スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「薩摩焼パリ伝統美展」セーブル美術館 

この子の出番はもうないかもと思っていた母の若い頃の梅の花小振袖をたとう紙から出せる嬉しい機会が先日あった。

Satsuma(1).jpg06.01blog_momredkimono(1).jpg小振袖を着た結婚前の母

パリ郊外にあるセーブル美術館は、19世紀初頭に創設されたヨーロッパ最古の陶磁器専門の美術館である。この国立陶磁器美術館で「薩摩焼パリ伝統美展」が開催されていたのだが、これは1867年のパリ万博で初めて薩摩焼が展示された140年記念行事であったらしい。この展示会のクロージング・イベントとして坐忘斎お家元がご講演をされることになっており、裏千家パリ出張所の一生徒として、お手伝いさせていただくことになった。

前もってお茶の先生から特別な行事のため装いは少し華やかに、というお話があったのだが、その中で「あかねちゃんは振袖で」という指示をいただいたので、箪笥の底でぺったんこになっていたこの着物が思いがけず日の目を見たというわけである。お茶を立てられる場ということと、「派手にならないように」との先生のお言葉もあり、髪型も着付けの先生に結んでいただいたふくら雀も小さめに。袖も二尺程度なのだが、普段より少し袖が長いだけですっかりおめかし気分である。小さい頃、いつもより少し長いスカートをはかせてもらっただけでお姫様気分になれたのを思い出した。

Satsuma(2).jpgSatsuma(4).jpg

千宗室家元のフランス公式訪問は今回が家元継承後、初めてであったらしい。お父さまの千玄室大宗匠は海外への茶道普及に心を砕かれたということであったが、当代お家元は国内の活動を大切にされていると聞いていた。そんなこともあり、少し保守的な感じの方を勝手に想像していたのだが、実際にお目見えして、寛大でユーモアをお持ちの方という印象を受けた。千家は京都のもうひとつのロイヤルファミリーといっても過言ではないかもしれない。遠い国まで足を運び、生徒一人ずつに優しく声をかけ、私をお姫様気分にしてくださった方は茶の湯の王様なのである。
スポンサーサイト

コメント

右のお写真は…

もしかして、お母さま。。。
あかねさまは色白ですし
くれない色の中振り袖がとてもお似合いです v-10
振り向いて~と画面に向かって声かけちゃいました。
先生の「少し華やかに」「派手にならないように」って
どうすりゃいいの?と私ならオロオロしそうですが
さすが、ピッタリにまとまりましたねえv-221

去年行ったんですよ、私

わーい、私、去年2月にセーブル美術館に行ったんですよ。パリにオペラを観にいったときにブログで知り合った方の家に泊めて頂いて、その方が近くだということで連れてって下さったのです。セーブルだけでなく、素晴らしいコレクションでした。

そこであかねさんはお茶会をなさったのですね。お家元さんもあかねさんのような方がパリでお茶をなさってことをお知りになってとても喜ばれたにちがいありません。お振袖姿もトレビアンです!

おひさしぶり~

ワ~!鮮やかな赤。好いお色ね。
あの美男美女の両親が米国留学中にダンスをなさったあのお振り袖では?
マミーがアメリカでそして,娘がパリで~何と国際的なお振り袖&ご一家でしょう!
お家元の初の海外普及活動に花を添えること何倍かの華!
また春のパリからの発信を楽しみにしています。
こちらは昨日はさくら子たちとお雛りをしました。

e-477やっぴーさま
こんにちは!どうもありがとうございます。
そうです、となりの白黒写真は母の結婚前のものなんです。

いつもより少しおめかしを、でも調子に乗り過ぎないように!ってことでしょうか(笑)ドレスコードって難しいですね。。e-330

e-477椿姫さま
こんにちは!
そうですか、一年前にセーブルに行かれたのですね。パリからセーヌ河を渡っただけの場所ですが、少し行きにくいのでパリを観光される方のアジェンダには普通は入りにくい美術館だと思います。いい美術館なので、もったいないですよね。

振袖を着れる回数は人生の中でも限られているので掟破りでも今回は喜んで袖を通しました。e-412

e-477ake149さま
ご無沙汰しております。
そうです、この着物は母がアメリカの大学時代に着ていたものです。この着物で父とダンスを踊ったのでしょうか。。今週母がパリに遊びに来るので是非聞いてみたいと思います。^^

この展示会は里帰り展として今年の秋から堺市博物館なので開催されるそうです。

今日はお雛様ですね。e-312女の子のお孫さまお二人でにぎやかなことでしょう。

ううう美しい~♪♪

あかねさん、こんにちは。
も~なんて素敵なお姿なのでしょう!!!!古典なのにモダン、華やかなのにシック・・「派手にならない華やか」の難しい命題を、見事に解かれた装いと感じました。お母様の小振袖・・大きな柄がなんてモダンで、赤の色がなんて鮮やかで綺麗なんでしょう・・・髪飾りの赤もチャーミングですね♪♪
リンクを張られていた以前の記事、改めて拝読しました。そうなのですね~金箔をかけたりされたのですね~!あかねさんの、着物帯再生エピソードにも、いつもとっても興味しんしんなのです!とっても素敵な再生を拝見すると、再生意欲がわいてきてしまいます(●^^●)

e-477いしのすけさま
こんにちは!
どうもありがとうございます。

いしのすけさんこそお母様とお婆様のお着物をちゃんと受け継いでいらして素晴らしいと思います。私は母からのお下がりの着物が少ないからか、着れる機会があるとやはり特別な思いがあります。

このかんざしはhttp://hannariparis.blog39.fc2.com/blog-category-3.html#entry7で書いた父方の祖母の形見なんです。これをつけるときは落としていないか始終確かめているので大変なんです(笑)

あかねさまのすてきなお着物、拝見できてしあわせ。それにまつわるストーリーも感動的です。

着物って代々伝えられることで、家族の絆のようなものを再確認しますね。

お金を積んで高級呉服を買うのではなく、昔のものを愛おしんで再生するなんて、ほんとうにすばらしいこと。わたしも箪笥の中にある祖母の形見の反物を自分サイズに仕立てることにします。

はじめまして

はじめまして。
昨年からパリそして、着物に関するブログを検索し、
あかねさんのブログを拝見するようになりました。
コメントを出すのは、勇気が必要ですね。

写真撮影方法が、プロを思わせるようで、
お着物のディスプレイも素敵で感動していました。

私の夢みることをすべて実現していらっしゃる方なので、
あこがれます。

それは、パリで着物を着てでかけること。
そして、パリで茶道をすること。

パリで着物を着ることは、ようやく叶いそうです。
でも、ちょっと恥ずかしいような気がしていたのですが、
あかねさんのHPを拝見していると、気張らずに普通のことなんだなぁー。
と思えてきました。

4月末~5月初旬に、着物・和布大好きな母といっしょに
ミニ着物の作品展をパリのギャラリーでやるのです。
パリの方々に興味を持っていただけるか楽しみですが、不安もいっぱいです。

パリ滞在中は、美術館めぐりも楽しみにしていましたので、
セーブル美術館にもぜひ足を運んでみようと思っています。

茶道では、私も裏千家のお稽古をしています。
昨年には、献茶にて千玄室大宗匠に気さくに声をかけていただき、
記念撮影もしていただきました。
あかねさんは、長くお稽古していらっしゃるんでしょうね。

作品展にいらしてくれたフランス人のお客様にに、
お茶を点ててさしあげることも考えているのですが、
お抹茶は、やはり好き嫌いがありますかね?

着物でのお出掛けやパリのお話これからも楽しみにしています。
それでは。

やっぱり、ふくら雀の様な古典結び奥ゆかしくっていいですね。お似合いです。
平凡社発行の「きもの文様図鑑」によると、ふくら雀は「福良む」→「福良雀」とあて字して縁起がよいと考えられているそうです。

あかね様の雰囲気でしたら、後見結びも絶対、絶対 似合うと思うんですが!!

e-113真由美さま
こんにちは!
少し旅行に行っており、お返事が大変遅くなり申し訳ございません。

自分で反物を選んで、自分好みに色や八掛を決めてお仕立てしてもらう着物もいいですが、やはり家族の着物は新しいものにはない重さがありますよね。呉服屋さん関係の方が古い着物を見て「今はこんなん、もう作れるとこないですわ」と言われるのをよく耳にするのですが、この半世紀で着物の質自体が落ちてしまったようで、なおさら家族から受け継いだ着物の大切さを実感します。

e-113oharikoさま
はじめまして!コメントをいただくのはとても嬉しいので、勇気を出していただきどうもありがとうございます^^
パリを数日空けており、すっかりお返事が遅くなってしまいました。すみません。

パリでミニ着物作品展をなさるのですか!素晴らしい!お茶を立てられるのはとてもいいアイディアですよね。こちらでのお茶のデモンストレーションでは薄茶はやはり苦いようで残される方もたまにいらっしゃいますが、着物の展示会に足を運ばれるようなフランス人なら、茶道にも興味を示されるでしょうし、少しでも体験できるだけで喜ばれると思います。私は京都でお茶のお稽古を少ししていたのですが、パリではお稽古を再開してまだ数年ですので、まったくの初心者なんですよ。

もしよろしければ、ギャラリーの場所など教えてください。展示会の準備は色々大変なことも多いかと思いますが、素敵な作品展がパリにやってくるのを心待ちにしております。

e-113カサブランカさま
ご無沙汰しております。
お返事が遅くなり申し訳ございません。
なるほど、ふくら雀とはそのような漢字をあてるのですね。
寒い時などに胸の羽にいっぱい空気を入れてポッコリと膨らんだ可愛い雀のイメージからこの帯結びが考え出されたのでしょうか、それとも後からつけられた名前なのでしょうか。。どちらにしても昔の日本人のネーミングのセンスを垣間見るようです。

後見結びとは初めて知りました。福良雀よりも大人っぽく、お太鼓より華やかな結びかたなのですね。あるサイトに後見結びは厚みがなく、長時間の観劇などにぴったし、とありました。是非一度試してみたいと思います。

お返事ありがとうごさいました。

HPを作成しましたので、
ぜひご覧下さい。
ご都合がよろしければ、作品展にお立ち寄り下いさいね。

作品展
サン・ジェルマン・デ・プレ
Galerie LEE
4月28日~5月4日
http://www3.ocn.ne.jp/~ohariko

パリでお会いできることを楽しみにしています。

それでは、また。

e-113oharikoさま

どうもありがとうございます。
すべてお母様が手作りをされているのですね。
心のこもった手作業の作品を実際に見れることを楽しみにしております。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hannariparis.blog39.fc2.com/tb.php/84-36cfdbe8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。