スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AFRICAN WOMEN 

この数ヶ月、フランス国民の政治意識が一気に上がった大統領選挙。「フランス初女性大統領誕生ならず」のニュースを出張先の西アフリカで知った。

gambia7.jpggambia2.jpg

アフリカでは現在も5人のうち2人は読み書きができず、その内の3分の2を女性が占めるという。それにもかかわらず多くのアフリカ諸国では欧米よりも女性議員の数が多いという一見矛盾した事実は、女性の教育が当たり前ではない国に生まれながら、高等教育を受けた女性の意識の高さを表しているのだろう。

途上国でいつも私が見惚れてしまうのが女性達である。何世紀にもわたり、その土地の気候、肌の色や生活様式に一番合うよう工夫されてきた衣服を今も当たり前に身にまとっている彼女達の姿は凛々しく、独特の美しさがあり、日本が失ったものの大きさを痛感する。

gambia3.jpggambia8.jpg

「着だおれの地」と言われる西アフリカにあるセネガルとガンビアでは女性達は色彩鮮やかなプリント柄に身を包んでいた。両国とも大多数がイスラム教徒だが、体を覆い隠すチャドルを着用した女性はほんの数人目にしただけである。ほとんどの女性が艶のある黒い肩や胸元を原色のドレスから覗かせていた。西アフリカ・ワックス・プリントと呼ばれる布はロウケツ染めによる両面染めで、インドネシアのジャワ更紗の技術がルーツであるらしい。デザインは少しキッチュで遊び心があるものが多く、数ある布屋さんを飽きずに見て回った。

gambia9.jpggambia11.jpg

色的にも模様的にも日本の意匠の感覚からは少々かけ離れたものである。でもどうしても帯にする布を持ち帰りたい。結局、目にしたものの中でおそらく一番地味であった紫と浅黄色をあしらった布を気に入って購入した。6メートルで175ダラシス(800円)也。

右上は和傘にしか見えないデザインに心を打たれ衝動買いしたものである。今は着こなせる自身はないが、白髪のおばあちゃんになってからこんな帯をしたら可愛いかもしれない。私がおばあちゃんになる頃にはアフリカの女性の識字率が改善されていることを願ってやまない。そして私がおばあちゃんになっても西アフリカの女性には凛々しくワックス・プリントを纏っていて欲しいと強く思う。
スポンサーサイト

コメント

凛として・・・

あかねさま マーケットには布や興味をそそるような小物がたくさん♪
 
とてもお洒落な染め・・・
蛇の目傘にしか見えませんね~v-392
紫と浅黄色の布 モダンな帯になりそうですね。

私も今回感じたことは 辛く貧しい暮らしとしても
頭を上げ前を見つめ 頭に荷物を載せ 何時間も歩く・・・
ひたすら歩く・・・ 凛として瞳が輝いています。
そして その明るさに力強さ 感じました

広い目

 あかねさんは、世界を訪れる機会をお持ちのようですね。こうして広い目で世の中を見て、改めて日本を想い、慈しむ気持ちが養われるのかもしれません。(着物文化を慈しむ気持ちと一緒に…笑。)
 
 選んだ布、帯になるのが楽しみですね!v-266
 帯も素敵、アフリカの女性達も素敵、そしてあかねさんのような日本女性も凛としていて素敵ですよ!

素敵ぃぃ!!!

めっちゃ興奮してしまいました!
なんてステキな色、柄なのでしょう!
あかねさま、たくさんの布の中から、よくこのような素敵な布を選ばはりましたね!素晴らしいです!!
帯締めもぴったりで、アフリカの布と日本の帯締めがこんなにも相性がよいのかと驚きました。
 
私もホテルルワンダを見たとき、実はアフリカの女性の美しさにまず圧倒されていました。
肌の色と鮮やかなドレスが本当に美しかったです。
そういえば、モッタイナイで有名な方も鮮やかで美しいドレスを纏っておられたことも思い出しました。

同感です

子どもの教育では男子が優先されるのはどうしてなんでしょうね
そんな中で教育を受けた女性は自らの使命を自覚しているように思えます。
自分たちの文化を自然に大切にする姿とともにそうした姿はパワフルで素敵ですね。

初めてアフリカに行った時、生き生きとしているアフリカの人達に感動を覚えました。
それまで米国や欧州で見たアフリカ系の人達は防御しているような緊張した顔をしていたような気がしたので。
私の思い過ごしでしょうか?

アフリカの布!!

あかねさん、こんにちは。
きゃ~またまたお洒落心を激しくこちょこちょされてしまう、なんて素敵な布遊びなんでしょう!楽しすぎます♪♪ぴぐさんのおっしゃっておられる通り、帯締との相性にはっとする驚きでした。

アフリカ女性の凛々しく堂々としたお洒落っぷり、私も大好きです!東南アジアやインドや・・のしなやかなお洒落っぷりも素敵ですよね。

日本では、それらの国々に比べてとても大きなものを失ってしまったと思いますが、それでもまだ着物が残ってるのは、とっても有り難い事だなあと思いました。衣服という意味では、実は欧米諸国が最も民族衣装を失ってしまっているのかな・・、なんて最近思ったりしています。

素晴らしい文化を持っていますね
アフリカの人々
自己を主張ですね
素敵なことです、
日本人はそれがまだ弱いですね

初めて訪問させて頂きました。

今後も、宜しくお願いいたします。

もっと日本の文化を大事にしないといけませんね。とりあえずは着物推進運動でしょうか。アフリカに限らずその文化の布はとても趣があって美しいですよね。

i-265幸子さま
こんにちは!
今回は偶然同じ時期に同じ大陸に滞在していたのですよね!

観光客にひつこくつきまとう人が結構多く、疲れましたがやはり地元のマーケットはいつまで見ていても飽きません。

こちらの女性の表情の豊かさもとても印象に残りました。

i-265舞夢さま
ありがとうございます。

他の国に旅行することができる人は世界中で2パーセントだと聞いたことがあります。(アメリカ人の70パーセントがパスポートを持たないというのも大きいかもしれないですが。。)
違う場所を尋ねて、色んなものを見れる機会のある私達は恵まれていますよね。その分学んだことを自分なりに身につけていければと思います。

i-265ぴぐさま
こんにちは!
布屋さんで沢山のデザインに目を奪われながらも、帯には無理だろなぁ、、と思っていたのですが、単色使いのものなども結構ありもっと探せばポップで面白い帯が出来そうです。

でも本当にデザインが斬新で可愛いんですよ。魚i-276とか野菜などの模様をプリントした原色の生地を年配の方が普通に着ていらして、それも皆さんとても似合ってるんです。おばさま素敵!と私はハートの目i-178で追いまくりでした。

i-265春吉さま
こんにちは!

やはり経済的な問題で子供全員に教育を受けさせるのが困難な時はお嫁に行く女の子よりも家を継ぐ男の子を優先させる、というのがまだ主流の場所が多いようですね。何キロも歩いて学校に行かなければならないところにおうちがある場合は女の子だと危険という理由で両親が登校させないということもあるようです。

このような私達には想像もつかない環境に生まれ育った女性達が、金銭的にも物質的にも恵まれた先進国の都会人達よりも生き生きと輝いた笑顔を持っているのは本当に考えさせられます。

i-265いしのすけさま
こんにちはっ!
本当に自分の文化に沿った意匠を着た女性達は美しいですよね。

世界中の民族衣装と比べても日本の着物ほど洗練されたものはないと私は思うのですが、それと同時に着物を洗練されたものにした日本人の几帳面さや完璧主義、潔癖主義が着物を日常のもの以上に祭り上げて、結局日本人の着物離れを招いてしまったように感じます。

西洋の場合は地域によって独特なものはあるようですが、それらの衣装が進化した形が今私達が来ている洋服なのでしょうね。でも先進国で特有の民族衣装が今でも残っているのは韓国と日本くらいではないかと思うのですが、どうでしょうか。

i-265ryuji_s1さま
はじめまして、コメントありがとうございます。

他国の真似ではない独自の文化は本当に素晴らしいですね。

こちらこそどうぞよろしくお願いします。

i-265toroさま
はじめまして、コメントありがとうございます。

多くの途上国では誇りや習慣以外にも選択がなく民族衣装を着ている人も多いのが事実かと思いますが、おっしゃるとおり日本人はもっと外に目を向けながらも自国の文化の水準の高さに気づいて欲しいですね。

あかね様、こんにちは。
色んな国を見て 養われる知識や感動。
その中で、あかね様は どんどん成長されているんだな。。っと、強く感じました。

今まで、呉服屋さんで選ぶものと思い込んでいた帯が、あかね様のブログを拝見するようになってから、自分が好きなものを形にしていく方法があるということに、気づかされました。

銘仙の様な斬新な柄。帯にして、コーデイネイトしたら、どんなに素敵でしょう♪
大正ロマン風な感じでしょうか?
粋な感じでしょうか?

楽しみですね。

着物離れ

はじめまして。アフリカに今興味をもっておりまして、偶然ここへたどりつきました。今後よろしくお願いします!

>それと同時に着物を洗練されたものにした日本人の几帳面さや完璧主義、潔癖主義が着物を日常のもの以上に祭り上げて、結局日本人の着物離れを招いてしまったように感じます。

これには少々異論があります。敗戦によって欧米人から日本文化的なものは全て抹殺されてしまい、日本人みずからいつしか欧米文化は素晴らしい!という風潮になっていったことが原因ではないでしょうか?
(戦後教育にも問題があります)
結局は日本人が自分の首を絞めていることに気づいていないのですよ。
悲しいことに・・・
日常以上のもの(フォーマル着物?)=着物離れ、と単純に論ずるのはいかがなものかと。

i-265カサブランカさま
こんにちはっ!
どうもありがとうございます。

お値段的に手が届かなかったり、呉服屋さんに行ける機会がなかなかないのも事実ですが、異国のものと和のものをいかにさりげなく調和させるか、という課題に少し凝ってきたようです。e-420

銘仙はほんとうに楽しい色のポップなものが多いですよね!

i-265しのぶさま
はじめまして、コメントどうもありがとうございます。

しのぶさんのおっしゃる通り、戦後の西洋化が着物離れの一番の原因だと私も思います。

でも「日本人の潔癖主義が招いた着物離れ」なる私なりの論理(おおげさですね^^)があるんです。少し長くなるかもしれませんので週末にはもう一度コメントとして書きますね。
もしよろしければ読んでください。

こちらこそよろしくお願いします。

すてきプリント

あかねさま、こんばんは☆
あいかわらずグローバルでいらっしゃる~(^-^)
いいですねえ、このプリント♪
どちらもステキです。

着物離れについては、
一つにまとめなくてもいいように思いますけどね。
人それぞれ感じ方・受け取り方が違いますし
単純に論ずるものではない由おっしゃってるし(^m^)
私みたいな面倒臭がりが増えて来た所為も
あると思いますよ~。
後始末って面倒くさいものねえ(笑)。

あかね様 こんにちは。

やっぴーさんの、おっしゃる様に面倒くさいと感じる方も多いでしょうね。
私も、その1人です(笑)

しのぶ様がおっしゃる欧米文化が進んだこともあるかもしれないですね。
でも、それが、進めば進むほど、今度は和の文化を見直す方が増えればいいなあ、と思います。
私も、若い頃は とにかく海外、海外でした。だからこそ、今 和の歴史って素敵と、気づきました。

あかね様の、おっしゃる様に 日常着物が少なくなってきましたよね。
昔の人は、木綿やウールを お家でお手入れしてたんですよね?
でも、たぶん お若い方は 着物イコール、フオーマルと思われてる方も多いと思います。
だからこそ、あかね様の様に こんな素敵なブログで情報発信されるのが、とても貴重と思うんです!

ご無沙汰していました

しばらく白馬に行っておりました。お久しぶりです。
フランス大統領戦はこちらでもおおいに関心を集めておりましたが、私個人としては残念な結果になってしまいました。どこの国でも、アメリカ型の一見豊かな暮らしを求めるのでしょうか?フランスでさえ・・・。
それはさておき、アフリカに出張とはさすがですね。
そうして、お忙しいなかでちょっとした暇を見つけて、大いに楽しむ・・・あなたが日本の女性であることに誇りを感じます。これからも大いに活躍してくださいね。

皆様、
大変ご無沙汰をしております。
コメントどうもありがとうございました。
出張が重なった上、うちのインターネットの調子がおかしく、お返事が遅くなったことをお詫び申しあげます。


i-265しのぶさま
しのぶさまには私の着物離れ論理を披露するなどと書いておきながら、思わず忙しくなってしまい、大変失礼いたしております。今日もオフィスのコンピューターでバタバタと書いている状態ですので、近々着物離れ討議を再開できるのを楽しみにしております。

i-265やっぴーさま
ご無沙汰しております。
あはは、私もかなりのめんどくさがり屋なんです。
前もって綺麗に半襟をつけて、お手入れはゆっくりと丁寧に、、と優雅にやってみたいものですが、時間がない上にめんどくさい!ビバ・ワンタッチ半襟です。
それでも無理やり着てしまう。。現代女性はこれでもいいですよね。

でもやっぴーさまは和裁もしっかりなさっていて決してめんどくさがり屋とは思えないですよ!

i-265カサブランカさま
こんにちは!
お返事が遅くなりすみません。
カサブランカさまもですか!「めんどくさいけど着たい」というのは着物好き現代女性のジレンマのようですね。

そうですよね、欧米化が進むと共に根無し草にならないようにしたいですよね。私自身は日本にずっと住んでいたらもしかしたら着物には興味を持つこともなかったかもしれませんので何がいいのかわかりませんね。

i-265キアラさま
大変ご無沙汰しております。
嬉しいお言葉どうもありがとうございます。
白馬に行ってらしたのですね!
私も大統領選の結果は残念でしたが、5年前の大統領選を考えると大きな前進なのかもしれません。
国民の選挙への関心がここまで高まったのもフランスの近代歴史上でも珍しかったらしく本当に「パリ燃ゆ」という感じでした。

ご無沙汰しております。

akaneさん、こんにちは。

大変ご無沙汰しております。その後、お変わりございませんか。

ブログを突然休止してしまった折には、優しいお言葉をいただき、本当にありがとうございました。ブログから伺えるお人柄以上に、魅力的な方なんだと感激し、とても嬉しかったですし、心に響きました。

本当に今更ですが、アフリカにご出張されていたのですね。とても貴重なご経験とインスピレーションを得られたご様子が記事から伺え、写真にも引き込まれました。

私もこちらで出会った様々な国籍の方々から、日本では考えても見なかったような価値観や環境の違いを学び、日本人としてのアイデンティティを再び見つめなおしたり、自分の視野の狭さを痛感したりします。

苦手だった歴史を「知らない」だけでは済まされないと感じて、もう一度勉強しようと本を買ってきたりして(^-^;)

生地、とてもキレイです。akaneさんならきっとステキに着こなされることと思いますよ!

すいません、うっかり書き忘れてしまいましたが、先日よりブログを再開致しました。

新しいアドレスの方にリンクを貼らせて頂きましたので、ご報告まで。

i-265sayagataさま
お久しぶりです!
しばらく留守にしていてお返事が遅くなりました。

私も歴史の本買いましたよ!もう少しまじめに学校で勉強しておけばよかったと後悔しつつ。。私一人ではないと思うとホットします(笑)

ブログを再開されたとのこと、嬉しく思います。リンクをこちらの方に変えておきます。またお邪魔いたしますね。

インドの染織品

あかねさん、こんにちは。一番下の2枚の色に惹きつけられます。緑、えんじ、黄色の組み合わせは色彩感覚のよさを物語ってますね。

昨年、大竹伸郎という現代アーティストの大回顧展をみたのですが、そこにアフリカ女性の肖像画がありました。すごくインパクトのある絵でその美しさに魅了されました。

昨日訪問した日本民藝館では、この秋、日本の女性収集家が長年インドの村々をめぐって集めた染織品400点を展示する特別展があります。目のさめるような色彩に出会えるのではないかと期待してます。

i-265いづつやさま
すっかりご無沙汰しております。
うちのいんたーネットの調子が悪く、ブログも更新できないまま7月になってしまいました。パリは肌寒い夏の始まりです。

沢山の色を用いているアフリカの民族衣装を見て昔の着物のようだと思いました。今は洋服感覚の色合わせが多いですが昔は多くの色や模様を重ね、それでも全体として調和が取れている和装姿が多かったようですね。

いづつやさまは京都の四条にある「何必館(かひつかん)」という現代美術館をご存知でしょうか?先日お会いした作家の方に教えていただいて夏帰国する際に足を運ぶつもりなのですが、ふといづつやさまならご存知かな、と思ったものですからお尋ねさせていただきました。

何必館

あかねさん、こんばんは。パリは昔から夏は肌寒いのですか?ロンドンと似ている?

何必館は15,6年前、一度行ったことがあります。最初、どう読むのか苦労しました。日本画の巨匠、村上華岳の作品と、陶芸家北大路魯山人のやきものをたくさん見た記憶があります。

ここにある村上華岳の有名な絵(晩年の山水図)をみるのが目的だったので、とてもいい気分でした。ちなみに、村上華岳は“裸婦図”という近代日本画を代表する名画を描いたすごい画家です。

これは山種美術館の開館40周年記念展に展示されましたので、拙ブログ(5月)でも取り上げました。ご参考にしてください。

i-265いづつやさま
パリは本当にひどいお天気が続いています。

さすが、いづつやさま、ご存知なのですね。何必館はあまり展示内容を変えないと聞きましたが村上華岳画伯の“裸婦図”は今年の夏もまだあるでしょうか。。楽しみに行ってきたいと思います。

裸婦図

村上華岳の“裸婦図”を所蔵しているのは東京の山種美術館ですから、何必館には展示されません。

何必館には代表作のひとつになっている仏画“太子樹下禅那之図”のほか、墨絵の山水画、朝顔、牡丹、魚などの花鳥画、そして書があります。ここの華岳コレクションは日本一ですのでお楽しみください。

i-265いづつやさま
うちのインターネットがずっと繋がらずお返事も出来ずに大変失礼いたしました。何必館コレクションの貴重な情報ありがとうございます。後一ヶ月後には日本におります。帰国の楽しみが一つ増えました。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hannariparis.blog39.fc2.com/tb.php/76-7299fc9c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。