スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペラ 「Salomé」 Opéra Bastille 

踊りの褒美として洗礼者ヨハネの生首を所望し、銀の皿に乗ったそれに口づけした王女。新約聖書のエピソードを題材にオスカー・ワイルド(Oscar Wilde, 1854- 1900)が仏語で書いた戯曲「サロメ」をもとにした絵画は数多くあるが、早逝したデカダンスの画家、オーブリー・ビアズリー(Aubrey Beardsley, 1872- 1898)が描いた「サロメ」の魅力を超える作品は少ないのではないだろうか。

salome(3).jpgsalome(2).jpg

1891年に書き上がった「サロメ」は翌年サラ・ベルナール主演により上演されるはずだったが、聖書の人物舞台化禁止検閲のため、中止に追い込まれている。ようやく5年後にパリで初演された時は「サロメ」の英訳を引き受けたアルフレッド・ダグラス卿との男色事件により有罪を受けたワイルドは牢獄で強制労働に服していたという。ビアズリーの挿絵はダグラス卿が訳した英語版サロメために描かれたものである。

salome(5).jpgsalome(4).jpg

ワイルドはビアズリーのサロメが気に入らなかったらしい。ビザンティン的な自分の戯曲に対してビアズリーの挿絵は「日本的すぎる」と言っている。ビアズリーはジャポニズムの色濃い作家として必ず挙げられる画家の一人であり、この挿絵の衣装も、平面的なコンポジションも浮世絵の影響を強く受けた結果だとされている。

salome(10).jpgsalome(9).jpg

リヒャルト・シュトラウスがオペラ化した「サロメ」を先日見たとき、頭に焼きついたイメージの力に驚いた。ビアズリーの挿絵の印象が私の中で強すぎるため、舞台を見ていても何かが違う、と感じてしまうのである。グロテスクさが足りない。退廃芸術の匂いがしない。素晴らしいオペラなのに、なんとなくがっかりしてしまったのだ。

その日の着物は江戸紫に楓が染め抜かれた付け下げにしたのだが、これは私の所有しているビアズリー作品集の表紙が紫色であるのと無関係ではない。私にとっての「サロメ」はシュトラウスの音楽でも、ワイルドの戯曲でも、新約聖書でもなく、ビアズリーの絵に集約されるようである。
スポンサーサイト

コメント

非常に面白く

非常に面白く拝読しました。浅学にしてビアズリーの名前は知らず、あちこちにwikipediaをリンクしてくださっているので、ありがたかったです。お着物の地色でビアズリーへ、柄行で季節への敬意を表していらっしゃる着姿も素敵です。7-8年前に母とパリを訪ねた時、母の希望でワイルドが晩年を過ごしたホテルに滞在し、お墓参りをしたことを懐かしく思い出しました。

*harukoさんへ、
こんにちは。コメントどうもありがとうございます。
Père Lachaiseの沢山の個性的なお墓の中でもワイルドのお墓は独特ですよね。晩年をすごしたホテルとはどこなのでしょう。。
昨日載せていた写真では帯揚げが見えずに気に入らなかったので、帯揚げを変えてもう一度着付けをして写真撮影をしてしまいました。^^帯揚げ一つで着物のイメージが変わるのを改めて実感しました。

洗礼者ヨハネ

あかねさま こんばんは♪
パリは、寒くなって来ましたか?
新約聖書に洗礼者ヨハネの生首を所望した話があるのですか?
その事さえ知らなかったワタクシ。。(^_^;)
浮世絵の影響を受けたヨーロッパの画家って、案外多いのですね。
この御着物の色目、素敵です♪
秋の実りを感じます。

帯揚げよく見えます!

面白い色の帯揚げを持ってこられていたのですね。あかねさんにはまだちょっと渋いようにも思いますが、全身で拝見してみるとまた違うのかもしれませんね。もう一度着付けをされた、というところに気合を感じます。次回はもう少し華やかなお色を取り合わされても素敵かと。。
ワイルドのホテルはL'Hotelという名前で、建物はもちろんのこと、ロビー、カフェ、お部屋など何から何まで独特の雰囲気のあるところだったと記憶しています。ご参考まで、http://www.slh.com/france/paris/hotel_parlho.html

*真美さま、
こんにちは!パリは今日から突然気温が下がりました。昨日までせっかく気持ちいい秋だったのに、残念。

私も「サロメ」からこのエピソードを知ったのですが、聖書のお話だなんて知りませんでした。

この着物は今の季節限定なのでもう一度くらい袖を通したいのですがどうでしょう。。

*harukoさん、
渋すぎますか?結構頻繁に言われてしまうコメントです。「そんな、お婆さんみたいなん着て。。」とか(笑)

辛子系でももう少し明るくてもいいかもしれないですね。ピンク系の帯揚げを一度合わせたのですが、私の持ってる色合いだと春色になってしまったので今回は止めました。次回帰国では秋に合う桃色を探してみたいと思います。

へぇ、サン・ジェルマンにこんなホテルがあったのですね。いい感じですね。今度お客さんが来たらお勧めして泊まってもらい、お部屋の中を拝見させてもらいます(笑)

ビアズリーの絵

あかねさん、こんにちは!

ビアズリーの絵、素敵ですね。恥ずかしながら知らない画家さんでしたが、とても好きです。日本の少女漫画の画風にも通じる感があるなと、ふと思いました。やはり日本の漫画って図らずも浮世絵の流れをくんでいるのかしら・・なんて勝手な想像をしてしまったり・・。

紫を中心にしたコーディネート、素敵ですね♪♪紫、地味になりがちだから難しいですよね・・。私もとっても好きな色で、祖母の着物にも多いのですが、ついつい「渋っ!」になってしまいます。とうとう昨日は主人を誘い出して、帯締帯揚を主人に選んでもらいました。自分だとどうしても渋いものを選ぶくせから抜け出せなくて・・!

オペラのサロメ

サロメ役はChristine Neglestadだったんですね。こないだの6月のROHのトスカのBキャストのトスカ役だったソプラノです。私はそちらも見たのですが、あかねさんもご覧になったAキャストのアンジェラ・ゲオルギューとは雲泥の差でした。
でも、彼女はルックスはいいですから、サロメで裸になっても大丈夫でしょう。私はこのオペラを生で見たことはないのですが、サロメが衣類を脱ぎながら踊るシーンが有名で、その演出によってその度合いはまちまちですが、全部脱いでしまうこともあるそうですよ。もうすぐどこかのオペラハウスで、デブで有名なソプラノがサロメをやるというので話題になってます。

それにしても、「あかねさんもいしのすけさんも、折角お若いのだから、今しか着られない派手なお色をお召し下さいね!」とここでおばさんは叫びます。

*いしのすけさん、
こんにちは!
日本の少女漫画ですか!それは新しいビアズリー論ですね(笑)。

この着物は私の中では楓の模様が華やかなイメージだったのですが、色が渋すぎるのでしょうかね。。私の振袖が紫紺だったのもそう思う理由かもしれないのですが、私にとってこのように深い紫よりも淡い藤色がご年配の方向きなイメージがあるんです。白髪に素敵だと思うんですよ。

お婆さまのお着物にだんな様の選ばれた帯締めを合わせられるなんて、いいですね。

*椿姫さま、
こんにちは!
今回のサロメもすっぱり潔く脱がれてました。でもやっぱり16歳の処女の役どころをオペラ歌手が演じるのは限界があるような。。小柄(そうな)彼女でも少し無理がありましたので「デブで有名」な方があのダンスをされるなんて、ストーリーラインがそれだけで変わってしまいそうですね。

暖かいアドバイスどうもありがとうございます!^^このお着物そんなに渋いですか?八掛はローズピンクなので実際に着ているところを見ていただけたら、少しイメージが違うかもしれません。でも次回はせめて帯締めと帯揚げの色をもう少し明るくしてみます。

紫系って・・・

紫系って結構難しいところがありますよね。
紫とひと言で言い表せないお色の幅がありますし
高貴なお色でもありますが 染めや生地によっては品の無い色にもなってしまいます。

あかねさま お召しのお色目 お洒落な柄行と相まってとても素敵です。
帯締め・帯揚げで可愛らしいお若い雰囲気に いかがでしょうか?

数年後のトリプル成人式に 紫から薄~い藤色のぼかしにしたお振袖を、と思い
お気に入りの地模様入りの白生地を探しているところです。
赤ではなく こだわりの紫に(=笑=)

あかね様

http://www.honya-town.co.jp/hst/HTdispatch?isbn_cd=4087813592

着物の本を3冊ご紹介します。

「樋口可南子のきものまわり」
「きもの熱」
「樋口可南子のものものがたり」

いずれも清野恵理子さん著です。

「樋口可南子のきものまわり」はもう3、4年位前に出版されて、(女性誌の連載だったようです)何度ながめたかわかりません。「きもの熱」は、いわゆるモデルさんではなく、キャリアの女性たちが着手になっていて、着物にまけない貫禄に感心したものです。

「樋口可南子のものものがたり」は最近出版されて、「・・のきものまわり」の続編的なもの。

樋口さん糸井さんご夫妻が京都に別荘を作られたとかで、その経緯やらもかかれています。ジーパン姿の樋口さんもでてきますが、着物がほとんど。

これらの中の着物は、「こーと」(こういう日本語あまり使わなくなりましたね。なものがほとんど。でも、それこそ作り手の心がつたわってくるようなものばかりです。

ご帰国の予定もおありなら、近くの公共図書館で見られるとおもいます。

最新出版のものでも、なかなか書店で探すものは大変ですから。

わたしが勤めている図書館では、上の2点はいつも借りられているほどの人気です。

     うや

こんばんは

初めて書き込みます。^^
サロメをご覧になられたのですね。
パリ、オペラもバレエも充実していて羨ましい環境です。
そこに和装でお出かけなのは本当に素敵です。
私が名古屋で見たサロメは少し品のない演出でした。姫様なのですから、もう少し・・・とも思いましたが、首を所望する役柄ですので難しいのかもしれませんね。
R・シュトラウス作品はびわ湖ホールで順次、上演される予定のようですので足を運びたいなと思っています。
西日本では見る機会のない作品もかかると思うので今から楽しみです。

「こーと」&「こうとい」

あかね様

うやですが、先の書き込みで使った「こーと」と言う言葉、あかねさんはお若いですから、ちょっと説明したほうが・・と思いました。普通の辞書を引いてもありませんから。

『こーと』(副)①じみ。質素。上品。「コートな柄の着物」山形・愛知・・・大阪・京都・徳島・高知・長崎。―全国方言辞典 東條操編 東京堂出版 昭和63年

『こうとい』(形)[方言]①古風で地味なさま。愛媛県②着物の柄などの地味なさま。岐阜県郡上郡「こうとい着物」「こうとい髪」尾張 三重県鳥羽
「こうとか」熊本県南関―日本国語大辞典 第七巻 日本大辞典刊行会編
小学館発行 昭和53年

私の小さいころは大人の女性が着物や格好を表現するのに頻繁に使った言葉です。「地味、上品、シック、知的」などというニュアンスで。

どのエッセイかで田辺聖子さんもこの言葉に言及されていました。

あかねさんのお召し物「こーと」
というところでしょうか。そしてご紹介した3冊の着物の本も全体に「こうとい」感じです。

わたしは、そういう装いは、奥ゆかしさを秘めたもののようでとても魅力を感じます。

*幸子さま、
こんばんは!お返事が大変遅れまして申し訳ございません。

薄い藤色ぼかしのお振袖ですか!幸子さんでしたら絶対上品にお似合いになりそうです。
実は淡い藤色は私の憧れの色で最近安くで見つけた付け下げの反物を購入してしまいました。淡い藤色に(おそらく)ろうけつ染めで白とピンクで草花の陰の模様になっているんです。初めはピンク系の八掛にして、数年経ったら藤色に変えようと思っているんです。

*うやさま、
こんばんは。お返事が大変遅くなり、どうもすみません。

又きもの関連の本をご紹介いただきありがとうございます。

「樋口可南子のきものまわり」は「森田空美の知的きもの入門」と一緒に最初に購入したきもの本なんです!^^両方とも手元にあり、私の教科書です。「樋口可南子のきものまわり」を気に入って、きもの本を集めていた頃に「きもの熱」も、求めました。本当に私の理想とするお着物姿がいっぱいです。

「樋口可南子のものものがたり」という本が出たのですか!「もの」ということはお着物だけに限られたわけではないのでしょうか。又素敵な本に仕上がっているのでしょうね。森田空美さんも又本を出版されたようですが、2冊とも次回の帰国の楽しみになりました。

樋口可南子さんといえばカンヌ際にも出た河瀬直美さんの「紗羅双樹」という映画で少しぎこちない関西弁で着物姿やジーンズ姿でお兄さんの娘を育てるシングルマザーの役で出演されていて動かれている姿も素敵でした。

「こーと」と「こうとい」のご説明もありがとうございます。初めて耳にする言葉です。実はGoogleで「こーと」と打ってみたのですが「もしかして、コート?」と出てきてしまいました。広辞苑にもやはり載っていませんでした。岐阜県郡上郡の「こうとい着物」というのは郡上紬を考えるとなんとなくイメージがわくような感じがします。「はんなり」という言葉は「華なり」が語源だと聞いたりしますが、「こうとい」の語源は何なのでしょうね。

いい言葉を教えていただきありがとうございました。

*macskaさま、
始めまして。コメントどうもありがとうございます。

パリで見たサロメも上品とは少し形容しがたかったです。日本ではまさかダンスのシーンでも脱がれたりはしないのでしょうね。びわ湖ホールではそのようなものを上演されているのですか。今度気をつけてプログラムを見てみたいと思います。

macskaさんもオペラにいらっしゃる時などにお着物お召しになることはあるのでしょうか。
又是非遊びにいらしてください。

日本でも

こんにちは。
私の見たサロメでは脱いでいましたが、照明や演出の方法でそのあたりは上品になっておりました。
でも、十数年前にキーロフ・オペラが初来日した際に「炎の天使」プロコフィエフの作品が上演されましたが、その時は合唱の女性複数が精神に変調を、と言う役柄で全裸になっておりました。
ところで私、初書き込みで一体何のお話をしているのでせうか・・・・^^;

お久しぶりです!

あかねさま

ご無沙汰しております。
以前別のブログにコメントをいただいたことのあるりおです。
ビアズリー、ああ、大好きな画家です。学生時代本屋で手に取ったサロメでビアズリーの絵から受けた衝撃はまだ忘れません。

実は今日ビアズリーに関して記事を書いていてこちらにお邪魔しましたら、こちらではあかねさんがサロメについて書かれていて勝手に不思議な縁を感じてしまいました。
私の記事からこちらへリンクをはらせていただきましたので事後報告で申し訳ありませんがご容赦いただけますか。

*macskaさま、
こんにちは。
そうなんですか、日本でも!
オペラでも結構脱ぐ作品があるのですね。知りませんでした。って本当に「脱ぐ脱ぐ」ってばっかり書いてますね。(笑)

*りおさま
ご無沙汰しております。お元気ですか。

本当に、ビアズリーのことをほとんど同時に書いたなんて偶然ですね。私のブログにリンクしていただきありがとうございます。紹介までしていただいて恐縮です。

着物の専門のブログを始められたのですね。又是非遊びにいかせてください。
どうぞよろしくお願いします。

ステキ♪

ピアズリーの絵もステキですが(結構好き♪)
江戸紫のこっくりとしたお色目も好きです☆
いつかこういうお色の小紋が欲しいなあと
思っております。
そのうち×2 (^-^)v

*やっぴーさま
ビアズリーのこの挿絵の衣裳は着物を彷彿させると思うのですが、いかがでしょうか。
深い紫って沢山の色が合わせらるようですので、今度は小物を変えてイメージを変えて着てみたいと思います。

これはいい!

この着物の柄、かなり好きです。
男子だからか、いや個人的な好みなのか…こういうパッキリと色が分かれたものは大好きです。(着物に限らず、表現上で)

作る方も一見簡単に見えて相当計算してるやろうし、それを発表するのも相当な勇気が必要です。また紫っていうのが洒落てるね。

これいい!これいい!

10月またまた殺人スケジュールでしてコメントが大幅におくれました。

*げんくん
嬉しい、どうもありがとう。^^

楓に淡い水色でグラデーションがつけてあったり、八掛はピンクやったりと少し甘い要素もあるねんけど、合わせた帯や帯揚げが渋すぎて「もっと若々しく!」と暖かいアドバイスを貰ってん。たしかにこの着物は八掛変えたらおばあちゃんになっても着れるかも。次回はもう少しはんなりとした組み合わせを考えて着てみようと思っています。

迷い込んだ着物道

嬉しい悲鳴ですが、あかね様のURLは着物の迷い道のようですね。ゆっくり読ませていただきますが、実は今日初めて百亀甲結城に手を通しまして、そのあまりの着心地のよさをお知らせしたくなって、またお邪魔しました。着る前は大島の方が埃が目立たなくていいんじゃないかしら(大島も結城も黒地なものですから)なんて言っておりましたが、着てみると、結城は本当に軽くて、体に添ってくれるのでびっくりしました。これでは、ますます柔らかものから離れてしまいそうです。柔らかもの好みの方や堅もの好みの方の着物話、いろいろお聞かせください。

オペラと着物

最近のコメントで、キアラ:オペラ 「Salomé」 Opéra Bastille (01/15) とあって、びっくり。
そう言えばどこに、どう書こうかなんて迷って、オペラのことじゃないのに書いてしまいました。
何を隠そう、歌舞伎もまだまだ初心者ですが、オペラばかりは全く観たことも聴いたこともないという有様で、クラッシックお宅の息子から馬鹿にされているのです。
あかねさんが、オペラと着物のことについて書かれていたので、つい強引に着物について語ってしまったようです。あかねさんのお着物の趣味はどうやら柔らかもののようですね。
しかも、かなりクラッシックなお着物がお好きそう。パリなどでも、振り返られていらっしゃるのでは?

*キアラさま
こんばんは!
キアラさまは織物をお召しになることが多いのでしょうか?百亀甲結城なんて素敵ですね。私は今はじめての結城をお仕立てに出していて運よければ今週末にでも袖を通せるのですが。。
又着心地をご報告しますね。
着物を着始めた最初の頃は柔らか物が多かったのですが、最近求めた反物は紬ばかりなんです。今はどっちが好きか、、うーん、それぞれに好きで選べないですねぇ。

織りと染めの着物

こんばんは!
>キアラさまは織物をお召しになることが多いのでしょうか?
>>歌舞伎とお茶以外はほとんど織物です。

>百亀甲結城なんて素敵ですね。私は今はじめての結城をお仕立てに出していて運がよければ今週末にでも袖を通せるのですが。
>>あかねさんのお召しになる結城って、どんなのでしょうか、どきどきします。楽しみですねえ。
>又着心地をご報告しますね。
>>ぜひ、教えてくださいませ。
>着物を着始めた最初の頃は柔らか物が多かったのですが、最近求めた反物は紬ばかりなんです。今はどっちが好きか、、うーん、それぞれに好きで選べないですねぇ。
>>確かに!染め物には染め物の、織物には織物の魅力がありますものね。


偶然お邪魔したURL、あかねさんがどうしてパリで生活をされているかもまだわかっていない私、申し訳ないです。外国の方に、織物のよさを分かっていただくのはなかなかむずかしいのでは?あかねさんのお着物の魅力は外国の方ばかりでなく、私にもよくわかります。だって、日本人にとっても着物はキモノになりつつあるんですもの。でも、普段の暮らしで身につけると言えば、やっぱり織物ではないでしょうか。だって、楽ですもの。私は、歌舞伎とお茶以外はほとんど織りのものを着ています。と言っても、歌舞伎も着物もつい最近はまりだしたので、たいして数は持っていないのですよ。それにしても、あかねさんの結城はどんな色なのですか?ぜひぜひHPでお写真をお願いします。私は、コムデギャルソンやヨウジヤマモトの世代ですから、どうしても黒になってしまうんです。柔らかものがとっても似合うあかねさんの結城はどんな色なのか、とってもとっても興味があります。

実は、明日、祇園のむら田さんに行って、塩沢紬かしおじ紬を手に入れるかもしれません。また、ご奉告しますね。

*キアラさま
こんにちは。
お仕立てをした伯母から譲り受けた結城は白地に淡い鼠色の細かーい亀甲模様が全体に入っていて、ところどころにこれも又淡い、赤、青、緑、黄色などでお花模様が散らしてあるんです。全体に薄い色使いですので、少し離れると限りなく白に近いグレーです。八掛はクリーム色にしました。

着物に興味を持ち始めた2年前は渋い色好みだったのですが、最近淡い色にばかり目が行くようになり、この結城にもピンクの帯を合わせ、パステルカラーの帯揚げと帯〆をしました。
又写真をアップいたします。

初めまして

着物、オペラで検索したら、こちらに辿り着きました。そして、『サロメ』の記事と、ピアズリーの絵
に思わずしゃしゃり出て来てしまいました。

『サロメ』は来年か再来年には観るつもり(好きなバリトン歌手のLudovic Tezierが出る予定なので)だし、ピアズリーの絵は大好きなんです。『サロメ』は日本に住んでいた頃から(今は欧州在住)、映画、演劇では何度か観ていて、思い入れも深いのです。

あかねさまのお着物もとても素敵です。私も着物は好きで、好きになったのはこちらに住み始めてからです。

*rosinaさま

始めまして!
ブログを拝見させていただいて、ロンドンの椿姫さまとお気が合いそう!などど思っておりましたら、すでにリンクをされているのに気が付きました。
お着物でよく観劇にいかれているのですね。またブログでもお着物姿をお見せください。

たまになんですよ

あかねさま、
こちらこそ、椿姫さまとは面識もある事を先に書いておくべきでした。 住んでいるのが田舎なので、観劇に行くのは年数回、数える程ですし、きものに至ってはまともなものは紬くらいで後は洗える着物ばかり。これからもあかねさまの艶やかな御衣裳を拝見するのを楽しみにしております。


*rosinaさま
こんにちは!
私はオフィスから仕事着のまま直接劇場に向かう場合があるのですが、先日椿姫を見たときは週末でしたので、用意にもちゃんと時間をとれて、お出かけしている気分になれました。少し離れている場所から計画をたてて観劇に出向かれるほうがいいのかもしれませんね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hannariparis.blog39.fc2.com/tb.php/62-f96225eb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。