スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナポリの休日 

napoli(1)bis.jpgnapoli(2).jpg

「Vedi Napoli e poi muori(意:ナポリを見ずして死ぬことなかれ)」という言葉があるらしい。17世紀初頭にはヨーロッパ一の大きさを誇った街ナポリ。現在は人口百万人程であるが、ヨーロッパでは普段見ないカオティックな雰囲気の中にギリシャ・ローマ時代からの文化の形跡を色濃く残す魅力のある街である。ナポリからおよそ20キロ離れたポンペイ遺跡にある有名なフレスコ画の修復作業が最近終了したと聞いて、週末旅行を計画した。

napoli(3).jpgnapoli(4).jpgnapoli(5).jpg

イタリア人が自国の文化を大変誇りに思っているのは誰もが承知のところだが、私が特に感心するのはヴェネチア人はヴェニスを、ローマ人はローマを、ナポリターノはナポリをというように自分の地元をそれぞれ一番だと思っているらしいことである。今回もあのピザが発明されたのは他でもないここナポリであるという事や、旧市街には400近くもの教会があるのだという事を地元の人に教えてもらった。自分の街の文化に対する揺ぎ無いこの自信のほんの一部でもが日本人にあればと思う瞬間である。

napoli(8).jpgnapoli(9).jpgnapoli(7).jpg

19世紀ヨーロッパの裕福な子息達はローマとナポリに遊学し、古代の歴史を学ぶのが常であったらしいが、なるほど確かに美術史の授業で習った作品達との感激な対面の連続であった。殺人を犯したためローマから逃亡しナポリで制作活動を続けた17世紀の巨匠カラヴァッジオの傑作やナポリ国立考古学博物館のファルネーゼ・コレクション、ポンペイ遺跡のモザイク・フレスコ画等は大学時代、特に感動してスライドを見つめていた作品である。

napoli(6).jpg

今までの旅行先では自分のお土産に版画を求めることが多かったが最近は帯留になりそうなアンティークのブローチ等に目が行く。今回は翡翠のブローチに目が止まった。さらに今回は大理石の床を見て、帯の模様にいいのではないかと考えている自分に気づき、南イタリアで自分の着物熱の重度を再確認した次第である。
スポンサーサイト

コメント

ブローチは帯留めですよね

ナポリ、いいですよね。私は2回行ったことがありますが、ちょっと薄汚れたイタリアらしさに風情があると思います。美しいオペラハウスもあり、一度行ってみたいものです。

翡翠の帯留め、じゃなかったブローチ、とても素敵です。目が止まっただけじゃなくて、お買い求めになったのですね。
私もブローチを見る目は変わりましたよ。全て帯留めにどうかしらって考えちゃいますもんね。
カーテンも帯に見えてしまうし・・・

あかねさん、こんにちは♪

ナポリにいらしたのですね~素敵なお写真ばかり・・!ナポリは行った事がないのですが、イタリアの独特の美的な雰囲気がお写真からあふれだしていますね~♪♪

イタリアの方、お国自慢なところ、私もとっても素敵だと思います!!以前にフィレンツェに行った時、ひょんなことからおしゃべりしただけのおじさまにも、ものすごくフィレンツェ自慢をされました(笑)。たまたまその時フィレンツェの本を読んでいたので、うろ覚えの歴史の話をしたりしたら「そうそうフィレンツェの事よく知ってるじゃないの~!」という感じで、とっても喜んでくださって、こちらまで嬉しくなってしまいました。

お国自慢という言葉自体は日本にもありますのに、そういう気概は消えてしまったの?と思うこと多々あります・・残念ですよね。

ところで、ナポリでも色々なものが和装に変換される現象が・・(笑)!椿姫さんのコメントにも思わずくすっとしてしまいました(^^)それにしても、大理石の模様、帯にいいですね~!

最後のお写真、翡翠の帯留じゃなかったブローチ、にゴールドの帯と上品な色のお着物、すごくシックでお洒落な組合せ・・素敵です♪♪

芸術の源

さすが、イタリア。
芸術発祥の地でありますね。
ここで見つけた帯留めも美しいです。

この地をするすると歩くあかねさんの姿が目に浮かぶようですよ。

イタリア

私の愛読書に「ローマ人の物語」があります。
なので、イタリアは憧れの地♪
こうしてお写真を拝見出来るだけでも幸せです。
ふふふ、リタイアしたら“レッツイタリア”だわ(^m^)

芸術・文化・高度な技術・・・

旅するときは 歴史のある所 文化が栄え人々の暮らしを垣間見ることが出来るようなところへ・・・
あかねさまに素敵なお写真見せていただき 想いを馳せています。

さらに帯留に反応~(=笑=)
シンプルでお洒落なブローチ お持ち帰りなのですね♪
探してみたいアンテークのブローチ 素敵ですぅ(●^o^●)

*ロンドンの椿姫さま、
そうなんですよ、ナポリのオペラ座サン・カッロにも行く予定をしていたのですが、結局都合がずれて駄目になったんです。次回は絶対。

椿姫さんはカーテンで帯なども作ってらっしゃいますものね。ナポリのパラァッゾにも帯に良さそうなカーテンが沢山かかっていました。

*いしのすけさま、
本当に、お国自慢という言葉はどこにいってしまったのでしょうね。日本国内で関西VS関東のような自慢は良く聞くような気もしますが日本人が外国の方に向かって「私の国にはあんな、こんなに素晴らしい文化が。。」とやれる人は言葉の問題をよそにしても少ないような気がします。

フィレンツェにしばらく滞在していた時に友達になった男性は腕に「Ragazzo di Firenze(フィレンツェの男)」と綺麗な刺青を彫ってたんですよ!なんかとても地元プライドを感じました。日本にも「東男」とかやってる人はいるのでしょうか。私も「京女」って彫ろうかな。(笑)

*舞夢さま、
スタンダールが初めてフィレンツェに 滞在した時、あまりに美しい芸術に圧倒され精神的に支障をきたしたことから、 イタリアの美しさに神経的に衝撃を受けることを「スタンダール症候群」と言うようですが、この国は何処を見ても確かに美に圧倒される感じがします。

*やっぴーさま、
私が特に魅力を感じる国はイタリアとインドなのですが、ナポリはイタリアにありながらインド的なカオスがあり、今回はイタリアの違う側面を見れたような気がしたんですよ。

*幸子さま、
こんにちは!
私も基本的に自然だけの場所よりも人間の手が加わった文化、文明を感じる場所に興味があります。そのような目的の旅をイタリアはいつも裏切らないでいてくれます。

この帯留にしたアクセサリーはブローチのパーツを分解したものなんです。ですので実はこの写真では帯締めにピースを並べてみたイメージ写真なんです。日本で帯留用の器具を買ってこのイメージ通りに作れるといいんですけれど、どうでしょうか。

あこがれのイタリア!

http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30420278

あかねさま うやです。

須賀敦子さんのイタリアを題材にしたエッセイを読んでずーっとイタリアにあこがれていました。

去年の9月念願かなって、駆け足ツアー旅行をしました。

本当によかった!ポンペイもナポリもさっとかすめる程度に行きましたよ。

ミラノ、フィレンツエはそこにいるだけで、アーティスティックになるようで、帰国してから何か装飾的なものを作りたくて創りたくて・・・。

都市の持つ影響力はすごいです。そういう意味では京都だって奈良だって、インスピレーションを与えてくれますよね。



*うやさま、
こんばんは!
去年イタリアにいらしたのですね。
このエッセイ、うやさまのお勧めなら読んでみたいです。

イタリアに行くと文化力の強さを感じます。G7の中では経済大国でもなく、あきれるほどいい加減なところも多いのに、一般的にイタリアが尊敬されている国なのはやはり文化の力だと思います。多くの人には日本の文化は経済の陰に隠れてしまっているようで少し残念です。

京女!

あかねさんが、「京女」と彫ってらしたら、チャーミングすぎて卒倒しそう・・!!

地元プライド、いいですよね・・。でも京都の方はとても京都に誇りを持たれている感じがして、私はとても好きです。

先日地元でそれはそれはささやかなお祭りがあって、地元神社の自慢の大太鼓が出て、それを地元の若い方々が汗だくで頑張ってひっぱっていて、ああいいものだな~と思いました。

日本にはイタリアの美的感覚と互角のものがあるのに、うまく大切にできなかったり情報発信できなかったりというのは、本当に残念なことですよね(涙)・・。

*いしのすけさん、
ははは、じゃあ私が「京女」って彫ったら、いしのすけさんは「あずまおみな(東女)」って入れてくださいね。(笑)

「仏国で絶賛された」とか「米国の雑誌で取り上げられた」などの「西洋で受けた=いいもの」という必ずしも正しくない考えを元にした評価を自分の国の文化にまで使ってしまう日本。そこまで西洋に頼る必要があるのかと、とても気になります。

「ナポリを見ずして死ぬことなかれ!」
ナポリに行った事がない私は、まだ死ねません。(^^ゞ
日本人全般には、日本の文化に対する気概が少ないかもしれませんが、京都の方には、和文化に対する強い思い入れがあるのではありませんか?
京都の方は、東京でも自信を持って京言葉を話してらっしゃるイメージです。
帯留め←ドンドン増えていきますね。(^_-)-☆

あずまおみな♪♪

ウフフ♪♪おみな、というのがなんともいえずに可愛らしいですね~♪♪京女に東女で、可愛らしい極道ですね(ウフ笑)。

あかねさんのおっしゃっておられること、まさにですよね・・!!なんか、なんかとってもヘンな感じですよね・・。これからの時代は少しずつ変わっていくかしら・・。変わっていくといいのですが・・!!

ええなー

いいね。ナポリ。
サッカーの観客動員数もイタリアで一番なんやって。みんな地元のチーム死ぬほど応援してるらしいよ。マラドーナがナポリのチームにいたときなんて試合中は街中に誰もいなかったって。(あかねちゃんサッカーキライやけど参考に)
地元への愛はあるかな。
京都にはもちろん。最近は住んでる地域が地元への愛が強い人ばかりで俺も祭りに参加させてもらいました。
会社のある地域も地元への愛が強い人ばかりで祭りに参加させてもらいました。
4年に一度しか出ない、でかい神輿を担がしてもらったんやけど2週間くらい肩が痛かった。やっぱ神様は重い…

それより、元気そうでなによりやね。

*真美さま
こんにちは!
そうですね、私も京都にはやっぱり誇りを持っています。^^

都市開発において「重要文化遺産」と政府のお墨付を貰った建物以外には古い物を壊して新しいものを建てる、という方程式が出来てしまった日本では京都みたいな街でも大事なお寺などは骨董品のように見えない箱に入れておいて、それ以外は景観をまったく考慮にいれない、近い将来のためだけの都市開発が進んでしまっているのが残念でなりません。

追伸:真美さんの「ナポリを見ずして死ぬことなかれ」という訳の方がはるかにいいので、こちらを使わせていただきました!

*いしのすけさん
本当に、日本人はそういうところはとても柔軟というか寛容というか踊らされやすいというか。。植民地でもない日本に存在するこの植民地文化は日本の文化に深刻な影響を与えてしまっていて本当に残念です。

*げんくん
久しぶり!
ナポリのサッカー雑学、どうもありがとう^^

うちの知り合いで浜松で先生をしてる人は元々東京の人ねんけど、浜松のお祭りを初めて見に行って地元の活力にびっくりしてはりました。そういう部分はうちが見れてないだけで沢山あるんやろうね。
肩、大丈夫?

いつも素敵なお着物ですね

今日はURLの隅々を拝見しましたが、どれも素敵な着物ばかり。全部ご自分のものですか?なかにはおばあさまやお母様のもおありなのでしょうか?本当に柔らかものがよくお似合いになりますね。帯締めに興味をお持ちようになり始めたようですが、お着物の雰囲気とぴったりです。京都の古門前通りのてっさい堂さんに行かれたら、素敵な帯留めがあります。一度、どうぞ。

*キアラさま
このブログを過去にさかのぼって読んでいただいたとのこと、どうもありがとうございます。
古門前通りのてっさい堂さんは行ったことがないのですが、骨董品屋さんなのですよね。今回の帰洛では行きそこねましたが、次回に是非足を運んでみたいと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hannariparis.blog39.fc2.com/tb.php/63-48e97666

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。