スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレイ「くるみ割り人形」オペラ・バスチーユ 

京都に顔見世があるように、欧米の年末にはくるみ割り人形がある。チャイコフスキーの三大バレイのひとつである「くるみ割り人形」はこの季節になると、毎年多くの劇場で公演が繰り返される演目である。

nutcracker_3.jpg

クリスマスイブ、クララはプレゼントにくるみ割り人形をもらう。みんなが寝静まった頃、クララは突然人形ほどの大きさになり、はつかねずみの大群に襲われるが、くるみ割り人形が指揮する兵隊人形に救われる。第2幕では凛々しい王子さまに変身したくるみ割り人形がクララを雪の国、そしてお菓子の国へと招待し、さまざまな精たちのダンスが披露されるというストーリーである。お菓子の国での音楽はディズニーの「ファンタジア」でも使われたもので、多くの人に耳覚えのあるものであろう。

nutcracker_2.jpgnutcracker_1.jpg

クリスマスはいつごろから日本に定着したのだろうか。私も物心がついたときからクリスマスが待ち遠しくて、毎年イブにはサンタさんに飲んでもらえるように暖かいミルクをリビングのテーブルにおいていたのを覚えている。日本では恋人のイベント日のようにもなってしまったクリスマスだが、やはり子供達が楽しみにしている行事にはかわりないようである。でも国をあげて他宗教の祭日をここまで熱心に祝う国民も珍しいであろう。25日が過ぎると一転して街は和風になり、お正月の準備に心を砕くところもおもしろいところである。

nutcracker_4.jpg
塩漬け繭色無地一つ紋に絞り名古屋帯

日本のクリスマスを西洋文化の真似事や商業主義だとする意見は決して間違ってはいないかもしれない。でも長くて悲しい宗教紛争の歴史を持つ国を見ていると、かたよった範囲とはいえ異教徒の習慣を吸収できる国民性を一蹴にしてしまうのもためらわれる。信仰心が特になくても、デパートの商戦に少しぐらい踊らされても、サンタクロースに心弾ませるのはそんなに悪いことではないのではないか。毎年街のイルミネーションが灯り、「くるみ割り人形」の舞曲を耳にすると思うことである。
スポンサーサイト

コメント

くるみ割り人形

あかねさん こんにちはv-254
今朝、起きましたら、あかねさんのブログが更新されていて嬉しいです。
お忙しくなさってますか?
あかねさんが仰るように、自分達の宗教観に固執するあまり、他の宗教を受け入れられなくなるより、クリスマスv-25を楽しんだ方が良いですよね。
「くるみ割り人形」私も何年か前に一度だけ見る機会に恵まれました。
クリスマスの夜のお話ですものね。
ヨーロッパでは、あちこちで上演されるのでしょうね。
寒い日が続きますが、お体に気をつけて、来年もあかねさんのブログを楽しみにしております。v-238

八百万の神

石にも木にも神が宿っていると思う文化ですし、仏と神を一緒にまつって違和感がない生活ですものね。
それなのに一つのものを強制された時に恐ろしい事態に突き進んでいったという過去もありますから、商業主義でもクリスマスは歓迎です。
クリスマス自体も冬至のお祭りにキリストの誕生日を持ってきたという話を聞いたことがあります(不確かですが)。
洋の東西を問わず、北半球で一番暗い時期を楽しむためのイベントという要素はあるのでは、とクリスマスに向けて準備をするロンドンの人たちのエネルギーを見て思いました。
帯 あれですか?

e-476小雪さま
大変ご無沙汰しております。
パリは極寒な毎日が続いております。

あっという間に師走ですね。今年末は父がパリに来るため、帰国はしないのですが、やはり京都の家族にもプレゼントを買い集め、お財布が痛い年末です。

小雪さま、どうぞ良いお年をお過ごしくださいませ。

e-476春吉さま
こんにちは!
職場の中にある幼稚園では、各国の祭日を祝っているのですが、祝日を通して違う宗教や文化を学ぶことができるのはとてもいいことですよね。根無し草になってはいけないですが、おっしゃる通りひとつのものに固守するあまり、周りが見えなくなるのは危険なことです。

帯は、ご名答!連れて行ってくださったウィンドーで一目ぼれe-266したものです。活躍してくれています。

素晴らしい色無地

あかねさん、こんにちは。
サンタさんに暖かいミルクをおいておかれたエピソード・・小さいあかねさんの可愛い姿が目にうかびました!!なんてかわいいエピソードなんでしょう(●^^●)
あかねさんのおっしゃるところ、確かに確かにですね。もう、そういう諸々の文化を自然に吸収してしまう事こそ、日本の文化の一面なんだと思ってしまったりします。
塩漬け繭の色無地・・素敵ですね~♪♪以前に象牙色に染められたと記事に書かれていたお着物でしょうか。ハイクラスの色無地って、たまらなくお洒落心がうずいてしまって困ります(笑)。それに帯がまたかわいい~!!この赤の色がたまらなく素敵ですね。絞りの赤の帯・・すごく欲しいもののひとつです。いつも素晴らしいコーディネートを見せて下さって、幸せ気分を頂いております♪♪有難うございます\(^O^)/

e-476いしのすけさま
こんにちは!どうもありがとうございます。

そうです、この色文字は去年顔見せで着た象牙色の着物なんです。覚えていてくださって嬉しいです。

以前、ゑり善さんで見た赤い絞りの帯を断念したのですが、今回日本で連れていってもらったお着物屋さんでこれを見つけてとても良心的なお値段e-290で求められたんです。

この帯、自分で持って帰ってきていたのをすっかり忘れていて、父に「絶対箪笥にあるから探して持ってきて」と要求して、このバレイの際に偶然見つけるまで気がつかなかったというエピソードがありますe-263一生懸命探してくれたお父さん、ごめんなさい。
でも本当に便利な帯で、見つけてからよく活用しています。

色無地

あかねさんらしい、ほんわりとしたお色がステキですねv-238
私もこういうお色が欲しいなあと思いつつ
なかなか出会いませんし、出会わないのをホッとしてるし(^m^)
さぁて、来年は出会いのお品があるのでしょうか~?
お互いに気を引き締めて参りましょうねv-221

e-476やっぴーさま
こんにちは!
道に人っ子一人いなくなるクリスマスe-489から一晩明けて、年末に向けてまだまだホリデームードのパリです。

私は今年巡り合ったあの品が来年まで私のことを待っていてくれれば、もう出会いの場にはあまり行かないようにしようと思っています。でももし、待っていてくれなかったら。。e-277そうですね、お互い気を引き締めて参りましょう(笑)

有難うございました!

あかねさん、こんにちは。
本年もお目にかかる機会をもてて、本当に嬉しかったです!
有難うございました(●^^●)
そちらは寒いですか?日本は大晦日なんだか寒くなりそうです。
あかねさんのブログ、来年もうーんと楽しみにしております。それに着物1枚帯1筋もっ(笑)!皆様気を引き締めて参りましょう(笑)。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。それでは、よいお年をお迎え下さい。

e-412いしのすけさま
あけましておめでとうございます!
パリは日本と比べてお正月は味気なく、そしてあっけなく今日から仕事始めです。

私こそ2年連続東京でお目にかかれて光栄でした。今年も是非、お食事会を実現できれば嬉しく思います。一年目は3人、去年は5人の集まりでしたので、次回は7人?今年もいしのすけさまにとってお幸せで、お着物のご縁がさらに広がる良い一年となりますことをお祈りしています。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hannariparis.blog39.fc2.com/tb.php/81-0cb90a59

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。