スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LDCのGNPやGNHって 

限りなく飛行機を乗り継いでこんな場所に行っていた。南太平洋にあるサモアという国である。LDC (Least Developed Countries=後発開発途上国)と呼ばれる開発途上国の中でも特に遅れているとされている国のひとつである。

samoa.jpg

国の豊かさはGNP(Gross National Product=国民総生産)やGDP(Gross Domestic Product=国内総生産)などよって測る、と学校の授業で習ったが生産量ではなく「幸福」によって生活水準を測るGNH(Gross National Happiness=国民総幸福量)という概念をブータンの国王が1972年に提案したという。

英国のあるNGOが去年試みた「地球幸福度指標」によると178カ国中、日本は95位、GDP世界1位の米国は150位であるらしい。幸運度をどのように測っているのかは不明だが、目が合うたびに見ず知らずの私にも微笑んでくれるサモア人と朝の通勤メトロに乗ったパリジャンの表情には明らかな違いがあるようだ。

パリに帰ってきて以来インターネットの調子がずっと悪くイライラしていた私は典型的なGNH低めなDC*の一国民なのかもしれない。インターネットが繋がらず、お返事が大変遅くなり申し訳ございませんでした。コネクション復活いたしました。

*DC = Developed Country = 先進国
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。
色々と検索していて、こちらのブログを知るに至り、いつも楽しみに拝読させていただいておりました。
ずーっと記事が更新されないので、勝手に「いかがお過ごしなのかしら。お忙しいのかな」なんて思っておりました。^^
私は昨年の夏、ブータンを訪れましたが、今まで訪れた国(遺跡がある国、宗教色濃い国などが好きで色々訪れて来ました)とは明らかに違っているという印象を受けました。国民一人一人の信仰心が、そしてトップにあの国王様と宗教者が君臨することが、国全体の雰囲気そのものになるのだ・・・と感じた旅で、非常に感慨深いものがありました。人々が穏やかでした。
ブータン人が信じて疑わない輪廻転生があるとすれば、ブータンには涅槃に一番近い人達が生まれて来るのではないかと思えるほどでした。
むろん、国家が一つの宗教で統一されている裏には、迫害されている人たちがいるのも事実で、旅行しただけではわからないブータンの複雑さも、帰国していろいろと本を読んだりして知りました。
にしても、今の日本は殺伐としていて、何か信仰や宗教の事などは口にしてはいけない、触れてはいけない事のようになっていますね。
サモアの方達は美しい自然こそ大いなるものなのでしょうか。

今後も、色々とご教授ください。
楽しみにしております。

嬉しいです

お忙しいんだろうなぁ~と思っておりましたが、ちょっと心配もしておりましたのでこうしてブログ記事を拝読できること、嬉しく存じます。

LDCの中には内戦などによって荒廃してしまっている国もある一方、他方でインフラが充実していなくても穏やかに自然と共生しているところもあり、さまざまですね。

この海が本来の海であるとするなら日本の海は何なんでしょうね。
GNHとその国の自然のあり方は相関関係にあることが多いかもしれません。

記事更新 楽しみにしてます!

こんにちは。
素敵な場所ですね。
こんな海でしたら1日中ながめたいですね。
サモアという国、さっそく地球儀で調べてみます。

たぶん日本からは、あまりいく方がいらっしゃらないのでは!?
あちらこちら行かれてて、とてもらやましいです。

e-305紀子さま
はじめまして!コメントどうもありがとうございます。インターネットのせいもあったのですが、引越し、仕事などで更新できないままあっという間に数ヶ月経ってしまいました。楽しみにしていただけているなんて、とても嬉しいです。^^

ブータンの王様がGNHというタームを使ったのはまだ10代だったそうですが、紀子さんがおっしゃるブータンのその雰囲気が、国家の頭と言えど、まだ若い青年からこんな概念を自然に発信させたとすると、すごいことだなぁ、と思いました。

今後もどうぞよろしくお願いいたします。

e-305春吉さま
大変ご無沙汰しております。

本当におっしゃる通りサモアはLDCでも、サハラ以南アフリカなどの環境とは比べ物にならない程素晴らしい自然に恵まれているようです。水は青く透き通っていて、花があたり一面に咲き、小雨の後は大きな虹が山にかかり、楽園に一番近い景色を見たような気がしました。

ミネラルウォーターは気軽に買えても、海にペットボトルが浮いているような場所はやはり悲しいですよね。

e-305カサブランカさま
ご無沙汰しております。
南太平洋諸国はやっぱりまだ馴染みが薄いですよね。私も出張が決まってから地球儀で場所を確認しました(笑)

でも日本と南太平洋の関係は深く、日系人の方なども多くいらっしゃる場所もあるようです。パリからは片道36時間かかるのですが、日本からはもうちょっと近いですよね。ちゃんと南太平洋と日本の歴史などを知りたいと思いました。

お久しぶり

久しぶりにブログ復活ですね。
またドキドキできるような記事が
読めるかと思うと楽しみです。

e-305ニシオさん
ご無沙汰しています。
コメントどうもありがとうございました。
実は最近すっかり着物離れしてしまっていてタイトルに偽りあり、なのですが、近いうちに更新したいと思います。
又是非遊びにいらしてください。

どちらの国がいいかしら?

きっと忙しく世界中を飛び回ってらっしゃるんだろうと思ってましたが、サモアにまでいらしたなんて。

国による幸せ度という点では、あかねさんも私もきっといつもフランス或いはイギリスと日本とどちらがいいだろうって具体的に考えてますよね。

e-305椿姫さま
こんにちは!
パリはこの週末やっと夏が到来したと思いきや、又すぐに肌寒いお天気に舞い戻りしてしまいました。ロンドンはいかがですか?

日本と長年住み慣れた国。良くどっちが好き?なんて軽く訪ねられますが一言ではなかなか答えられませんよね。

サモア!

あかねさま こんにちは
長い間、更新がないので、あちこちにご出張かしら?
と思っておりましたが、サモアにいらしてたのですね。
青い海・青い空!
心が洗われる気がします。
バカンスの季節ですが、これからまた、どちらかにお出掛けになるのかしら?
あかねさまの世界各国からの記事を、心から楽しみにしている私です。

おぉ~ サモアとは・・・

あかねさま お忙しくていらっしゃるのだわ・・・ と
更新されてどんなお話伺えるのかと
楽しみ&嬉しいです♪

楽園に一番近いところ・・・
素晴らしい自然と暮す人々の笑顔と優しさ
お出かけリストに加えたい所がまたひとつ増えました。

でも・・・ちと遠いですね~
ニュージーランド経由かハワイ経由で何時間掛かるのでしょうか
サモアを知る&調べるきっかけを頂きました。
ありがとう~♪

はじめまして、あかね様。

着物のことを考えておりましたら、
このようなすばらしい、あかねさんの
ブログに出会うことが出来ました。
嬉しいです。

私は子供の時から、三味線を習っておりましたので、着物とはとても近い生活をしておりましたが、アメリカで暮らすようになり縁遠くなってしまいました。
ここ最近、なぜか無性に着物が恋しくなります。
何枚か持っては来てはおりますが、どうも着る勇気がでません。
あかねさんのパリでの着姿を拝見させていただき、勝手に楽しませていただいております。

お着物のことのみならず、とても知的な
内容、文面の記事にも興味深く拝読させていただきました。

今後の更新を楽しみに、またお邪魔させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

e-305小雪さま
ご無沙汰しております!
パリは非常に寒い夏です。今週はヒーターをつける程だったんですよ。
今週は姉が来ていましたので少しノルマンディーに行っていたのですが、明日からは又仕事です。後残されたヴァカンスは日本での温泉となりそうです。

e-305幸子さま
大変ご無沙汰しております。

南太平洋は本当にどの国からも遠いばかりでなく、南太平洋諸国間のフライトコネクションも大変悪く、例えばパラオからサモアに行くのに日本経由で飛んだりするらしいんです!

短い滞在でしたが、もっとこの地域のことを知りたくて本を探したりしたのですが書籍もとても少なくて。。日本とは関係の深い南太平洋。もっと身近に感じられるようになれればいいな、と思いました。

e-305kimさま
はじめまして!コメントどうもありがとうございます。

さっそくkimさまのブログにお邪魔いたしました。絽のお着物、とても素敵です。私は今年は袖を通し損ねそうなんです。

是非又遊びにいらしてください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hannariparis.blog39.fc2.com/tb.php/77-dfc7fa1a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。