スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BONJOUR BOMBAY 

india1bis.jpgindia6.jpg
小さい時の宝物に1937から67年にかけて制作されたディズニー映画のレコード版コレクションがあった。白雪姫やバンビの絵本を見ながら何回もレードを聴き、まるで映画を観ている様に童話の世界に浸っていたのを覚えている。その中にウォルト・ディズニー氏自信が生前最後に手がけた「ジャングル・ブック」が入っていた。

india2.jpgindia3.jpg

「ジャングル・ブック」の原作はイギリス人作家、キップリング(Joseph Rudyard Kipling、1865-1936)によるものである。キップリングはイギリス帝国時代のインドのムンバイ(ボンベイ)で生まれ、イギリスで教育を受けた後、16歳で新聞記者としてインドに戻っている。41歳でイギリス人として初めてノーベル文学賞を受賞しているが、これは現在でも文学賞の最年少受賞記録であるという。

インドの密林を舞台にしたこの童話が人間性と人生の教訓溢れる児童文学の傑作であることには間違いないであろう。しかしキップリングは東洋と西洋の文化には埋められない断絶があるという意味の「East is East, West is West(東は東、西は西)」という言葉を遺し、さらに「The White Man's Burden(白人の責務)」と題された自身の詩集に見られる「憂うべき東洋人を優れた西洋人が文明化する使命」といった植民地主義に基づく思想の持ち主であったことも残念ながら否定できないようだ。

india4.jpgindia5.jpg

私はインドが大好きである。先月、5年ぶりに訪れた南インドでは埃とお香の交じったような独特の匂いにワクワクし、色華やかな景色から目が離せなかった。インドの地図をヨーロッパのそれに重ねるとノルウェーからシチリア島、スペインからロシアまでを覆いつくす。300以上の言語を話し、毎年オーストラリアと同じ人口を増やすというこの国の多様性と活気を通り越したカオスに魅力を感じてしょうがないのである。

どうしてこんなにインドに惹かれるのだろうと考えたとき、ふと、私にとってのインドはディズニーランドなのではないかと思いついた。色とりどりのサリーを着た女性、あどけなく後をついて来る子供達、飾られた姿で道を闊歩する象やラクダ。私にとってこれらに見惚れるのは子供の頃、エレクトロニックパレードを目を輝かせて見ていたのと似ているのではないか。そして心温まる童話の陰にあるキップリングの帝国主義思想が見えなかったように、今も残るインドの身分制度や植民地時代の傷は見ていないのではないだろうか。

india8.jpg

今回のインド旅行で購入したサリーを帯にするべく、京都でお仕立てに出した。シタールやインド古典舞踏の公演に締めていける日が待ち遠しいが、私はインドの華麗なサリーの陰に存在するものに対しては、少し目を逸らしているのかもしれない。カースト制度も植民地文化も日本が他人事だと言い切れるものではない。私の中のインドをディズニーランドで終わらせてはいけないのだろう。
スポンサーサイト

コメント

サリーを帯に!
すてきな発想ですね。
仕立て上がったら是非拝見したいものです。

うちの周りはインド

イギリスにはインド人が多数住んでいますが、我が家周辺はロンドンでもインド人の多い地域で、娘の学校など、8割以上がインド人でした。
サリーとかご入用でしたら、遊びに来て下さいね(笑)。
サリーのお店も何軒かあるので、私もサリーの帯を考えてみようかしら?

はじめまして。はじめて、ブログ拝見しました。すっかり、お気に入りのブログに、なってしまいました。サリーの、帯 素敵ですね。インドの様に、日本も もっともっと、民族衣装を普段に、おめしになる方が、増えると
いいですね。
  • [2007/01/29 03:10]
  • URL |
  • カサブランカ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

おかえりなさい。
これが先日話をしていたサリーね。
とってもいい色ですね。
インドって、とっても発色の良い綺麗な色がいいですね。
確かに表から見る限り、カラフルで楽しい国に思えますね。

*NEPOJAさま
こんにちは!
あけましておめでとう!
この前お仕立ての方と、どの柄をだすようにしたいかお話してんけど思いどうりに出来上がるか、少し心配で、とても楽しみです。
今年もどうぞよろしくね。

*椿姫さま
こんにちは!
8割以上ってすごいですね。パリにもインド街があるのですが、ロンドンと比べると小規模なものです。ポンティシェリーなどタミールナドゥール州の人が多いようです。そうですよね、インドタウンでもサリー、手に入りますよね。今度見に行ってきます。

*カサブランカさま
はじめまして!
コメントどうもありがとうございます。嬉しいです。
カサブランカさまもお着物、お召しになられるのでしょうか。
私はまだ着物初心者で失敗ばかりです。
又、是非遊びにいらしてください。

*さくら子さま
そうそう、この前話してたサリーです。ビビッドな色が多いインドで、最近気になってしょうがないこういう淡い色に出会えてとてもラッキーでした。

見えにくいもの

ディズニー氏自身が白人至上主義者だったというようなことを聞いたことがあります。
インドの中にも大きな矛盾がありますし、英国のような先進国に移民した人達には祖国から出てきた経緯、住み着いたところでの軋轢など注意しないと見えないものがいっぱいありますね。
見えないもの、見えにくいものに関心をもつことが平和への一歩 というのは大げさで肩に力が入りすぎてるかしら?

きゃーっ!

素敵なサリーですねーーっ!!
あかねさまによくお似合いになりそうな色合いで、着姿を想像してしまいました。
こういう色合い、大好きです♪
出来上がりがとても楽しみですネ♪

インドといえば、今ちょうどNHKスペシャルでインドの衝撃という番組をやっていて、それを見て何だか私も衝撃を受けました。
世界をリードする優秀な科学者たちはこれからはインドから、なのですね。
でもその反面、就学率の低さにまた驚き、インドの深刻な問題について考えさせられました。
しかし、あんなに必死で勉強するインドの子供たちを見て、もう日本の子供たちでは見られなくなった光景だなぁ‥と、ちょっと日本の未来が心配になってしまいました。

あかねさん、こんにちは。インドがお好きなのですか!1983年に行きました。随分昔のことですが、タジマハールの壮麗な美しさがいまも目に焼きついてます。

今は隣の方と同じく、アジャンタ遺跡に興味がありますから、また出かけるかもしれません。あかねさんはここを訪問されましたか?

あかね様

うやです。

サリーを拝見して、淡い色目のおすきなあかねさんにぴったり!とおもっていましたら、やはり探しておられたのですね。

鶴見和子さんの「きもの自在」のなかにサリーでつくったきもやら帯やらが写真入で紹介されており私もいつかと思っております。

ところであかねさんのおっしゃる

「見えないもの、見えにくいものに関心をもつことが平和への一歩 というのは大げさで肩に力が入りすぎてるかしら?」


とても、意味深長なお言葉ですよね。

世界平和とまでいかなくても、ものの見方として、絵画などでも「この絵は
空気を描いている」などと言っているのを聞いた事がありますが、(坂本繁二郎の絵など)

深澤直人著「デザインの輪郭」(TOTO出版)[そのものの周り(外側を見る)]という章で「そのものを成している外側を見るようになってきている。」とあります。

見えないものを見る「まなざし」というのは、私たちの生き方に深く関わっているものだと思います。

ごめんなさい!

あかね様 春吉様

いつも失敗のうやですみません。

先のご発言主、お名前を間違えておりました。

返す返すすみません。

*春吉さま
こんばんは!
ディズニー氏もそのように言われていますよね。でもあの時代にそうでない白人の方が少なかったのかも知れないですよね。ディズニー氏個人というよりは時代なのかもしれません。キップリングの時代と環境は又さらにそうなのでしょう。

春吉さまのおっしゃることはユネスコ憲章の前文に通じます。「戦争は人の心の中で起こるものだから 人の心の中に 平和の砦を築かなければならない」ですものね。

*ぴぐさま
こんばんは!ありがとうございます。

このようなサリーは総柄ではなく部分に寄って色が違うのでどのように柄を出すかでまったく出来上がりが変わりますよね。お仕立ての方は「ここらへんはこっち向きで手先に、ここをこんな感じでお太鼓に来るように。。」と私の下手な説明を一生懸命聞いてくださいました。笑)

本当にインド人の進出は目覚しいですね。
アメリカのお医者さんの38%
アメリカの科学者の12%
NASAの職員の36%
MICROSOFT職員の34%
IBM職員の28%
。。はインド人だそうです!!

*いづつやさま
こんばんは!
そうなんですよ。住んだことのない国で「好きな国」といえばインドなんです。

アジャンタ・エローラは5年前に行ったのですが、なんせ貧乏バックパッカーで一日10ドルで過ごそうとしていましたので、アジャンタ・エローラそれぞれの入場料が10ドルだったのは痛かったですね。(笑)アジャンタは壁画の保存状態が酷いものが多く、あのままではなくなってしまうんではないかと心配しました。

*うやさま
こんばんは!
そうなんです。金の刺繍が入ったシルクサリーってどうしても赤!!青!!という原色系が多いようですが、最近は淡い色ばかりに目が行くのでこのサリーは一目ぼれでした。

本当に春吉さんのお言葉は考えさせられますね。
深澤直人さんはそんな事を言っておられるのですか。深澤さんデザインの物がうちにも何点かありますが、ちょっと見方が変わりそうです。

インド事情

こんばんは、あかねさん。
ちょっと出遅れ気味のコメントです。

先日、私は一日しか見られなかったのですが、三日連続でTVでインドの経済事情のことなどを放映していました。

どんどん大きな影響力をもつ国になっていくのですね。人口も多いし、貧富の差もすごいようですね。

あかねさんも、現地でいろいろ感じられたこともあったのかもしれませんが、とにかく美し伝統や技術などは守り続けてほしいですよね。
帯ができあがったら、是非写真をお願いしますね。

(ところで下から二番目の右の写真、お皿に入っている色とりどりのものは、何ですか?染料?それとも香辛料?)

*舞夢さま
こんばんは!
色とりどりのお皿に入っているものですが、よくぞ聞いていただきました。

私たちの旅行中はちょうどヒンズー教のMargazhiと呼ばれる月で、その間は玄関先に色のついた米の粉末などを使ってKolamという模様を描く伝統があるようなんです。街中で色々な模様が描かれていて、とても綺麗でした。それぞれの家の女性が描くというこのデザインは平和と繁栄を象徴し、お金の神様を呼び寄せる効果があると信じられているらしいです。
そこで、おそらくこの色の付いた細かいものはKolamを描くためにMargazhiの月の間、特別に売られているんだと思います。まぁ、「おそらく」なんですけどね。
このKolam、本物のお花で描かれているものなどもあって、インドらしい色にぎやかな伝統でした。

こんにちは。
あかねさんが、初心者なんて信じられません!着姿といい、着物のセンスといい最高ですよ。全部、ご自分で仕立てられたお着物ですか?私も、幼稚園の子が2人いますが、最近 普段にできるだけ着物を着るようにしています。まだまだ、あかねさんの様にサラッと着こなすことは、できませんが
日本の伝統や文化のいいとこが、次の
世代に受け継がれたらと、思っています。あかねさんは、今 海外にいらっしゃるんですか?私の夢も、海外で着物を着ることなんです。
  • [2007/02/22 02:02]
  • URL |
  • カサブランカ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

*カサブランカさま
こんにちは!
お褒めいただいて嬉しいです。
ありがとうございます。
反物から仕立てたものはまだほんのわずかで、おさがりや古着などが多いんです。

小さなお子様がお二人もいらしてお着物で普段過ごされてるなんてすごいです。お子様が自然に着物の事を学べて素晴らしいですね。

日本を離れて長い間経ち、最近遅らばせながら日本文化の良さに気づいた次第です。
海外でももっと着物を着る日本の方が増えればいいな、と思います。

こんにちは。
海外でも、着物を着る方が増えればいいですね。日本でも、普段 でかける
時に 今日は、なんで着物?なんて、言われたりすると、目立つかなー、なんて考えることもあります。
でも、年配の見知らぬ方が しゃべりかけてくださったり、いいことも沢山。
あかねさんの様に、ブログで素敵なお
着物を着てらっしゃるのを拝見できるのは、自分にとっても励みになります。
4月に、主人の実家の地域がカリフオルニアからホームステイの受け入れをするんです。今から、その方達にお着物を着せてあげようとワクワクしてます。
  • [2007/02/23 01:32]
  • URL |
  • カサブランカ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

*カサブランカさま
こんにちは。
私もたまに着物を着ていって浮かない場所かどうか出かける前に悩んだりします。それで結局やめてしまったことも。自分が着たいのならいつでも堂々と着れる様になれればいいんですけど。

アメリカ人の子供達、お着物が着れればとてもいい思い出になりますね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hannariparis.blog39.fc2.com/tb.php/68-22e0dfa0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。