スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレエ 「椿姫」 Opéra Garnier 

秋である。学校では新学年が始まり、劇場では新しいシーズンの開幕となる。パリ・オペラ座、最初の演目の一つは「La Dame aux camélias(邦題:椿姫)」。「三銃士」などで有名なアレクサンドル・デュマの実息子、アレクサンドル・デュマ・フィス(Alexandre Dumas fils、1824-1895)の小説をもとにしたバレエである。

camelias(3).jpg

19世紀パリの社交界の設定に魅了されながらも私が少し複雑な気持ちになるのは、この小説が作者の実体験に基づいていると聞いたからだろうか。ヴェルディが「La Traviata(椿姫)」と題してオペラ化したこの作品は23歳で亡くなる高級娼婦(コルティザン)と年下のブルジョワ青年の悲恋を描いている。

「彼女は細くて背が高く、黒い髪を持ち、白とバラ色の小さな顔には日本人のような少し細長く艶のある目があった。」椿姫のモデルとなった自分の恋人をデュマ・フィスが描写した文章である。華奢なブルネットのエトワール、Agnès Letestuはうっとりと見惚れてしまう椿姫を演じてくれた。John Neumeierの振り付けとショパンの音楽に踊るJürgen Roseの衣裳もため息をつく美しさである。

camelias(4).jpgcamelias(5).jpg

一方、私の衣裳はというと、
「おばちゃん、もうちょっとまけて」
「ほんならもうこれ持っていきよし」
去年の終い弘法にておまけとしていただいた反物で仕立てた単衣である。縁日で売れ残っていたこの子がオペラ座のバルコニー席に座っている。出生がおぼつかない私の着物の中でもなかなかの出世頭なのではないかと思ったりした。
スポンサーサイト

コメント

椿姫と聞いては

バレエでも黙っていられない私、又お邪魔します。
この戯曲のモデルになった女性は、当時パリで人気のあった女性だと聞いています。娼婦であっても高い教養を持って文化サロンを支えていたのが彼女たちだったそうですから。

私は中学生の頃に世界文学全集の一つとして読んだのですが、なぜかこの物語に惹かれました。それが今ロンドンの椿姫と自称している理由です。ちょっと前に英語訳で久し振りに読み返したら、当然オペラとは少しちがっていましたが、可哀相なマルグリット・ゴーチェ(オペラではヴィオレッタ・ヴァレリー)にまた涙してしまいました。
原作ではマルグリットが死ぬ場面にアルマンはいないのですが、それでは盛り上がらないので、きっとオペラと同じように最後は再会するのでしょうね?

このすっきり渋いお着物、反物から仕立てられたのですね。初めて袖を通すときの気分は格別でしょうねえ。

エレガント

ロンドンのオペラでみた椿姫よりもお写真の方がとってもエレガント!
椿姫をみた時恋人の父親に説得されて身を引くなんて、歌舞伎と一緒じゃ~んとオペラにぐっと親しみを持ちました。

おきもの 着てらっしゃるところを拝見したかったわぁ~
薄いブルーグレーの柄なんでしょうか
地色は白ですか?
帯と色があってますね。
シックな取り合わせで椿姫の哀れを表現しているようです。

*椿姫さま、
ようこそ!お待ちしておりました。
そうですね、モデルになった女性はコルティザンで高級娼婦と訳すしかないようなのですが、芸者は娼婦ではない、という意見に通じるところがありますね。本文にもコルティザンという言葉を足しておきましょう。

椿姫にはそのような思い入れがあったのですね。このバレイはかなり原作に忠実なようで名前もそのままなのですが、やはりロンドンで再会していました。その時のダンスが美しく、思わず涙をしてしまいました。

今年は最初がバレイの椿姫、シーズンの最後がLa Traviataで、椿で始まって椿で終わるんです^^

しつけ糸を外すのが下手なのですがやっぱり新しい着物は気持ちがいいです。しつけ糸ってどうしたら綺麗に着物を傷めずに外せるのでしょう。。。

*ヒメさま、
ははは、歌舞伎と同じですか?
結核で亡くなる椿姫、やはりほっそりしていた方が説得力がありますね。その点、オペラはバレリーナほどの華奢な女性を探すのは大変かもしれないですよね。

この着物の色は薄い水色なんです。写真だと少し曇って見えていますね。でも2色使いの着物って色無地よりも帯合わせが難しいと思いました。私の洋服感覚だとこれを着るときはブルー系にするしか仕方がない。もう少し着物らしい色合わせにも憧れるのですがなかなかそれは変わりません。

パリにいながら、オペラや芸術にめっぽう縁のない私ですが、この写真1枚でグッと
引き込まれてしまいました。指先からつま先まで神経が行き届いて美しいですね。

余談ですが、映画はカラーより白黒の方が印象に残ったりします。本当余談ですね。

オペラでも歌舞伎でも、切ない悲恋が人の涙をそそるのは世界共通なのね…と
感じていたところで、

「出生がおぼつかない私の着物の中でもなかなかの出世頭なのではないかと思ったりした」

というくだりが来て、クスッと笑ってしまいました。

このあかねさんのセンスが好きです(´▽`*)

スキッとした色合いのお着物、スタイルのいいあかねさんにさぞや映えることと
思います。

椿姫・・!!

あかねさん、こんにちは。まあなんと美しいバレリーナのお写真でしょう・・鳥肌がたってしまいます。ガルニエでバレー、たった一度の体験でしたが本当に印象に残る観劇でした。私も少し観劇に力を入れていきたいと思う、秋の夜です(^^)

ところで、こちらのお着物、おまけなのですか?!すごいですね!すきっとモダンでお似合いになりそうですね~!以前にも弘法さんの戦利品をお写真で見せて下さっていた時がありましたよね・・ええ!すごい!!素敵!!!と思っておりました。

またこれからの季節のあかねさんの着姿も楽しみにしております♪

*sayagataさん、
こんにちは!
いつも2回同じコメントを残したりしてすみません。。悪気はありません。。

いつもsayagataさんの美味しそうな写真と解説、楽しみにしております。

ね、この写真綺麗ですよね。私も写真は大抵白黒のものしか惹かれないんですよ。

12月はガルニエでバレイのジゼルがあります。もし機会があれば行かれてみては?

*いしのすけさん、
こんにちは!
いしのすけさんはガルニエでは何を見られたのでしょうか?

そうなんです。反物はおまけとしていただいたんです。ポイっと投げられて(笑)でもポリエステルですから。淡い色が気に入ったのですが、いしのすけさんの今アップしてらっしゃる素敵な艶感のある紬を見て「秋はやっぱりこういう色だなぁ」としみじみ思いました。私のは6月様にした方が良さそうですね。

私好みよ~!でも、

あかねちゃんには地味目よ!もっとはんなり系にも手を出してね(笑)
そのまま京都に宅配して~!私がすご着られそうなものだわ(笑)。
この手のグレーのシマシマをゑり善セールで誂えたんだけど...お買い物がお上手よ。
http://blog.goo.ne.jp/ake149/e/4bf21c5befef9e601d45c5883a98a3b5

表現がもう文学だわ~!

追伸、
出生がおぼつかない。。。。オペラ座のバルコニー席にいる子に乾杯!

ガルニエでバレー♪

あかねさん、こんにちは!
私が唯一ガルニエで見たのは、マリー・アニエス・ジローの「嵐が丘」なんですよ♪♪日本からオペラ座のサイトで予約して・・

旅行の日程の都合にあう、かつ空いてる演目、かつ母が一緒だったこともあってあんまりにもモダンじゃなさそう、と選んだだけで、演目のこと何も知らずに行きました。そうしたら案外にモダン!そして存分に面白かった!

モダンバレーを初めて見たのですが、重厚なガルニエの舞台にモダンバレーという組合せがまた素敵で、バレーのこと何もわからないままに、素直に舞台を楽しめました。母にはもしかしたらモダンすぎるかしら?と思ったら、母も面白かったみたいです!

その時に初めてガルニエ内部に入ったのですが、圧倒されました(笑)。夜の公演だったので、ほの暗い灯りに浮かび上がる豪華絢爛・・日本の陰影礼賛とはちょっと(だいぶ)違うけれども(笑)、本当に美しい場所でした♪♪

椿姫!

椿姫!
実は、読んだ事がありませんので、Amazonで購入しようか思案中です。
弘法市で「持っていきよし!」と言われた反物が、パリのオペラ座のバルコニー席とは・・・
身に纏ったあかねさまのお姿を、拝見したかったです。
民族衣装って、本当に良いですよね。

椿姫

この写真キレイやね。
「椿」といえば資生堂を思い出すのは職業病なんやろか…

バレエは何にもしらないけど
「椿の姫」ってところから煮詰まっていた今、なんとなく良いアイディアが出てきそうです。

ありがとう。

*akeさま
そういえばこの着物akeさん風かも!ゑり善さんのお召し物も素敵でした。akeさんは自分のスタイルを築いてらっしゃるから。もうお買い物で失敗なんてないんじゃないですか?私なんて購入後に「こんなのいつ着るんだろう」とか「こんなの何に合うんだろう」なんてしょっちゅうです。。

*いしのすけさん
そうですか、「嵐が丘」をお母様とご覧になったのですね。前のシーズンでも公演していました。私は見たことがないんですよ。

それにしても本当にガルニエは歴史あるオペラ座なのにアバンギャルドなものをよく取り入れて感心します。母が来てるときはとりあえず毎日観劇なのですが、たまたまガルニエで見たモダンダンスがちょっとすごかったんです。「わーこれママ引いてるだろうな」と思って引いていた私ですが後で母が「今回見た中で一番面白かった!」とか言っていてめでたしでした。^^

*真美さま、
私も偉そうに書いていながら実は原作を読んだことないんですよ。(笑)でも椿姫さんのコメントを見て、次回本屋さんに行ったときは手にとってしまいそうです。

今回は着ているところを撮らなかったんですよ。脱いだ瞬間にあ、忘れた、うーん、もういいや、となってしまって。。ちょっと後悔です。

*げんくん、
椿油を使った資生堂のシャンプー、TSUBAKI?
はい、職業病です。(笑)

椿って品質改良しやすくて今は世界中にあるみたいやけど元々は日本原産なんやってね。

「椿の姫で煮詰まってた」って何々?「良いアイデアが出そう」。。うーん、よくわからへんけどとりあえずよかった!

バレエ、観たかったのですけどなかなか機会が無く
昨年ようやくギエムのボレロでバレエデビューしました(遅っ)。
それまではバレエマンガばっかりで…(^-^;
お着物着てバルコニーで鑑賞なんてステキです♪
それも終い弘法のオマケ~!?(@0@)
ビックリですよ。

Myクラシックビデオコレクション(300本)のなかにパリオペラ座のバレエ(ギエムのシンデレラとかチャイコフスキーものなど)もあり、時たま観ています。

最近、ブログのネタが美術ばかりになってますので、あかねさんのこうした音楽話しを読みますと、こちらもオペラやクラシックを復活させようかなと思ってしまいます。

椿姫のバレエは見たことありませんが、オペラはかなり楽しんでます。いつかミラノスカラ座でこれを観るのが夢なのですが、実現しますやら?

チケットがとれる確率を思うとやはり無理かなとあきらめの気分が先にたち、実際のアクションにつながりません。オペラ座のチケットは○○フラン?入手するのは簡単でしょうか?

ワタシもバレエ好きです♪
自分はやったことないし・・観たのもNYで3~4回ですが
もぅ同じ人間とは思えない あの美しい動き。
感動しました(*^^)

着物の生地がホントに素敵!!

*やっぴーさま
私もバレイは数えるほどしか見たことないのですが、いつも少女のように美しい世界に酔ってしまいます。
ところで。。バレイ漫画ってなんでしょう?

*いづつやさま、
300本ですか?すごいですねぇ。そんなコレクションがあるなんて。いづつやさんのブログにはオペラのカテゴリーもありますものね。

私もミラノスカラ座は行ったことがなく、本当に憧れです。パリのオペラ座はもちろん演目にもよりますが、決してチケットは取りにくいものではないですよ。イタリアは国中にいいオペラ座が散らばっている代わりに今でも数家族が多くの席を握っていたりする、とイタリア人の友人から聞きました。フランスは文化がパリに集中してる代わりにパリではとてもデモクラティックな仕組みになっていると思います。

*Sayuさま、
NYのリンカーンセンターでクリスマスシーズンの「くるみ割り人形」ご覧になりましたか?
バレイってやっぱり素敵ですよねぇ。

あかねさま♪

初めましてきもの暦のsachikoです(●^o^●)
akeさま繋がりでお邪魔してはいたのですが・・・
初めての書き込みです♪

あらら・・・残念! 今回も楽しみでしたのに
いつも素敵に纏っていらっしゃいますもの。。。

バレイ・・・子供の頃レッスン受けていて 好きなのですが
なかなか見に行くチャンスがありませんでした。
皆様のお話としなやかでエレガントなお写真拝見して
一人でもお出かけしましょう~♪ と思いました。
きっかけをありがとうで~す(●^o^●) 

バレエ漫画

あかねさまは漫画読まれたりします?
私が覚えているものでは
「アラベスク(山岸凉子)」や「SWAN(有吉京子)」
「NY☆バード(槙村さとる)」などですね。
いまはファンの山岸さんの「テレプシコーラ」というのを読んでます。

*sachikoさま、
ようこそ!
書き込みどうもありがとうございます。

小さい時習われていたのですか?いいですね。やっぱり憧れます。私の姉がずっとバレイに憧れていたのに小さい時習わせてもらわなかったようで、私が生まれてから「あかねにも習わせないよね」と親に釘を刺したと聞きました(笑)でも万が一お稽古をつけてもらっていても、私の体の硬さではどうしようもなかったでしょうけれど。。

*やっぴーさま、
なるほど、バレイ漫画がそんなに。。エトワールになるまでの少女の波乱万丈なお話、とかなんでしょうか。国立バレイ学校の生徒同士の争いとか。。勝手に想像で突っ走ってすみません。でもすごく面白そう!

フランスでも日本漫画人気はすごいです。外国では日本漫画売り上げ一番だそうですね。

あかねさん、こんにちは。

私…恐れ多くも、あかねさんにバトンをお渡しして
しまいました(>_<*)
(TOPページ2つ目の記事です)

といっても、こちらのステキなブログの趣旨に全然
合ってませんし、今までも色々スルーされてきた
と思うので、今回ももちろん、無視して頂いて
構いません!

取り急ぎ、ご報告まで。

あ、それから、リンクを貼らせていただいて
宜しいですか?
(すっかり貼らせて頂いているものと思って
おりました)

*sayagataさん、
こんにちは。
バトン。。初めて回ってきました!
さっそくお邪魔しますね。

リンクはもちろん、喜んで。
実は私の方ではお断りせずに貼らしていただいていました。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hannariparis.blog39.fc2.com/tb.php/59-9ff23741

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。