スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南座で「塩漬け」色無地一つ紋 

親友との恒例行事となりつつある南座顔見世に2006年もめでたく一緒に足を運ぶことが出来た。彼女には普段から着物について教わってばかりだが、この日二人共が着た「塩漬け繭」の着物を紹介してくれたのも他でもない彼女である。



日本史の教科書に載っていた製糸工場で働く女工さんの写真をとても鮮明に覚えている。生糸は明治時代の主要な輸出品であったと習った。中学生の時は厳しい労働生活を強いられた貧しい女工さんの話に胸を痛めたが、養蚕・製糸業が産業化されたことによって日本の高質な織物技術が失われていったことは知らなかった。

kaomise.jpgkaomise5bisbis.jpg
(上)「象牙色に、」とお願いした色無地に同色でグラデーションをつけた刺繍一つ紋。

均質な絹の大量生産が求められるようになるにつれ、絹の本性を損なわない、素材の多様性を生かしたそれまでの織物作りが消えていったという。その失われた養蚕・製糸の技法を長年研究され、優れた布作りを追求されている志村明という方がいる。長野県にある工房、「勝山織物飯島きぬの里」では志村氏が指揮を取り、工業化以前の技法を用いた養蚕、製糸、織りを一貫して絹織物を生産されており、この着物の糸もここで生まれたものである。

kaomise3bis.jpgkaomise4bis.jpg
(上)友人はロイヤルブルーの色無地に染抜き一つ紋。帯は二人とも洛風林。

志村氏の繭の保存法についての研究は特に斬新なものであり、近代の絹織物の常識を覆したという。明治以前は「生操り」と呼ばれる生繭から糸を紡ぐという方法が採られていたが、工業化に伴い繭を長く保存させるため、乾燥させることが一般的になった。実はこの過程が絹糸の質を著しく悪くさせるらしい。志村氏は絹糸本来の美しさを失わない方法として繭の「塩漬け法」を中国の古書から見出され、塩を使って殺蛹(さつよう)することにより、絹糸の光沢やしなやかさをさらに引き出せることを明らかにされた。

naganokobo.jpg

一人で着付けが出来るようになった一昨年の夏、この工房を訪問させていただける機会に恵まれた。この山里深い場所で生活し、織物作りに専念していらっしゃる数人の女性達は同年代で、絹についての豊かな知識と作り手としてのプライドを持ち合わせていらした。近代化の名の元に葬られた芸術品の小さな破片を一つずつ探して組み合わせるような仕事である。本当に良い物を正しく理解しようという着る手の気持ちは、この崇高な努力の小さな手助けになれるのではないだろうか。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。

あかねさま、こんにちは♪お久しぶりです!
少しづつブログのお友達の所にコメントさせていただこうという気持ちにもなれてきております。
どうぞよろしくお願いいたします。
あかねさまのお召し物の色合い、本当にはんなりと美しく色白のあかねさまにそれはそれはよくお似合いになるだろうなぁ‥とウットリ眺めております!
何とも品の良い象牙色!!帯のピンクもとても素敵!
私もひとつ牛首紬の反物を何色に染めようか‥と思案しているものがありまして、ベージュにしようかと思っておりましたが、このような色のグラデーションも素敵だなぁと思いました。
あかねさまのブログはいつも勉強になります。
興味深い塩漬け繭のお話、心に留めておきます。
勉強になるなぁ~♪

あけましておめでとうございます

あかねさん、

しばらく日記がない…と思っていら、帰国されていたのですね。
お着物、とても上品で素敵ですよ!
私が着るのは普段着っぽいものが多いので、あかねさんの正統派の着こなしはためいきがでるほど、憧れちゃう!
(お世辞じゃないよ。笑)

今年もよろしくお願いいたします。

*ぴぐさま
こんにちは!パリに戻ってまいりました。まだ時差ボケがひどくこんな時間(朝3時)に目はぱっちりです。

反物から色を選んでお仕立てをしていただいたのは去年作ったこの着物が初めてなんです。京都で反物を見せてもらい、パリで日本の色辞典とにらみないながら色を決めました。離れているので時間がかかってしまいましたがとても満足な出来で私自身の着物の基本となりそうです。

ゑり善さんでとても渋好みの物を見ていらっしゃいましたが淡いお色もお似合いになるでしょうね。次回お会いできるときのお姿が楽しみです。

*舞夢さま
あけましておめでとうございます。
年末年始は日本に帰り、少し旅をしておりました。
舞夢さんは最近お着物着ていらっしゃいますか?私は今年のお正月、風邪でダウンで寝巻きで過ごすことになりましたが今年も出来るだけ袖を通したいと思います。私もこっちで気軽に出掛ける時は紬が多くなってきましたが、柔らか物もやはり捨てがたいですね。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

先日は有り難うございました

 やっとお会いすることが出来て、光栄でした。
 象牙色の色無地、なんてノーブルで素敵なのでしょう!
洛風林の淡い色目の帯とのコーディネートもうっとりです。
 お友達の色無地も綺麗なお色ですね。

 塩漬けのこと、初めて知りました。
却って傷みそうなのに、そうじゃないのですね。

上品な色目の組み合わせ

お風邪はもうよくなられましたか。
あかねさんによくお似合いになる色目。 清楚で上品。
残念ながら画像では志村氏の工夫のつややかな絹の感じがつかめないのですが、とろりとした絹なのでしょうか。
また機会がありましたら、拝見させて下さいね。

お勉強~♪

あかねさま・・・ お風邪で寝正月だったとのこと 体調は戻られましたか?
私も鼻風邪で体調いまいち お着物纏わぬ3が日でした。

年明けからお勉強させていただきました。
塩漬け法で絹本来の持ち味が生かされるとは・・・
とても不思議な気が致します。
機会がありましたら 象牙色のお召し物お召しのあかね様におめもじしたいものと思いました。

いつもながらの凛とした着姿・・・ とても素敵ですねv-410

*楓さま
こんばんは!先日はこちらこそどうもありがとうございました。
この色は実際に思っていたよりも本当にいい感じに染めていただいてとても感謝しているんです。 
次回は着物姿でお会いできますように。

*春吉さま
工房でこの「塩漬け法」の絹糸と一般に作られている精練された絹糸を一緒に見せていただいたのですが、艶が大分違う印象でした。質感はしなやかだけどもとろっとまではしていない感じです。

私はまだ目が肥えていないので隣同士にして比べてみて初めて違いがわかるという程度の初心者ですが色々いい物を見て勉強したいですね。

*幸子さま
幸子さまは鼻にきましたか?私は喉をやられて咳が大変でしたが大分良くなりました。

塩漬け法では違う塩を使ってさまざまな良質の糸を作ることができるそうなのですが、今は中国でも継承されていないそうです。

今年は幸子さまにもお会いできると嬉しいです。

あけまして。

おめでとうございます。
京都滞在が短すぎてやっぱり会えなかった。。。というか連絡もできなくて。。

さすがピンク色はよくお似合いですな。毎回後姿が楽しみになってきました。。笑

本当に良い物を正しく理解しようという着る手の気持ち…

いい気持ちですね。

あけまして

おめでとうございます。
楚々としてステキな着姿、ほれぼれします。
日本国内の養蚕はホントに少なくなりましたよね。
以前(私の子供時代でも)は近所でも
お蚕さんを飼ってたのですが…。
上質な国産の絹がどんどん作られるといいのですが。

顔見世には私も参りました。「研辰の討たれ」のときとは違って、父母を恋い慕う勘三郎忠信がとても愛らしかったですね。あかねさんは象牙色の無地に淡い洛風林の帯、素敵です。洛風林の帯でこんなに上品なのもあるんですね。私は勘三郎さんの奥様がデザインされたとかいう黒地に隈取りなどの柄の着物に、黒と金の市松に宝づくしの帯をしていきました。ドレス感覚というか、着物と同じ色の帯を締めるのって、柔らかものではけっこうマイブームなんです。あかねさんの帯あわせも、そんな感じがします。ただし、私は織りの着物では帯の色をかえますが・・・。

海老蔵さんの母上

松竹座の初春歌舞伎にも行ってきました。海老蔵さんの富樫、浅葱の衣装がとてもお似合いで素敵でした。ほんとうのところ、襲名披露ではいつもがっかりさせられていたので、今回、素敵でほっとしました。お父上の弁慶は、あったかいお人柄がそのまま出ていて、最高でした。でも、いちばんびっくりしたのは、海老蔵さんの母上にお会いしたことかしら。素晴らしいお召し物でした。茶色の地に雲とりの華やかな柄の訪問着、帯はとことん金でした!お許しいただいて、お写真を撮らせていただきました!こいつあ、春から縁起がいいわい!  

*げんくん、
あけましておめでとう。
前回は会えなくって残念でした。仕事忙しいんやね。私は年明け早々風邪でダウンし、珍しくずっと寝てました。
今週末から5日間だけ京都に仕事で帰ります。その間、週末に一回だけ着物着れそう。うちは今回ずっと京都です。ずっと東京?

*やっぴーさま
こんばんは!
日本で蚕をもう飼育している場所自体が減ってきているんですね。
やっぴーさまは小さくていらした頃どこにお住まいだったのですか?又今度教えてください。

*キアラさま
顔見世では歌舞伎見物らしいお姿だったのですね。
今年3月にパリオペラ座で團十郎と海老蔵が日替わりで弁慶と富樫を演じるという「勧進帳」、とても楽しみにしてるんです。
雑誌や本などで見る歌舞伎役者の奥様の中でも海老蔵さんのお母様の堀越希実子さんのお召し物は特に大好きです。とても品があっていつかあんな雰囲気の和装姿が出来ればいいな、と憧れます。

むら田さんでお買い物

楽しみにしていた日が来ました。お約束の12時、柿渋暖簾をくぐればそこは別世界。塩沢紬としおじ紬が私を待っていてくれました。でも、塩沢はよくある白地に十字で、しおじは少し地味なように思いました。どうしようかなとお店を見回していると、色よい茶系の着物に目がすいよせられました。 聞けば、紬地を後染めした小紋なんですって。最近、和楽という雑誌に後染めの紬が載っていて、大いに気になっていたので、すぐにそれに決めました。単衣物なので、ぴったりの帯があるかどうかが問題だけど、それも楽しい悩み。ああ、はやく5月が来てほしいです。

オペラと歌舞伎

うちの息子はフルトベングラーやチェリビダッケこそ命っていう完全なるクラッシックお宅です。オペラを全く知らない私は、彼にオペラのことを尋ねましたところ、案の定、肯定的な反応ではありませんでした。ヨーロッパでいくつか観ているが・・・って感じでした。ごめんなさいね。あかねさんは、オペラのどのようなところに惹かれたのでしょうか。(これまでのブログも読まずに質問してごめんなさい。)私は、つい最近歌舞伎にはまったのですが、なぜだろうといろいろ考えてみると、まずそのストーリイの荒唐無稽さにぶっとんだというところでしょうか。そうして、きらびやかな日本的様式美、これにもまいりました。江戸260年、幕府の思うようにはいかないんだぜという庶民の意地も感じます。舞台を盛り上げる掛け声も大好きです。(URL[ご機嫌!歌舞伎ライフ」をお読みください。素敵な歌舞伎URLです。)そうして、正直に言えば海老様の存在なくしては歌舞伎にはまったりしなかったでしょうね。ただし、襲名興行のどれもガクンでしたが・・・、松竹座の富樫を観て、やっといいじゃないと思ったのですから
(>_<)

塩漬けの布!

あかねさん、こんばんは。ご無沙汰いたしました。少したてこんでいて、しばらくの間皆様のところにコメントできずにいたのですが、やっと復帰いたしました(●^^●)

こちらの色無地にこちらの帯・・内側から輝くような美しさに見とれました。そしてあかねさんに、ものすごくお似合いでしょうね!塩漬という方法があるという事、知りませんでした。手をかけ時間をかけて作られたものは、本当に力がありますね・・。実物の質感をいつか手にとってみたいです!

ご友人の方のロイヤルブルーの色無地も、とても美しいですね。お二方の、古典をモダンに身につけられた着姿は、なんともいえずにお洒落で素敵です。

結城紬、仕上がってきましたか?

結城紬、仕上がってきましたか?どんなお色なのか、前から気になってしかたありません。あかねさんは、とてもお着物のセンスがいいので、きっと素敵な色なのでしょうね。仕上がってきたら、どのようにコーディネイトされるのでしょう。できればお写真が見たいです。厚かましいお願いですが、どうしても期待しちゃいます。とても、たのしみなんですもの。(*^^*)

*キアラさま
大変お返事が遅くなり、申し訳ございません。先週から不在にしており、今日帰って参りました。

むら田さんで単衣をお求めになられたのですか。むら田さんは雑誌などでよく拝見する憧れのお店です。後染め紬の小紋、是非拝見したいです。キアラさまの着物姿は何処かで公開されているのでしょうか。もしされているようであれば、教えていただければ幸いです。

息子さんはクラッシック音楽に詳しくていらっしゃるのですね。私は何も知らないのですが、舞台物一般は機会があれば大体何でも行くようにしています。パリのオペラ座はあの雰囲気のために行くといっても過言ではないほど、パリで一番好きな場所なんです。後は着物を着るいいわけ、、邪道な理由ばかりですね(笑)

結城、出来上がって参りました。又写真でご報告いたします。更新が大変遅い私ですので、しばらく時間がかかるかと思いますが、どうぞ気長にお付き合いくだされば嬉しいです。

*いしのすけさま
大変ご無沙汰しております。すっかりお返事が遅くなりすみません。お元気でお過ごしですか。

最近又バタバタとしてしまっていて着物を着る機会が減っているのですが、お洒落をして出掛けるのはやっぱりいいものですね。

パリは突然寒くなりました。日本で着物様コートを購入したので寒さに負けず和装姿で出掛けたいと思います。いしのすけさんもお風邪などひかれませんように。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hannariparis.blog39.fc2.com/tb.php/67-c75b1236

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。