スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花冷のパリにさくら咲く 

春分を目前にパリでは週末に霰(あられ)が降り、今朝は牡丹雪が散らついた。寒の戻りにも負けず、職場の庭園で頑張って開花しているのは日本からの寄贈品の染井吉野と八重紅枝垂(やえべにしだれ)である。堂々とした幹に白に限りなく近い淡紅色の花をつける染井吉野にも惹かれるが、あふれ出る花を重たそうに持ち、たおやかな曲線を作る枝垂桜(しだれざくら)が私はとても好きである。

sakura1.jpgsakura3.jpg

「枝は伸びると重力によって下に垂れそうになるが、ふつうの植物にはそれに打ち勝つだけの力があり上(太陽)に向かって伸び続ける。しかし枝垂桜にはその力がなく、人間が支え木などをして育てていかないと大きくならない」と、ある花のサイトにあった。頼れるものには頼る、というこの枝垂桜の末っ子根性がなかなか私の共感を誘う。

そんなことを考えていた矢先に枝垂桜意匠の塩瀬帯をネットで見つけた。新潟県五泉市産の生地は薄いクリーム色に染められている。優しい色とあどけない雰囲気の枝垂桜がとても気に入ったが、絶対に必要なものではない上に締めれる時期に限りがありすぎてオーダーをためらっていた。

272658up1.jpg272658up3.jpg

散々悩んだあげく、来月にせまった私の誕生日に両親からプレゼントしてもらうという案に無理矢理たどり着いた。来春こそは桜の帯を締め、日本の季節をまとえると思うと今から楽しみである。今だにこうやって親を頼るところが支え木を必要とする枝垂桜っぽい、などと自評してみたところで誰も感心してくれないであろうし、枝垂桜も迷惑かもしれない。

photos: kimonoichiba.com
スポンサーサイト

コメント

さくらさくら

今年は日本の桜の開花が早いとか、、、。v-252
私は桜を見ないと春になった気がしません。
素敵な帯、ご両親からのプレゼントになるなんて尚素敵ですね!

ロンドンでも雪が

ロンドンでも今日は雪が舞いましたよ。でも、先月パリに行ったときにわかったのですが、やっぱりパリの方がロンドンより先にお花が咲くのですね。こちらはまだ八重桜は全然です。

こんな素敵な帯がネットに出てたのですね? 時々ネットはチェックしてらっしゃるのですか?私もしたいのですが時間がなくて諦めてます。

お誕生日と言えば、あかねさんと私の誕生日は近い日にちだったんですよね。ということを去年発見してからもう一年も経つなんて。

優しくたおやかな・・・

・・・枝垂桜の帯ですね~♪
帯の地色と一つ一つのさくらの風情ある表情が
あかねさまの愛らしさとイメージが重なり
ふぁ~♪と浮かんでまいりました。

いつまでも頼られると嬉しい親心・・・ あかねさまの年頃に
ある時 ふと気がつくとそれが逆転・・・私の年代
v-410

素敵ですね

毎日拝見しているのに、遅れをとってしまいました。「女心と秋の空」をトップにしていたからです。どじ~。しかし1番でも2番でもどうということないのに、フフフ、自分で笑ってしまいます。
今回のコメントで、あかねさんはお仕事に就いていらっしゃることがわかりました。「職場の庭園」と書かれていらっしゃるからです。
素敵ですね。パリで自立していらっしゃるなんて。
帯の一本や二本、お父様、お母様は喜んでプレゼントしてくださいますよ。
それにしても、ネットでいいもの売っているんですねえ。私は、ついついお店の人と仲よくなりたくて、同じ店で買ってしまいます。いつまでも甘えん坊なのかも・・・。(^_^;)

妙案

 親からの誕生日プレゼントにたどり着くところが、とても娘さんらしくていいアイデアです…なんて、私も末っ子ですが同じ手は使えません。(私も来月誕生日です)
 私の着物熱に恐れを抱いた母親が「今年は着物購入禁止令」を発令したのです。とはいっても東京でひとり暮らしの私はこそっと買っているのですけどね…。
 やっぱり着物も桜もいいですよね!

早く拝見したいです

枝垂れ桜の帯 どんなきものに合わせられるのでしょうか? 
全体にふんわり優しい感じになるんじゃないかなぁ、
お正月に購入された帯揚げをされたらどうかしら?とか、いろいろ想像して楽しませて頂きました!

e-235渚のアドリーヌさま
こんにちは!
ミラノの桜前線i-267はいかがでしょうか。
親からのプレゼントといっても一方的ですが、一年に一度なのでいいですよね。^^

e-235ロンドンの椿姫さま
そうですか、ロンドンはまだ咲いていないのですね。パリは先週から開花しはじめました。でも最近は毎日5度ほどの寒さでせっかく咲いた桜i-267も可愛そうです。

雑誌をめくっているような感じで楽しいのでこのネットショップは結構ちょくちょく冷かしで見ています。でもたまにこうして見つけてしまって後悔するんですよね、出会わなければよかった、って。笑)

そうですよね、たしかお誕生日が一週間も離れていなかったはず!嬉しい偶然です。

e-235幸子さま
幸子さまの桜色i-267の大島、拝見いたしました。斜め縞でピンクがグラデーションになっているんですね。私もいつかあんな素敵な大島を着てみたいです。

今の季節はどうしても桜色i-267に目がいきます。それともやっぱり女性にとっては永遠の色なのかもしれません。

e-235キアラさま
こんにちは!
やはり実際に手にとって見れるお店で良い信頼関係を気づかれていらっしゃるなら一番いいですよね。私の場合は日本にいない間についつい気軽なネットショップをチェックしてしまいますが、やはり実際に目で見て手で触れてお買い物が出来ればいいなぁ、と思います。

呉服屋さんとのお付き合いも会話もお着物の醍醐味なのでしょうね。キアラさまはそれも含めたお買い物を楽しまれているようで学びたいことが沢山あります。e-420

e-235舞夢さま
「着物購入禁止令」ですか!辛いですねぇ。去年はそんなに買い物されたのでしょうか?でもお誕生日くらいは解禁されるかもしれませんよ。
ダメもとでおねだりをされては?(悪魔の声e-277

私も安物買いの銭失い的な購入の仕方をしていたときはチクッとやられていました。今考えると親が正しかったな、と。笑)

e-235春吉さま
こんにちは!
今考えている着物は色違いの色無地紬2枚(少し落ち着いた薄いピンクi-267と薄い鼠色)です。でも無地だと無難すぎるかもしれませんね。きねやさんで購入したような総絞りの帯締めは紬にはやはりおかしいでしょうか?

明るめのピンクi-267で少し刺繍の入った付け下げの反物もあるので来春までに仕立ててもらいたいと思います。象牙色の色無地だと薄すぎてぼけた感じになるでしょうか。。。
でも比較的合わせ易そうな帯ですので締めれる時期に色々試してみるのが楽しみです。

こんにちは~
色無地紬 お色を拝見してないので想像だけですが、薄いピンクがお肌の色ともあって可愛いだろうなぁ~と。
帯揚げは「女心。。。」の左のものでしょうか。
薄い鼠色なら左から二枚目もいいかと思いますが、地味になっちゃう。。。
象牙色の付下げ 刺繍入り、 とても上品な取り合わせですね。
帯揚げをきね屋さんのにしたら、帯締めをグレーがかった桜色の濃いめの帯締めにしたらどうかしら。。。???
そして、バッグにきかせ色を持ってくる???
と想像だけで楽しませて頂きました!

枝垂桜

私も大好きです♪
御所の近衛邸あとの桜が特に‥。
咲き始めも満開も、そして散り始めも本当に美しい‥!
あかねさんは四月生まれなのですね。
四月生まれの方はシッカリしているイメージです。あかねさんは私から見てとてもしっかりとご自分を持っていらっしゃる感じですヨ♪
桜柄の帯、締める時期は限られているけれど、結構この時期、お出かけも多く、締める機会がとても多いように思います。
季節を纏う、着物の醍醐味ですよね!
そうそう、桜柄は宇野千代さんを見て、年中大丈夫なのかな~なんておもっておりましたが、着物師匠たちのブログを拝見して、やっぱり春よねぇ♪と勉強いたしました。
ご両親からのプレゼント、一生の宝物ですね!

桜の帯

あかねさん、こんにちは。
ぽっと咲く可愛らしい桜の花、とっても可愛らしく、あかねさんのおっしゃる「あどけない」という描写にナルホド~!です。お誕生日のプレゼント、いいアイディアです(笑)。それにご両親からのプレゼントというのはまた一層大切なものになりますものねv-351

i-267春吉さま
こんにちは!
アドバイス、どうもありがとうございます。

鼠色の色無地紬は「クリスマスの義理チョコ」の着物なんです。写真ではだいぶん明るく写ってしまっているんですけれど、落ち着いた薄い鼠色です。
帯揚げは「女心。。。」の右から2番目を考えていたのですが、総絞りなので、紬にはどうかなって思っていたんです。

「グレーがかった桜色の濃いめの帯締」なんていいですね!「バッグに利かせ色」とは考えませんでした。
実際に色々コーディネートしたくってウズウズしてしまいます。

i-267ぴぐさま
こんにちは!
京都の枝垂桜と言えば丸山公園も有名ですよね。御所の近衛邸あとの桜は残念ながら見たことないかもしれません。

4月生まれはしっかりタイプのはずなのですか?おっかしいですねぇ。。。i-6

宇野千代さんは桜が好きで一年中着てらしたんですよね。国花はいつ着てもいい、と読んだこともありますが、私も開花を少し先取りした着方がやはり、いいなぁと思います。来年の桜便りが楽しみです。

i-267小雪さま
はじめまして!
コメントどうもありがとうございます。
やっぱりお花の中でも桜は日本人の心の中では特別な位置をしめているのでしょうね。
又是非遊びにいらしてください。

i-267いしのすけさま
こんにちは!
どうもありがとうございます。
あまり業々しくなく控えめな桜の絵がとても気にいりました。
実は去年の誕生日にも(同じ手で)両親にお仕立て上がりの着物を買ってもらったんです。
うししe-277
このまま両親の中で恒例化されないかなぁと、どこまでも甘い私です。

桜の帯

あぁ、柔らかなお色目でステキですねえv-238
私も季節物の桜の帯を持っているのですが
黒地の刺繍。最近、黒地がキツくなってきました(^-^;
(合わせる着物を柔らかい色目にすればいいのですが)
あかねさまの着姿、たのしみにしております。
親はいつまでたっても親、甘えていいんじゃないですか?

素敵な帯ですね。
5日に、お花見に行くのに お着物で行こうか迷ってました。(知らない方も大勢くるので)
でも、あかねさんの帯を拝見して やっぱり お着物にします!

ああ、そんな帯を持ってたら 季節感があって いいですよね。
欲しいな。

e-235やっぴーさま
こんにちは!
やっぴーさまのところで黒い桜の帯、拝見いたしました。刺繍なのですね。綺麗な色の着物に黒い帯。素敵です。
やっぴーさまくらいに頻繁に着物を着ていらしたら、桜の柄のように季節の限られた物でも箪笥の肥やしになる心配はありませんね。

e-235カサブランカさま
お花見ですか!いいですねぇ。
パリもサマータイムになり、日差しが暖かくなってきて、本格的に春になってきました。
桜の帯でお花見なんて、みなさん喜ばれるでしょうね。どうぞ楽しんでいらしてください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hannariparis.blog39.fc2.com/tb.php/73-6bfa7bc2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。