スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植物素材の織物 Etoffes végétales  

okinawa(5).jpgokinawa(3).jpg
(左上)フィリピンの伝統織物、パイナップルを使ったピーニャ。フランス人作家の作品
(右上)苧麻(ちょま)を原料とする宮古上布、日本重要無形文化財

ここのコメントで薦めていただいた志村ふくみ、鶴見和子両氏の対談集「いのちを纏う」を読み、少し植物染色を理解できたような錯覚に陥っていた矢先、Etoffes végétales(意:植物性織物)と題されたパリ15区、個人宅での展示会に誘っていただいた。フランス、ドイツ、ユーゴスラビア、そして日本の女性織物作家4人の植物繊維を原料にした作品展である。

着物への興味と「植物素材」という今の私のキーワードが融合したこの展示会で私は3時間をも過ごし、いらしていたヨーロッパの作家の方たちに失礼な程、3時間のほとんどを宮古上布の鑑賞と宮古島出身の作家さんへの質問に費やすという子供っぽさをさらけ出した。

okinawa(10).jpg
(上)植物染料で染められた苧麻糸

この本のお二人の会話はきものについての対談を超え、自然や社会についての話にまで掘り下げられる。一番印象に残ったのは植物染料のみを使用し、色を追求されてきた紬織の人間国宝、志村ふくみさんの自然に対する崇高ともいえる敬意である。

志村:ゲーテは「植物は秘密を打ち明けてくれる」と書いているんです。人間が勝手に木を伐って、色を出して、ああ、植物染料の色が出た、では秘密は打ち明けてくれないんです。そうじゃなくて、植物からいただくんだ、どんな色が出るかわからないけども、いただくんだと思った時に初めて、植物が秘密を打ち明けてくれ始める。植物は自分を投げ出して色をみせてくれるのです。植物に対する畏敬の念が大切ですね。(引用「いのちを纏う」)

okinawa(11).jpgokinawa(12).jpg
(上)弘法さん出身の赤銅色紬と唐花模様名古屋帯

宮古上布一反を仕上げるために2ヶ月は最低かかるという。自然から生まれた染料や繊維と長い間ふれあい、向き合っていると化学で作られた素材とは出来ない対話が出来るようになるのだろうか。この一冊の本のおかげで一つの展示会の見方が大分広がったように思う。また少し日本の着物を理解できたような嬉しい錯覚に陥っている。


okinawa(13).jpg
「いのちを纏う―色・織・きものの思想」
志村ふくみ・鶴見和子
藤原書店

うやさん、どうもありがとうございました。
同書に関するakeさんの「京都で、着物暮らし」の記事
スポンサーサイト

コメント

パリご帰還?

あかねさん、
お久しぶりです。無事にパリへ帰られたようで、何よりです。
ミクシィをやめてから、みなさんのブログ更新を見過ごすようになってしまって、不便です…。
ところで、植物の染色、優しい色合いで素敵です。本の一部を抜粋してくださってますが、「植物が秘密を打ち明けてくれる」という表現が、ぐっと来ました。
先ほど、バトンものぞかせていただきましたが、あかねさんもちょっと「秘密を打ち明けて」くださったみたいで、ドキっとしましたよ。笑

弘法さん

これ弘法市でお求めになったものなんですか?!
あかねさんがお召しになると一躍グレードアップですね。
弘法さん、たしか毎月21日でしたよね? 来月は私がいけるかもしれません。帯が欲しいのですが、私は古着を探しすいサイズなので、着物にもつい目が行ってしまうでしょうけど。

あかねさん、こんにちは。いいお色の素敵な紬に帯・・秋の訪れを告げる装い、きっとパリの街並みにもぴったりだろうと、日本から思いを馳せております。帯の可愛らしい唐草文様と、ぱきっと対照的に真っ白な地の部分、なんともお洒落な帯です・・。

ご紹介されてらっしゃるご本、私もakeさまのおすすめで速攻で手にとりました。その道の巨匠同士の対談、貴重なお話が満載ですね・・。ご紹介されている志村ふくみさんのお言葉、なにか哲学的なものを感じます。

夢ごこちさんの、「あかねさんが秘密を打ち明けて下さってドキ!」に、思わずくすっといたしましたよ(笑)。私も同感であります(●^^●)

パリで宮古

作家さんに直にいろいろお聞きできるなんて貴重なお時間でしたね。
植物で染めたものは時間の経過とともに色が変化していきそれも楽しみです。
多分鶴見和子さんんがふれてらっしゃると思うのですが、郡上紬も草木染めでその色の変化が楽しめます。

フィリピンの織物も帯になりそうですね。そのままざっくりとした帯としてもいいし、ちょっと南国系の色で大胆な絵を描いてもらっても素敵なのでは?

あかねさんの帯 きものに良くあってますね。 いつも色使いが素敵です。

個人宅での展覧会

個人宅でこれほどの展覧会をなさるのですか。それぞれの写真がとても美しいですね。その中で、秋らしく取り合わせされた弘法さん出身の小紋も嬉しそうです。
ヒメさまのコメントの、
>植物で染めたものは時間の経過とともに色が変化して
という部分がとても印象的でした。

血(知)のかよったきもの!

あかね様

「いのちを纏う」お読みくださったのですね。ありがとうございます。もともとake様のご紹介ですが。

 ところで・・

ここに3枚の藍染の小さい布があります

麻の2枚が正真正銘の藍染なのは確信があるのですが、もう一枚のつむぎの絹布もやはり本藍でないとこうゆう品位は出ないのではないかと思います。

みな古い着物で洋服を作ったらしいあとのあまりきれです。

着物の生地で作った服を売っているお店で一袋いくらのはぎれの袋にはいっていました。

よく見ると、耳が違います。
絹のはとてもスッキリした耳、
麻の男ものみたいな細かい絣のはよろけた耳です。手織りの証拠ですよね。

そしてわたしが一番好き!と思っている麻布の耳は3ミリくらいずつのおひげが生えたようになっています。

なぜ、こうなっているのだろうと布をすかしたりしていたら、あっと驚きました。1ミリくらいの絣の点々(1センチのうちに4~5個)の線がが1センチくらいの間隔で斜めに交差しているのです。そしてその四角い菱形のなかに3~4ミリ四方の小さい四角、その四角の真ん中に一つずつ絣・・・。

もう、その精巧さにびっくりしました。

耳のおひげはこの線や四角を合わせるために緯糸を微妙にずらした結果ではなかろうかと・・・・。

そして、うれしいことにこの布はすぐにそれとわかる艶があります。

ひょっとしたら仕上げに砧で打つ、かの宮古上布のはしきれではなかろうかと???

宮古上布をご覧になったのですね。3時間もあかねさんを引き止めていた布私も拝見したかったです。

作家さんはどなたでしたか?婦人雑誌では新里玲子さんや中曽根みちこさんのお名前をよく見ます。

布に込められた「いのち」を思うとき、そこにかよっている血(=知)が滞らないような着方をしたいと思いました。

*あかねさんの帯、ちょうど私が欲しいと思っていたような帯です。

あかねさんに身に着けてもらって、しかも素敵な紬とあわせてもらってこの帯もどんなにか喜んでいることでしょう!

       10月16日 うや

いつもながら・・・

あかねさま 秋のパリに溶け込むようなコーディネイト・・・
お着物の深いお色に 帯柄のお色が繋がり
白い余白が凛とした雰囲気をかもし出していますね~v-353

いつもながらの素敵な着こなしv-425

個人のお宅での展示会で さらに深まる布への関心
一つ一つ身に纏いながら 作られる過程へと想いを馳せ
大切に次世代へバトンタッチできますようにと思います。

私もこちらの本が届くのを待っているところです。
明日・・・届くかしら~

おおおー

すごいな。
この色、そして柄!
渋い!渋すぎ!
大胆さがあるやん~

うちのオカンもね、京都市の仕事で和裁やっててね。(今は病気して辞めたけど…涙)

国宝の反物とか家によくあった。
これ売りにいったら家も建てられるらしい…
とかよくいってたよ。

なんか俺だけ文化的なコメント全くしてへんね。

*夢ごこちさんへ、
もう帰ってきて一ヶ月以上経ちました。早い早い。夢ごこちさんの方は更新毎週木曜日ですよね。お邪魔させていただいてます。
バトン、こんなお粗末な内容でドキっとしていただなんて恐縮です。。(笑)

*椿姫さまへ、
こんにちは。又一時帰国されるのですね。私も12月の半ばから帰ることに決まりましたが悲しいかな前回と同じで21日も25日も京都にいないんです。。

この帯は中古品だったので綺麗だったのですが、着物は一つシミがあるんです。綺麗にしようとパリでベンジンを探したのですが、「ドライクリーニング用・石油F」というのしかありませんでした。まぁベンジンも石油で基本的には同じことみたいなのですが、Fというのが気になります。Bっていうのもあるらしいんです。。
ロンドンではベンジン、売っていますか?

*いしのすけさんへ、
この着物、いしのすけさんの(銀座に皆さんとお集まりの時に来ていらした)単衣紬を見て「秋らしい素敵な色だなぁ、こういうの欲しいなぁ」と思っていたら、ふとこの着物のことを思い出して引っ張り出してきたんですよ。

読み応えのある本でしたよね。次回帰国するときは志村さんの「たまゆらの道」を探してみようと思っています。

バトン、面白いですね、そんな反応していただけるなんて。以外でした。^^

*ヒメさまへ、
こんにちは!
本当に宮古上布が綺麗で、一緒に行った織物をしている方が「日本でもなかなかあそこまでの物をあんなにまとまっては見れない」とおっしゃっていました。その上おっとりとされた優しい女性の作家さんだったので私、恐れ多くもかなりお話しをしてしまいました。なかなこういう機会には恵まれないかもしれません。

そういえば本のなかで草木染めの色の変化にも触れてらっしゃいました。革が使ううちにいい飴色になってくるようなものなのですか?それともやぱり自然に淡くなっていくのでしょうか?その変化が楽しめるなんていいですね。

そうなんですよね、このパイナップルの織物も素敵ですよね。フランス人の方なので掛け物みたいな感じで柄も織り込みながら3,4、メートルのものを基本的に作ってらっしゃるようですが、帯にもよさそうですよね。フィリピンでは高級シャツにしているそうですので、お着物にもいけるんではないかな、と思っているんです。

*harukoさんへ、
おうちもアトリエ風でとても素敵でした。一年に一回は織物をテーマに展示会をされていらっしゃる日本の女性の方なんです。来ていらした知り合いの方も美術館関係や服飾関係の「美に敏感な大人の女性」っぽい方がほとんどでとてもいい雰囲気でした!

*うやさまへ、
ちょうど一時帰国の際にタイミング良く薦めていただき本を求められてよかったです。ありがとうございました。

なるほど、端切れでそのようないいものが売られているのですね。どうしたら本藍だとわかるのでしょう?今の私ではまったく無理そうです。。耳がよろけていると手織りなのですね。

それにしてもそんなに精巧な技術を使って十数メートルの反物を織り上げるなんて本当に感心します。心を込めていないと、手の器用さだけでは出来る業ではないですよね。

艶で打たれたかどうかもお分かりになるのですね。私にはまだわからないと思います。。そういうお話を聞くともっと色々な織物を見て勉強したくなります。

うやさん、さすがです。作家さんは中曽根みちこさんとおっしゃる方です。とても優しい雰囲気の方でした。

*sachikoさまへ、
お着物褒めていただきありがとうございます。sachikoさんのお持ちのものは私が憧れる素敵なものばかりですのでとても嬉しいです。

個人でこのような展示会を企画されるのは見てる側からではわからない苦労も多いと思いますが、小規模でも大切なことをされていると思います。

sachikoさまもオーダーされたのですね。又本棚に一冊同じ書籍が増えますね。

*げんくんへ、
そんなに渋い?渋すぎるかな?

そうやん、お母さん和裁士さんしたはったんやね。京都で教えてもらいたかったなぁ。もうまったく止めはったん?

でも家が建つ反物ってすごいね。作家さんで「マンションが買えるくらい着物を買った」って書いたはった人がいたけど、うちは貧乏症でよかったわ。ていうか貧乏でよかったわ。

ちなみにこの渋い着物では叡山電車往復切符も買えません。

自然のもの

天然の素材は、「使う」ではなく
「命を分けていただく」…という
感覚なんでしょうね。

あかねさまのコーデ、すっかりツボです♪
ワイン色というのかしら、好きです(^-^)b
特に更紗柄の帯。更紗好きには堪りません。

拙blogにブックマークさせていただきましたm(__)m

作家さんのお名前

あかね様 皆様

作家さんのお名前の漢字間違えました。正しくは「仲宗根みちこ」さんです。ごめんなさい!

ところで、藍染めも艶も、たぶんこれが○○ではなかろうかと想像しているだけなんですよ。それにしてもあこがれの宮古上布!薩摩絣、薩摩絣とさわいでいたのにまたあこがれがふえました。
        10月18日 うや
下のURL 開けられるかどうかわからないけど仲宗根さんに関するものです。

http://www.bekkoame.ne.jp/i/atamidaido/kaku_mises0507.htm

*やっぴーさま、
こんにちは!ありがとうございます。
やっぴーさんも更紗お好きですか。私も大好きです。この前お披露目されていた帯もそのような感じのものが多かったですよね。

年末インドに行く予定をしているのですが、帯にしたい布が沢山目に止まりそうです。

リンクありがとうございます。私もさっそくさせていただきました。(でもどうしてもタイトルの星マークが出てくれなくって。。どうしたら星マークがちゃんとうてるのでしょう。。)

*うやさま、
「仲宗根さん」ですね。^^ありがとうございます。
加賀さんがお召しのものも素晴らしいですね。もぅ、憧れてしまいます。加賀さんの一枚目の桃色に鼠色縞のお着物は展示会にあった見本の一枚(3枚目の写真の一番左側)にとても似ていますね。

青山の八木さんも大変お気に召してらっしゃるそうですね。次回東京に行くときは一番行きたいお店です。

そういえば仲宗根さん関するこのようなページも教えていただきました。
http://www.cosmos.ne.jp/~miyako-m/htm/sunday/050327.htm

宮古上布再び!

あかね様

新井です。

宮古上布に関する記事を見つけました。

「匠の技と心 宮古上布」とgoogle
検索で入れてみてください。一番上にあります。URLをご紹介しようと思ったのですが、利用規定がありそこが開けられませんでしたので。

昔ながらの宮古上布の製作過程が砧打ちまで紹介されています。

仲宗根さんのは新しい宮古上布ですね。どちらも苧麻を使った点は変わりありませんが。

もうひとつ、昔ながらの宮古上布を求めて(たぶんアンティーク)を自分で
手をかけて、いろいろな帯にあわせた画像が「中ざくらの着物部屋」としてこれまたgoogle検索の一番上にあります。
着物ブログみたいなんですが・・・。

着物に関する興味はつきませんね。

おっと!やるべきこともやらねば!

   10月25日   うや

*うやさま、
こんにちは!宮古上布に関するリンク、どうもありがとうございます。
本当に気の遠くなるような手間をかけて出来上がるんですね。しゃきっとしているのに透明感のある独特の宮古上布はこんなプロセスを経てのみ作られるのでしょうね。

夢は大きくいつかは仲宗根さんの作品に袖を通したいですが、中ざくらさんのようにアンティークで上手く探して仕立て直しするのももう少し現実味のあるオプションですね。

鶴見和子さん

べ平連の鶴見俊輔氏のお姉様、鶴見和子さんは、残念ながらつい最近なくなられましたが、社会学者で、長く上智大学の教授を務めていらっしゃいました。南方熊楠や柳田国男の研究で知られ、地域住民の手による発展を論じた「内発的発展論」が有名です。いつもお着物をお召しになっていて、もんぺをはいて、研究にたずさわっていらっしゃったようです。ご本で拝見した鶴見さんがお召しだった鶴の大島の素晴らしかったことは、絶対に忘れられないと思います。
話は変わりますが、あけみさんの弘法さん出身の赤色紬と唐花模様名古屋帯、とてもよくお似合いで、ため息が出ます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hannariparis.blog39.fc2.com/tb.php/60-ee7e261b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。