スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅染の衣に似たれば 

古典の成績は今一パッとしなかった私だが、やはり女子高生として平安時代の女流歌人には人並みの興味を持っていたように思う。興味を持っていたといっても紫式部が清少納言について書いた悪口だとか、女性の見栄や嫉妬など今も昔も変わらぬ人間臭い部分に魅力を感じていたという程度である。そんな文学度が極めて低かった女子高生を少し振り向かせてくれたのは清少納言より年下、紫式部より少し年上で、藤原道長から「浮かれ女」と評されたという才媛、和泉式部である。

kamiko2.jpg

黒髪のみだれもしらずうち伏せばまづかきやりし人ぞ恋しき
(黒髪が乱れる事も気にせずに床にうち伏せていると、この髪をかき撫でてくれたあの人が恋しくなります)

この作品のように艶っぽい秀歌が多く、恋がわかったような気になっていた17歳の私は敏感に反応したようである。人の妻の身でありながら冷泉天皇の第3皇子為尊(ためたか)親王と恋に落ち、偽尊親王没後、その同腹の弟、敦道(あつみち)親王から寵愛をうけ、宮廷に迎え入れられた和泉式部。教養高い貴公子に次のような歌を作らせた女性である。

われが名は花盗人(はなぬすびと)と立たば立てただ一枝は折りて帰らむ
(たとえ花盗人(他人の妻を奪う人)と呼ばれても、この花一枝(和泉式部)は私が折っていこう)
  
敦道親王との恋歌の応酬を綴ったのが「和泉式部日記」だが、これを題材にしたSalvatore Sciarrinoによる創作作品、「Da gelo a gelo(ダ・ジェロ・ア・ジェロ=寒から寒へ)」がオペラ・ガルニエで公開された。イタリア人作曲家のSciarrinoは十代の頃から俳句に親しんでいたというジャポンフィル(Japonphile 親日家)であるらしい。

dageloagelo1.jpgdageloagelo2.jpg

よの中に恋てふ色はなけれどもふかく身にしむ物にぞありける
(世の中に恋という色はないけれども、こんなにも深く身に染みるものなのですね)

この時、敦道親王は23歳、和泉式部は30歳少し手前であり、敦道親王が27歳という若さで他界するまで2人の関係は続いたとのこと。この当時は今に比べると短命な時代だが、時間の流れ方がゆるやかで、若くして人生を深く見つめ、思いをはせる機会も多く、物を感じ取る力も研ぎ澄まされていたのだろう。そんな時のあり方を丁寧に伝えた創作オペラである。

このオペラの際に袖を通した単衣紬に合わせた帯は着物の大先輩にいただいた紙子の帯である。絹のように虫を殺さず、女手をわずらわせずに修行僧が作った紙衣は仏の戒律にかなった衣料として1000年以上も前から使われていた、とある本に書いてあった。もともと紙は朝廷や仏僧のみの貴重品であったが、江戸時代からは大量に市場に出回り、麻などに比べて風を通さない防寒着として庶民に愛用されるようになったらしい。

和泉式部の和歌の中で私がとても愛らしいと思うのが次の恋歌である。

岩つつじ 折りもてぞ見る 背子(せこ)が着し 紅染(くれなゐぞめ)の衣に似たれば

「あの人が着ている紅染の衣の色に似ているので、つい、岩つつじを折ってきてしまいました」と謡っているのである。若い男性が着ていた意匠の色ならこの紙子の帯くらいの紅色だったのかもしれない。女子高生でなくなって久しくたった今、さらに感情移入できる歌である。
スポンサーサイト

コメント

和泉式部

あかねさま こんにちは♪

和泉式部日記を題材にした創作オペラがパリで演じられたりするのですね。
和泉式部の恋心も素敵ですが、17歳の頃から感受性が豊かでらしたあかねさまに、私は感銘を受けてしまいました。(*^_^*)

少し前のように二夫にまみえず、とか、貞操観念が強制された時代に比べて何とおおらかなことでしょう。
この時代を今から見ると早熟ですが、日常に死があり、不変ということがないということを当たり前としていた時代にあって人は他者、己を深く見つめていたのでしょうね。
パリの人たちのオペラの感想はどうでしたか?

パリも(ロンドンも)夏らしからぬ気候と聞いてます。そんな時にはこの帯の暖色がほっとしますね。
帯留が帯の色とよく合っていて素敵!

あかねさまこんにちは。
私も今、久しく目に触れていなかった『源氏物語』を読んでいます。
高校生時代は、大学受験の為の古典の勉強ということもありましたし、面白いとは思っていたものの、今読むほどに心に深く響く感じはしませんでした。
歳を重ね経験を積み、幾度かの恋をし、また、友人の親御さんが病気で他界する事もあるような年齢となった今、改めて人の業や、世の中の無常、信仰、人間の愚かさゆえの愛らしさなど、様々な事を読みつつ思いめぐらします。

帯の色、なんともいえない素敵なお色ですね。
いつもスッキリと、品のある装いをなさっていて、参考にさせていただきたいと思っています。
私はどちらかというとシックな物が好きで、暗くはならないように気を使ってはいますが、いつもお茶の先生や社中に「若いなりの色を着なさい!」などと言われつつ(若いと言っても、あくまで社中の中で若い方であるだけですが・・・)、それでもやはり自分が落ち着ける物を身につけたいので、静かなる反抗を続けています。笑
でも、あかねさんのブログを拝読して、帯揚げなどの小物にかわいらしさをプラスするのなら抵抗なくできそうだしいいな♪と思いました! 

こんにちは

こんなオペラがパリで上演されるのですね。
衣装もお話も素敵な様子で、何だか嬉しくなってしまいました。
日本のことを扱ったオペラと言えば、
蝶々婦人をすぐに思い浮かべてしまいますが、歌手や演出家の名前でポネルのビデオを見たことがありますが、
映像が・・・でした。^^;
昨今は随分と変わったのではと思いますが、いえ、もう外から日本の事を教えられる、そんな風になってきているのですね。
嬉しいけれど、もっと自身を知らないといけないですね、と感じ入った次第です。
末筆ですが、素敵な帯ですね。^^

e-486小雪さま
こんにちは!
17歳の私は感受性が強かったというか、ただ単に色気付いてきていただけなのかもしれません(笑)
でもこの創作オペラはとても綺麗で感動できるものでした。17歳の私をこんな形で思い出したことも新鮮でした!

e-486春吉さま
こんにちは!

このオペラ初日ではブーイングが起こったと聞きましたが、それに重ねるように「ブラボー!」という声も多かったと言うことです。でも初日は結構そのような激しい反応が見られることはよくあるそうです。

一緒に行ったアメリカ人の友人は和泉式部の切ない感情にとても感動していました。その時私はふと「アメリカ人でも理解できたならフランス人は感銘を受けただろう」なんて国際人失格な発想をしていました。(笑)

そうそう、パリは本当に寒い夏でした。帰国した時にあまりの温度差に体がびっくりしてしまいそうです。

e-486紀子さま
私も最近少し現在京都弁訳の源氏物語や「あさきゆめみし」を見ていたのですが、高校生の時にはスルーしていた箇所にグッときたりしていました。それで、この違いが自分の熟した部分なんだな、とか納得したりして(笑)

私もシックなものは大好きです。自分が居心地のよいものでなくては着ていても楽しくないですものね。周りより自分の感覚で選んで正解だと思いますが、たまに人のアドバイスを取り入れてみると、すんなり気に入ったりして。。面白いですよね。

e-486macskaさま
こんにちは!
去年の早い時点でもうこのオペラは予約していたのですが、まったくどのようなものか想像できなくて。「白人がバカ殿みないな化粧をして変!」(笑)という日本の方の意見も聞きましたが、私にはしばらく忘れていた和泉式部への憧れを呼び覚ましてくれたオペラでした。

私もガルニエに行きます

さすが、日本文化への理解度の高いパリならではですね。どんな歌手が出たのか興味あり、です。

ガルニエと言えば、来月後半に「カプリッチョ」を観に行くのですが、あかねさんは日本のいらっしゃるとのことでパリにはいらっしゃらない時期でしょうか?着物で日帰りの予定です。やっとガルニエでオペラが観られるのでとても楽しみです。

e-486椿姫さま
こんにちは!
今東京でこれを書いております。
パリでは発つ日にやっと暑くなっていたのですが、反対にこちらは今週に入り少し気温が下がったようです。

椿姫さま、今年に入ってパリ3回目でしょうか?私は9月の半ばには帰っておりますので、もしお時間のご都合がよろしければお茶でもいたしませんか?又是非ご連絡ください。

追伸:この帯をくださった方は〔椿色の紙子帯〕とおっしゃっていました。

紅と茜

あかねさん、おかえりなさい。

紙衣の帯ステキ。忙しそうですがお着物着ていますか?

私も古典は苦手でしたが(あの先生おぼえてる笑?)。
紅に関する万葉集の一歌を・・・『紅の花にしあらば衣手に染めつけ持ちて行くべく思ほゆ』(あなたが紅花だったら、袖に染め付けてもってゆきたい)う~ん、上代の人たちはなんとも豊かな時間を過ごされていたようで。
色に関するぐっとくる恋歌は多いね。

日本では赤色と一言では言えないくらい沢山あるけれど、あかねさんの茜色。知れば知るほどすごいよね、とても美しい色だけに本来の茜染めってむずかしいみたいよ~。ぴったりだね!?

さてさて。先日、奈良に行ってきたの。法隆寺はどことなく朝鮮系の香りもして、京都に住みながら奈良の方がとっても落ち着くのは年齢のせいなのか、DNAのせいなのか?と。
中宮寺はおすすめよ。
美味しいお店も見つけたので又行きましょうね。

では、美山荘での再会楽しみにしています。




ご無沙汰していました!

あかね様

おひさしぶり、うやです。

紙子の帯に魅かれて、投稿しております。

かなり前(1998年9月)、ANAの飛行機の中に備えてある冊子で紙帯の記事をみつけて是非見てみたいと思っておりました。金沢市二俣町の坂本秋央さんという紙衣の作り手のことが紹介されていました。

その後、草木染の本に和紙の染め方が載っていたので試してみたのですが、染めるときどろどろになって失敗でした。でも紙帯をしてみたい気持ちは冷めやらず、和紙の生成りに、自分で「時計草」のつたない絵を描いて、こんにゃく糊をその上に塗り、自分で仕立ててなんとかできました。浴衣などにしてみましたら軽くてとても調子良かったです。

その後「白洲正子のきもの」と言う本の中にも、紙衣の帯があって憧れは増す一方でした。

このように、あかねさんに写真で見せていただいてうれしいことこの上ない思いです。

わたしも、きれいな色の紙子の帯をいつか入手したいでものです。

帯の話ばかり書きましたが、泉式部の話題もよかったですね~。

e-486ねねさま

どうもありがとう!
京都に帰ってきてから少し着物を着てるの。箪笥の中から色々出してきて楽しんでいます。

中学校の遠足の時だったか、ねねが「花の色は移りにけりないたづらに我が身世にふるながめせし間に」って会話の中でさらっと言ったのにとても関心したのを覚えています。

奈良も行ってみたいなぁ。あ、もしかして上で話した「中学の遠足」って奈良だったかも?それ以降行けてないと思う。。

美山荘、楽しみです!

e-486うやさま

大変ご無沙汰しております。
お返事が遅くなり、申し訳ございません。

うやさまはご自分で草木染めをなさるのですか!ご器用な方はお着物も幅がさらに広がっていいですね。

今実家に帰ってきているのですが、ちょうど「白州正子のきもの」がありましたので開いてみました。紙子は麻などに比べ、風を通さないため防寒用として愛用されたと読みましたが、これは夏帯なのですね!綺麗な色!

京都に帰っている間にまた色々着物の勉強をしたいと思います。

昔の人は、歌に自分の思いをこめてたんですものね。
風流ですね。

あかねさんのブログを拝見してからオペラにいきたくてたまらなくって。。

来月、椿姫のオペラが来るのですが、
平日の夜 子供をのこして出かけることができず、足をはこべる様になるには、まだ時間がかかりそうです。

e-486カサブランカさま

こんにちは!パリはすっかり秋が深まったようなお天気です。

9月になり、オペラのシーズンも再開しましたが今年は仕事などの関係で1年前からチケットを予約することはあきらめたんです。でもオペラ以外でも着物で気持ちよく出かけられる機会があれば、もっと参加しようと思っています。またご報告いたしますね。

お戻りになったのですね♪

あかねさん、こんにちは。
パリにお戻りになったのですね、ご帰国の際には、貴重なお時間を頂き有難うございました!ほんとうに嬉しく楽しいひとときでした。またお忙しい日が続くと思いますが、お体に気をつけて活躍されますように!!
素敵な紙子の帯、秋にぴったりの美しいお色ですね。それに、あかねさんにすごくお似合いになるだろうな~と思います。そしてまた、見せて下さったコーディネート、パリの街並にすごくマッチするでしょうね!!なんともいえずにシックでお洒落です!

紙衣(かみこ)帯の記事を見て

あかね様

突然の書き込みお許し下さい。
私は金沢で紙衣を製作しております坂本と申します。
偶然にもこちらのブログのうや様の書き込みを見て、コメントさせていただきました。

私もフランスとはご縁が深く、昨年暮れも個展の打ち合わせで行っておりました。
紙衣を通して何かお話ができればと思っております。
ちなみに、昨年はフランスとスイスに行き、スイスではバルテュス婦人と会い、紙衣について色々お話しておりました(彼女とはニューヨークにおいて一緒に仕事をさせていただいた事がご縁です)。


私事ですが、昨年は鹿児島県において旧島津藩別邸(磯御殿)で文化庁後援の元、紙衣の灯で本殿全体を包んだプロジェクトを催しました。
今後は、海外に向けて日本文化の素晴らしさを発進していきたいと思います。その際には、作品などを見ていただけたらと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

長々と、失礼いたしました。
加賀奉書18代 坂本秋央

e-486いしのすけさま

こんにちは!パリに戻ってまいりました。こちらはもうすっかり秋です!

東京では本当にどうもお世話になりました。銀座で京料理、美味しかったですね。次回は私も着物で参加できるのを楽しみにしています。

e-486坂本さま

始めまして。
うや様からのコメントで坂本様のお名前を知り、ネットで作品やインタビューなどを拝見させていただきましたので、ご本人からコメントをいただくなんて、感激です。

次回フランスで展示会をされる際には是非、この帯を締めてお邪魔させてください。(この帯はその婦人からいただいたものなんです。)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hannariparis.blog39.fc2.com/tb.php/78-3c919678

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。