スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女心と秋の空 

私のあまり女性らしくない部分として、可愛いらしい小物やアクセサリーをほとんど身に着けない、というのがある。話し方のせいか「ぶりっ子っ」などと言われたこともあったが、自分自身は少女の頃からあまりにも甘すぎる趣味のものは敬遠していた記憶がある。

obiage2bis.jpg

着物に興味を持ち始めたのはここ数年だが、特に着物では渋めに惹かれる傾向が強かった。今まで何回「もうちょっと可愛らしい色のんにしときよし」と言われただろう。それにもかかわらず好みは決まっているつもりでいたが、最近自分の心変わりに気づきつつある。

上は年末年始に京都で選んだ和装小物達である。右からぴぐさんの赤蝶々帯揚げに魅了され、真似して購入したゑり萬さんの飛び絞り、一目惚れしたきねやさんのバラ匹田絞り、先日の白結城と合わせた紬の帯揚げ、そして伊勢丹さんのセールで見つけたものである。 こうして並べると明らかに最近は可愛らしい色ばかりに目がいっているのがわかる。一年前に購入した下の帯揚げ達と比べると好みの変化が一目瞭然である。

blog_obiage.jpg

男性の趣味で例えると竹中直人からブラッド・ピットに好みのタイプが変わった感じか。
我ながら心変わりもはなはだしい次第である。
スポンサーサイト

コメント

甘め好みです

あかねさん、渋いものもお好きだったのですね。
お会いした時の印象がとても女性的だったこともあり、
淡くかわいらしいものばかりだと思っていましたら、
ここ最近のことだったのですね。
なんでも、最近の若い女性は「粋」が好みだとか…?
私は幼少の頃から大柄で、顔の造作も凛々しい(?)方なので
逆に、ほんのり甘い雰囲気のものを好んで身につけていました。
渋いものにも惹かれますが、はまりすぎて老け込んでしまうような気がします。
好みのものがお似合いになるというのは素敵なことですね。

ほぉ!

一年前のあかねさんは渋いお好みでいらしたのですね!
実は私も着物に興味を持ちはじめた当初は絶対に渋いものが好き!と思っておりました。
でも着物に親しんでいくにつれ、可愛い色やキレイな色に惹かれていくようになったのですー。
洋服とは感覚が違うのよ、と言う母の言葉が少しづつ分かるような気がしてきました。
特に小物は明るい色がいいですね。
あかねさんはお肌がとても美しいし、明るい色が本当に映えます!

下の写真に少し映っているお箱‥小物をしまわれているものでしょうか。
とても素敵ですね♪

*Sumikiさま
こんにちは!
そうですね、今はどうしても洋服感覚から入ってしまうので、渋いものの方が入りやすいのでしょうね。
私もどうしても最初着物を着始めた時は着物自体が特別で華やかなものというイメージがあったので色は特に押さえ気味でした。

今でも昔の人のように色と色、柄と柄を素敵に重ねるようなことは到底出来ませんが、もう少し大目に綺麗な淡い色などを取り入れて、洋服ではない組み合わせをするのも楽しくなってきました。
渋めとはんなり、両方楽しめれば一番いいですよね。
Sumikiさんも両方お似合いになりそうです。

*ぴぐさま
こんにちは!
ぴぐさまもそうですか!さくら子さんも同じことを言っていましたよねぇ。
着物は着る者の色彩感覚を変える力があるのかもしれませんね。

渋い色は今でも好きなのですが、最近は今まではあまり目のいかなかった綺麗な色にも好みの幅が広がった感じです。一年半程前の写真を見ますと、着物から小物まで全身おばあちゃんコーデが結構あるんですよね。今はぴぐさんがおっしゃるように着物は渋くても小物で全体を明るくして、 全身おばあちゃんはなくなったと思います。
ぴぐさんのお着物姿は素敵なお手本です。

この漆の箱は、叔母のお嫁入り道具の一つで、一月毎に一枚、合計12枚の風呂敷が入っていた箱なんです。私がもらったときは数枚足りなかったのですが(笑)大切にしています。

はいっ!わたしもです(笑)

あかねさん、こんにちは。

あかねさんや皆様のお話を伺って、きゃ~わたしも同じ現象!と楽しくなりました。これは皆が通る道なのでしょうね(笑)。

小物を可愛らしく、もすごく楽しいですよね。あかねさんのお持ちの帯揚コレクションを拝見して、とてもウキウキした気分になりました。本当に、すごくお似合いになるものを選ばれてるな~と勉強になりますv-351

ゑり萬さんの帯揚、実は私も先日頂いてしまったんです~(●^^●)主人の実家が西なので、帰省の合間をぬって強行軍してきましたv-351京都はショッピング危険地帯だと実感いたしました!!

*いしのすけさま
こんばんは、
そうなんですか!じゃあみんな同じですね!
綺麗な色の和装小物は本当に可愛いですよね。去年買ったモスグリーンやブルーグレーの帯揚げを見ながらこれはしばらく出番がないだろなぁと思っています。

ゑり萬さんはとても一人でしたら入れないですが、ぴぐさんとakeさんに連れていっていただいたので、無事帯揚げ購入となりました。
いしのすけさんは京都にいらした時にきねやさんには行かれましたか?
私はよくきねやさんのHPで可愛い帯揚げ、帯〆を眺めています。
http://www.kyoto-kineya.co.jp/

年齢には関係なく・・・

綺麗なお色 可愛い小物 大好きで~す♪
母からのお着物・・・ やはり地味目になりますので
小物で自分らしさ&活き活き・・・
TPOで使い分けています。

あかねさまのお色合わせ 雰囲気にピッタリと
おめもじしておりませんが 思っております。

あかねさま ぴぐさま いしのすけさま 
その年代で楽しめる着こなしいろいろチャレンジ
楽しみに拝見させていただきま~す♪

わたくしも小ぶりの塗りの葛篭・・・
お洒落~♪と 気になりました

きねやさん♪

きゃ~あかねさん、なんてタイムリーなのでしょう!!実はあかねさんの教えて下さったこちらのページ、先週だったかしら、会員登録の上さっそく注文した帯締帯揚セットが、ついさきほど届いたんですよ~v-351
すっごく可愛いのがたくさんあって夢がふくらむ一方です。

それにしても、あかねさんの渋いほうのセットも、とってもかっこうよくて素敵v-351ラブリーなものとあわせたりも、楽しそうですね~♪♪またあかねさんの着物お洒落を楽しみにしてますねv-351

*幸子さま
こんばんは!
お母様のお着物の数々を綺麗な色の和装小物でご自分に合わせてお召しになっておられるのですね。
洋服よりも色の組み合わせの幅が広く、小物の小さな色で全体の雰囲気を変えることのできる着物を着るようになって、前よりも色に敏感になったような気がしています。

以前、桐箪笥の中の帯揚げを公開されていて、沢山の幅広いお色をお持ちで関心いたしました。
私もはやく幸子さんのような品のあるコレクションを持ちたいと夢みています。

*いしのすけさま
そうなんですか!
ちょっとした色使いやデザインが可愛いんですよね。
どの組み合わせをお求めになられたのでしょう。。

私は桜と松の刺繍の入った帯揚げと、くす玉色房帯締めが今欲しくって何回も見に行っています。それで麻の葉絞り帯揚げもいいなぁって本当にきりがないですよね。

はじめまして

はじめまして。
最近、着物がとても気になっており、着物のコミュニティを彷徨っておりましたらとても素敵なあかねさんのブログにたどり着きました。

パリで本当に素敵に着物を着ておられ、ドキドキしてしまいました。私もいつか、あかねさんのように素敵に着物を着こなせるようになりたいなーと感じました。また、おじゃまさせていただきます☆

ピンクのあかねさんのファンです

あかねさんのように美人ですらっとした方はどんな色でもお似合いなのですが、やっぱりピンクがあかねさんらしくて私は一番好きです。
これからもたくさんピンクお召しになって下さいね。

綺麗な色を着られるのは、若いうちに着物に目覚められたご褒美ですもんね。羨ましい限りです。
私は逆に年齢相応にシックに装うことが課題なのですが、これがなかなか難しいです。

*Saori* さま
はじめまして!
どうもありがとうございます。
Saori* さんのhpも拝見させていただきました。パリでネットショップをされているのですね。Saori* さんはパリにいらしてからお着物にご興味をもたれたのでしょうか。

ご自分で始められた和裁の事も記載されていて、とても関心いたしました。私はパリでお仕立てをできる方を探しているんです。もし何かご存知でしたら教えていただけましたらとても嬉しいです。

また是非遊びにいらしてください。

*椿姫さま
こんにちは!
どうもありがとうございます。

淡いピンクやクリーム色、サーモンピンクなど今一番好きな色です。先日の京都でまとめてお仕立てに出したものの中にもピンクの紬と付け下げがあるんです。似合う色と言っていただけるのは嬉しいです。i-267

椿姫さんはオペラハウスでの華やか色がとてもお似合い。どうぞ地味になどなさらないでください!

春色ですね

お正月を過ぎると柔らかくて暖かい色目のものに目がいくようになりますよね。
あの時ご購入された帯揚げ すご~く素敵! 絞ってあるので量感もあり、凹凸があって華やかになりますよね。
どんなおきものにされるのでしょう。楽しみにしております!

*春吉さま
こんにちは!
パリも毎日すこしずつ春の香りがするようになっています。

そうですね、季節柄も大きいのかもしれません。秋になると渋めの色がしっくりきますし、今は明るい色がぴったしですものね。

最近着物を着れておらず、きねやさんの帯揚げの出番はまだないのですが、次に柔らか物にするときには絶対、と思っています。春吉さんの卵色干支帯揚げも可愛かった!活用されていますでしょうか?

はんなり

白結城にピンクの帯という素敵なコーディネートがあかねさんにぴったりだったからかしら、ゑり萬さんの飛び絞り、きねやさんのバラ匹田絞りなど、あかねさんらしいじゃないって思ったけれど、これまでのお着物の写真を見直してみたら案外シックですよね。
急にブラッド・ピットに変心したのはどうしてなの?あかねさんも京都のひとっていうことかなと思っています。だって、京都のひとはやっぱりはんなりが最高なんじゃないですか?
井上八千代さんは、水色のお着物に白の帯、赤の帯締めで踊っていらっしゃるときがありますもの。
私は神戸暮らしだけど、生まれは東京で、洋服はヨウジヤマモトかコムデギャルソン。だからかしら、着物も黒が多いの。
でも、着物の効かせ色は黒というわけにはいかないから、私にしては黒以外も身につけてちょっと嬉しい気分。私も他の色が楽しみたかったのかもね。
とにかくシックな色は若くても歳をとっても着られるけれど、ピンクや赤は若ければこそ。
森田空美流の洋服的な色合わせの着物に負けないで、はんなりをどんどん楽しんでみてくださいね。

*キアラさま
こんにちは!
着物初心者に多いようですが、最初は特にお着物ベテランの方達から「地味だ、地味だ」と言われていたんですよ。最初は着物を着るだけで特別な事なので、色までは冒険できず、洋服感覚の色使いが多かったんだと思います。

それがちょっとずつ人の着物を気を付けて見るようになってくると、洋服でも見慣れたモノトーンだけの組み合わせは少し寂しく、つまらなく見えてきて。派手なのは趣味ではありませんが、着物ならではの綺麗な色の組み合わせにとても惹かれるようになりました。着慣れた方の渋好みにもやはり憧れますが、今は明るい色を楽しみたいと思っているんです。e-420

Il y a un debut a tout!

あかねさん、はじめまして。
このサイトを拝見して、イタリアで着物デビューを決意しました。
つい、先日の土曜日ミラノの日本料理屋さんへ、、、。何とか自分一人で着てお出かけするまでドキドキ!今までは、自分で着ると言っても祖母や叔母の手を借りていたので。残念ながら、髪を結うまでの時間は残っていませんでしたが、おかっぱなのでよしとしました、、、。

大学では染色と織りを勉強していたせいか、インターネットで着物や帯を見ていると作る過程の事までに思いを巡らせあっという間に時が経ってしまうのが悩みです。
いつか、あかねさんのように小物類を並べてうっとりする日を夢見ています。

来週の火曜はマダムバタフライをスカラ座でお着物で見て参ります!

*渚のアドリーヌさま
はじめまして!
ミラノにお住まいなのですね。羨ましいi-178
私は何回か行っているのにも関わらず、「最後の晩餐」をまだみたことがなく、スカラ座にも行ったことがありません。
このサイトを見てミラノでお着物でお出かけになったとのこと、とても嬉しいです。
ご報告してくださりありがとうございます。

染色と織りはイタリアでお学びになったのですか?
蝶々夫人でスカラ座着物デビューだなんてぴったりですね。
又、オペラのお話も含め、色々教えてください。

リンクさせていただきました

はじめまして。
蝶々夫人のことを調べているうちにこちらにたどり着きました。
とても素敵なブログですね!
あかねさんの着姿も素敵でため息が出ます。。。
すっかりファンになりまして、ずうずうしくもリンクさせていただきました。
(もしも、ご迷惑ならおっしゃってくださいね)
よろしくお願いします。

*venus_whiteさま
はじめまして!
「はんなり日記」拝見させていただきました。リンクしていただいてどうもありがとうございます。

venus_whiteさんのお着物姿は本当にはんなりですね。私も実はこっそりこのブログのURLにはhannariという言葉を使っているのですが、今までの私の着物はどちらかというと渋系なんです。venus_whiteさんの方が私より京都の女性のようです。私はこれから可愛い色を増やしていきたいと思っています。

又是非遊びにいらしてください。

すてきですね

はじめまして。
Googleで「パリ 着物」と検索したところ、貴女様のブログが一番最初に出てきたので、拝見させていただきました。
パリでの着物生活の様子を伺うことができるなんて、うれしいです。
これからも、楽しみにしています。

5月にパリに行けることになり、どこかいいレストランに行きたいと思っています。
まだ予約していないですが、もし行けるなら、その際きものを着ていこうか迷っています。
あかねさんは、レストランだったらどんなお着物を着ていかれますか?

*みゆきさま、
はじめまして!
一年で一番いい時期にパリにおいでになるのですね。
高級レストランでも19世紀の雰囲気がたっぷり残っている場所や大変モダンな場所までいろいろあるので、レストランのスタイルに合わせたお着物姿で行かれたら素敵ですよね。

私は柔らか物も紬も両方好きですが、落ち着いた色の紬ならビストロなどのカジュアルな場所にも着ていったりしています。私は食べながら良くシミを付けるので、あまり薄い色は怖くて着れていません。笑)

参考にさせていただきます

あかねさん、ありがとうございます。
ビストロは紬で大丈夫そうですね。高級レストランでは小紋ぐらいが無難でしょうか。

*みゆきさま
こんにちはっ。
外国では着物の格を理解されている方はまずいらっしゃらないので、あまり硬くお考えにならなくても大丈夫だと思います。
お好きなお着物e-412で美味しい料理を楽しめるといいですね。e-12

なるほど

ご親切に教えていただきまして、どうもありがとうございました!
お店の雰囲気も考えながら、自分の好きな着物で行けたらいいな、と思います。

お久しぶり

お忙しいのでしょうか、3月のブログが・・・。はんなりお着物をお召しになったあかねさんを拝見したいのですが・・・。
あ、気にしないでね。次はどんなお着物で登場されるか、つい楽しみになっちゃって、ごめんなさい。(m_m)
お仕事、あるいはお勉強がお忙しいのでしょうね。
パリはまだまだ寒いでしょうからお風邪を召されませんように!

*キアラさま
こんにちは!
ご丁寧にありがとうございます。
最近少しバタバタとしており、すっかり更新をサボってしまいました。
今週中にはアップ出来ればと思っております。
のんびりブログですが、気長にお付き合いいただけましたら幸いです。

日差しはパリももう春ですが、まだまだ空気は冷たいですね。キアラさまも季節の変わり目どうぞご自愛くださいませ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hannariparis.blog39.fc2.com/tb.php/71-a816bba0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。