スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラ公演「トスカ」 Royal Opera House 

日本ほど成功している社会主義国はないと言われるほど日本は無階層の社会だということを良く耳にする。それに比べてヨーロッパにはまだ根強く序列階級意識が残っているという。文化の歴史においても日本は庶民文化といわれるものが大変洗練され芸術の域に達しているのに対し、ヨーロッパでは芸術と呼ばれるものはあくまで上流階級のみに握られてきたということだ。

roh(1).jpgroh-(4).jpg
Royal Opera House, London

同じヨーロッパでも現在はこれといった特権も無いフランスの世襲貴族に比べ、イギリスでは今でも貴族階級と支配階層が一致しているようだ。ロンドンでの最後の夜にイギリスの上流社会を少し覗かせてもらえるイベントに連れて行っていただいた。昔は上流階級の社交場であったロイヤル・オペラ・ハウスでのガラ公演である。女性はイブニングドレスが多く男性はタキシード姿も混じっている。私達4人は着物姿で対抗した。私の着物は浅黄色の絽付け下げである。

roh(3).jpgroh-(2).jpg

このガラ公演の直後にこれこそまさにイギリスの社交界の大イベントである英王室主催のアスコット競馬が開催されていたようだ。正装に帽子着用が義務付けられている。西洋では競馬は単なるスポーツやギャンブルとしてでなく音楽や絵画などの主題として取り上げられており競馬場は19世紀から上流階級の社交場としての役目も果たしている。

hermes(1).jpg Prix de Diane Hermès. Hippodrome de Chantilly

競馬といえば毎年6月の第2日曜日に開催されるフランス・パリ郊外のシャンティイー競馬場のディアンヌ・エルメス杯(Prix de Diane Hermès)に去年お呼ばれしたのを思い出した。このイベントも男性は上着、女性は帽子着用とドレス・コードがあり、女性達はアスコット同様、帽子の美しさを競い合う。実は何を隠そう、私はこのエルメス杯に生まれて初めて自分の着付け姿で出掛けたのだ。自分の着付けで外出できるようになった一周年をめでたくもロンドンのガラ公演で椿姫さん達と迎えた事になる。

IMG_9234.jpgIMG_9245.jpgchantilly1.gif
hermes(2).jpg Prix de Diane Hermès. Hippodrome de Chantilly

ヨーロッパの階級制度に話しを戻すが、江戸時代の日本で総人口の5~6%が武士であったのに対し、革命直前のフランスでは僧侶・貴族は総人口の0.5~0.6%であったという。このほんの一握りの特権階級のために残りの無名の庶民たちが働き、芸術文化を作り上げていったのだと思うと少し複雑な気持ちである。
スポンサーサイト

コメント

ご一緒できて嬉しかったです

私はロイヤルオペラハウスにはしょっちゅう行きますが、このガラ公演は私が長い間楽しみにしていたイベントでした。大好きな歌手が出るオペラ自体のみでなく、着物姿で正装の紳士淑女に混じる(そして目立つ)機会は少ないですからね。幸い理想的な席が4つ買えて、どなたとご一緒できるかしらとワクワクしていたところ、あかねさんが丁度歌舞伎を観にロンドンにいらっしゃると聞いてお誘いしました。このためにロンドン滞在期間も伸ばして頂いてありがとうございました。あかねさんのような素敵な若い方がご一緒して下って感激でした。妙な天気でしたが4人で楽しかったですね。

フランスにもイギリスのアスコットとよく似た上流階級と競馬イベントがあるのですね。走っている馬の背景がいかにもフランス風の美しい建物なのがさすがです。
イギリスとちがってフランスには公式には貴族はもう存在しなくても、昔からのお家柄の人たちの意識は大して変わっていなくて、こういう伝統イベントも続いていくのでしょう。伝統文化の継承には特権階級が必要なのだと思います。

あかねさんは一年前にこの競馬のお出掛けでパリで着物を着ることに目覚められたのですね!私は2年前のロイヤルオペラハウスのやはりガラ公演でした。お互い何かそういう特別な行事でもないと海外で着物を着るキッカケないですもんね。そして私たち二人ともハマってしまったわけですが。

この日のことを書いた記事をTBさせて頂きました。

東西の競演

こんにちは。
皆さんの着物姿もすばらしいですが、競馬場の女性たちの帽子がまた煌びやかですね!
同じ場所にいたらまさに東西の競演ですよね。
しかもあかねさんの着付けが一周年というのは本当ですか?
あまりにも綺麗に着こなしていらっしゃるので、てっきり10年以上のベテランだと思っていました…!

素敵にお揃いのガラ公演!

あかねさん、こんにちわ♪

椿姫さんの所でも拝見いたしました、こちらのガラ公演のあでやかな皆様の着姿のお写真・・きゃ~華やかですね!また皆様お色がそれぞれで、それがとってもマッチしていて、素晴らしいです♪♪

あかねさんの着姿、刈安色かしら・・の帯締・帯揚が、お着物の鮮やかな浅黄色にとっても効いていますね、なんともいえず素敵~!!それにお鞄もとても気になりました・・とてもお洒落ですね♪♪

エルメス杯のお写真も、楽しませて頂きました☆☆帽子で遊ぶ・・なんとも楽しいお洒落ですね。あかねさんはお着物でお出かけされたのですね・・きゃ~楽しそうです☆☆

それにしても、本当にお出かけ1周年というのが、びっくりです!ものすごくしっくりと着こなされていて・・私は外出中にどんどんボロボロになっていきます(笑)!

絽の附け下げ

ロンドンでの附け下げ姿、とても綺麗です。
確かにヨーロッパは、今も階級社会なんでしょうね。
日本も最近は、貧富の差が大きくなり、しかも固定化しつつあると言われますが、ヨーロッパ程ではないのでしょう。
アスコット競馬のお帽子は、皆さまこの日の為にお誂えになるんでしょうね。

いつも更新を楽しみにしています。ところで今年の夏は日本に帰って来ないのですか?

あかねさま

うやです。

ガラ公演の着物すがたいいですね~。

それが4人も揃ったのですから。こういう場で着物を着るのはすばらしいサービスになりますよね。

ところであかねさんのバッグすてきですね。これ以上写真が大きくならないのでよくわからないのですが、竹に漆塗りかなんかですか?

夏らしくて、うすもののお召し物とともに日本人の季節感をつたえる装いだと思います。

東京ではまだ梅雨があけません。集中豪雨の地方もあります。

ロンドンでは大雨にあわれなくて幸いでしたね。

  着物一周年に敬意をはらいつつ

           うや

*椿姫さま
やっと、この日の事をアップしました。椿姫さんの華麗なる更新速度に比べて私のブログは本当にのろまな亀ですね。オペラの内容も下手な事を書くとボロが出るので、椿姫さんのページにリンクさせていただきました。

エルメスがスポンサーのディアンヌ杯はファッション関係の人も多くてたぶん王室主催のアスコットに比べると、敷居が低いのでしょうが、それにしてもとても素敵なイベントでした。後ろに見えるのはシャンティイー城です。

一通り着付けを教えてもらったばっかりの頃で2時間半くらいかけて着付けをしたんですよ(笑)

*夢ごこちさん、

こんにちは。そうなんですよ、ちょっと知ったようなふりをしているのですが、まだまったくの着物よちよち歩きなんです。

この時の帽子は本当に目立つが勝ち的な部分がありますね。普段では到底かぶれないようなものばかり。でも見ていて本当に楽しかったです。

*いしのすけさん、
椿姫さんのところでは一ヶ月以上前にもうこのガラの事を書いてらしたので私の更新の遅さがばれますね(笑)

このような色、刈安色っていうのですか。夏物の帯締め、帯揚げはまだ数が少ないのですが、この色はとても愛用してるんです。

エルメス杯の時は私以外にはもう一人だけ蝶々の柄の夏物を着た女性の方がおられました。後は帽子、帽子、帽子。。シャンティイー城はとても綺麗で馬のレースも迫力があるのですが、この日ばかりはお城よりも帽子。馬よりも帽子でした(笑)

*真美さま
どうもありがとうございます。
ディアンヌ杯は毎年テーマがあるのですが、それに合わせて帽子を選んだり、誂えたりされるようです。クラシックなものよりも遊び心いっぱいのものが多いようです。とても印象に残っている女性は焼けた肌にシンプルな白いワンピース、帽子は真っ白に染めたダチョウの羽を何十本も使ったものでたぶん直径2メートルくらいあったんです。歩くたびに羽がゆれて本当に綺麗でした。

*西尾先生
こんにちは!読んでもらっていたとは知りませんでした。嬉しいです。
今年も出張の後に少し残り、8月の終わりから京都に行きます。又ご連絡しますね。

*うやさま
こんにちは。ありがとうございます。
このかばんは決してアップでお見せできるようなものではないんですよ(笑)藁をひらたく編んだ5cm幅くらいのストリップを交差して出来ているとてもシンプルなデザインのバスケットなのですが、夏になると毎年愛用していたので端がもうボロボロなんです。それにこれはもともと学生時代のルームメイトが「もういらない」と言ってゴミ箱に入れかけていたのを救い出したのでかなりの年季が入ってきているんです。デザインがとても気に入っているのでどこかにオーダーできないかな、と思っているのですが。平べったいので特に使い勝手がいいものではないのですが愛着があるので、使えるまで使おうと思っています。

浅黄色と刈安色

こんにちは、あかねさん。
素敵色の着物と小物ですね。
夏に相応しい浅黄色の爽やかな着物をグット渋い刈安色の帯締めが引き締めててコーディネイトの仕方に感心のため息がでます。
皆さまがおっしゃるように着付けもとても綺麗です。とても一人でお召しになったようには見えません。
ご自分で着られるどうしても何処かに緩みが出る方が多いように思います。少し、着崩したような、、、着付けていただいてもこんなに綺麗なシルエットになる方は少ないと思います。
あかねさんの体系がしっくり着物にお合いになるのか着付けがずば抜けてお上手ですね。

>愛着のあるので、使えるまで使おうと思っています。

バスケット、あかねさんに救ってもらって役立つようになってきっと喜んでいますね。そういう考え方って好きです!

競馬場での帽子も有名ですね。ダイアナ妃が生存の頃には日本の雑誌にも取り上げられていたのを覚えています。
私も1年程乗馬をしていましたが2度程落馬をしてしまい、やはり怖くなって止めてしまいましたが、美しい馬に颯爽と乗ってみたいと今でも思っています。

*アーミさま、
こんにちは!
着付けを褒めていただき、どうもありがとうございます。

おうちが呉服屋さんの私の幼馴染は着付けについて、きっちり着すぎなのも着付け教室から出来てたばかりの初心者のようであまりかっこいいものではないと言うんですよ。確かに私の知人で、もうかれこれ数十年間いつも着物で通している方はゆるゆるに着こなしておられて、とても素敵なんです。でも私がそんな着方をしてもだらしなく見えるだけなのでしょうし。。自分が落ち着いて似合うスタイルを見つけれるのが一番いいのでしょうね。

バスケットはあまりにも古くて手荒く扱っているので、喜んでくれているかどうか。。(笑)

乗馬をしてらしたのですか。落馬されたなんて大変。ヨーロッパでも贅沢なお稽古事で周りで習っている友人が数人だけいますが日本ではもっと珍しいのでしょうね。

あかねさん、こんばんは。

んまー、なんと美しい建物、そして着物の女性たち。
夏らしい色合いで、見ているだけで涼みますね(´▽`*)

庶民を地で行っている私なので、社交界なんて程遠い世界
ですが、こうしてあかねさんのブログから垣間見させて
いただくのが楽しいです。

帽子!すごい(゚д゚*)!
頭が重くなりそうですね。

ところで、ご自身で着付け1周年と伺い、なんとも驚きました。
てっきり、もう10年くらいご自身で着られているものと
思っていましたよ。だって、いつも生地がピンと伸びて
キレイなんですもの!

*sayagataさん
こんばんは!
ROHの建物はイギリスのおうちに付いている温室やグラン・パレを思い起こさせるガラスのファサードが素敵ですよね。
このようなイベントは私はあまりご縁がないので、その時に着るお着物も含めてとてもいい経験と思い出になりました。
着付けお褒めいただきどうもありがとうございます。嬉しいです。もうちょっと早く着れるようになれればいいんですけど。。1年目は安物衝動買いが多かったので2年目はもう少し計画的にお着物を揃えていけたらいいなぁと思っているんです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hannariparis.blog39.fc2.com/tb.php/52-987c1f48

天気の変わり目に着物でオペラハウスのガラ公演へ

6月13日はロイヤルオペラハウスでも滅多にない正装ガラ公演。もちろん着物で行くのですが、いつもの着物仲間のカルメンさんの他、日本からいらした春さんとパリ在住のあかねさんさんがジョインして下さって、「細雪」四姉妹気取り。折角だからその前にも何かしましょうよ
  • [2006/07/23 17:26]
  • URL |
  • オペラ三昧イン・ロンドン |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。