(=浴槽)と呼ばれる一階桟敷席はかつては家族ごとに占有していたというボックス席で入口にはコート掛け、鏡、ソファなどが置いてあるコーナーがある。でもステージ近くの真横に位置する上、2列目だったのもあり、舞台半分は死角になってしまう。どうしたものか。

ちょうど一年前、奮発して「オテロ」の最終日の眺めのいい席をとったことがあった。なのにその日がパリの交通機関ストライクと重なってしまい、大道具さんが来られないという。隅から隅まで見渡せるだだっ広いステージにはオペラ歌手達と2,3脚の椅子以外、見るに目ぼしいものは何もないという事もあった。

0206_garnier(2).jpg06.02blog_garnier(1).jpg
0206_garnier(4).jpg
昨夜のオペラでは声はすれども姿が見えずの状態が多く、少し乗り出す姿勢にも疲れた私の視線は自然に舞台から離れ、指揮者の腕の動き、シャガールの天井画、客席のバルコニーの装飾、そして観客の顔に泳いでいった。余談だが、見られていると意識していない何かに集中している人の表情というのはいいものだと思う。

普段はあまりにも役者さんの動きや字幕ばかりを追い、視覚に神経がいってしまっているのだろうか。今日はなんだか耳が研ぎ澄まされたようで初めて聴覚をメインに楽しんだオペラ鑑賞になった。

初めてといえばその日はもう1つ初めてがあった。丸帯を締めてみたのだ。表裏ともに柄が織り出してある為ずっしりとしていて結びにくい。お太鼓を作りながら、小さい頃に厚紙で折り紙をしようと試みたのを思い出した。

photos: Jacques Moatti et OT Paris/Claire Pignol

オペラ「蝶々夫人 Madama Butterfly」 新オペラ座 Opéra Bastille 

butterfly-poster(4).jpg06.01_bastille(2).jpg
数年前、トスカーニャ地方のルッカを訪れたことがあった。オペラ作曲家ジャコモ・プッチーニ(1858~1924)の出生地である。旅行から帰ってみるとオペラ「蝶々夫人」のチケットが郵便受けに入っている。素敵な偶然に喜ぶのもつかの間、オペラ座の手違いだと判明した。

「先週偶然にもプッチーニの生家を訪れておりました。彼の名作、楽しんでいらしてください。」旅行帰りだったのも手伝ってか、今思うと親近感を込め過ぎの感もある手紙を同封しチケットを本当の持主に送ったのだが何の返事もなく、わずかに失望じみた想いを持ったのを覚えている。

この時の「蝶々夫人」は見逃したのだが、今シーズンは機会に恵まれた。裏葉色の訪問着は所々に刺繍を使い花模様をあしらった扇の古典柄。揚羽蝶(あげはちょう)の染抜き一つ紋がついている。少し光沢のある袋帯は薄緑と曙色のぼかし模様。

0106_butterfly.jpg
初演は1904年のミラノ・スカラ座。上のポスターはその当時のものらしいが今回はまったくのモダンな演出であった。明治初期の長崎を舞台にしているが衣装は白か黒かのどちらかで、女性は振袖のように袖だけが長いドレスである。誇り高く、一途な日本のヒロイン、蝶々さんには着物を着ていて欲しかったと思うのは私の大和心のわがままだろう。

「さくらさくら」や「お江戸日本橋」、「君が代」などが日本の旋律として効果的に使われているが、やはり第2幕目の冒頭に3年間音沙汰の無い夫、ピンカートンを信じていると熱唱する蝶々さんには着物を着ていなくても涙を誘われる。 この曲に触れて心を動かされない人など、はたしているのだろうか。

(右上は新オペラ座の窓に映るバスチーユ広場の「7月の柱」。政治犯が収容されていたバスチーユ牢獄を民衆が襲撃した1789年7月14日、フランス革命記念日にちなんだ名称。)

バレエ「白鳥の湖」新オペラ座 Opéra Bastille 

06.01blog_swanlake(6).jpg06.01blog_swanlake(3).jpg06.01blog_swanlake(5).jpg
3時間の間、プリマドンナを夢見る少女のようになっていた。ダブルをちりばめたオデットの32回フェッテ(fouetté:こまの回転のような連続急旋回)の間は涙で目が潤んでしまった。

ドルフ・ヌレエフ氏による演出、パリ・オペラ座バレエ団「白鳥の湖」の最終日を見に行った夜の事である。

一緒に行ったイタリア出身の友人によると、ミラノのスカラ座では大半の座席は劇場に由縁の深い親族達が所有していて一般の人に入手可能なチケットは数限られているらしい。パリの国立オペラ座ではこのようなレベルの舞台が立ち見でもかまわなければ誰でも5ユーロ(約700円)から見られる。国中にオペラ座や劇場が散らばっているイタリアと首都に文化が集中しているフランスの違いだろうか。

blog_swanlake(1).jpgblog_swanlake(4).jpg
blog_swanlake(3).jpg
サーモンピンクの付け下げを着て行った。平日なのでオフィスに着物を持ち込み、仕事の後に急いで着付け。うっかり衿芯を忘れてしまったのでコピー用紙を折りたたんで代用する。刺繍と絞りを控えめに使った気に入っている一枚だ。

このパリ・オペラ座バレエ団の「白鳥の湖」が2006年4月に東京公演するということ。
http://www.nbs.or.jp/stages/0604_paris/

バスチーユ・新オペラ座 Opéra Bastille
2-6, place de la Bastille
75012 Paris
Tel:+33.1.72.29.35.35
http://www.operadeparis.fr/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。