スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市川海老蔵ロンドン公演 Sadler's Wells 

海外公演は一昨年のパリでの襲名披露以来だという市川海老蔵を観るため、ロンドン週末旅行を計画したのは今年の頭である。まだ先の話だと思っているうちにいつの間にか6月になり、あれよあれよという間にユーロスターに乗っていた。

london(3).jpg20060531-00000050-kyodo-ent-thum-000.jpg

一緒に行った友人いわく、今までは「歌舞伎海外公演をしよう」から始まり、その後「どの役者が行けるだろう」という順番が一般的であったという。「市川海老蔵海外公演をしよう」という形式が確立されつつあるのはやはり歌舞伎史上において斬新で重要なことであるらしい。
演目は海老蔵が藤の精となって舞う「藤娘」と「色彩間苅豆(いろもようちょっとかりまめ)」、通称「かさね(累)」、敵同士とは知らずに恋人となった与右衛門(海老蔵)と累(亀治郎)が登場する舞踊劇である。6つの英紙に載った劇評に目を通した限りでは「藤娘」よりも怪談演目の「かさね」に感心したジャーナリストの方が多かったようだ。市川亀治朗への賛辞も目立っていた。かさねが亡霊に取り付かれていく様子はあまりにも凄まじく、私などはゾッとしてしまい怪談の効果てき面、まさに納涼歌舞伎であった。

london(10).jpg

海外公演での演目は一体誰がどのようにして決めるのだろう。海老蔵の魅力をイギリスで魅せ付けるという点ではもっと効果的な演目があったのではないかという印象がどうしても残った。今回の宣伝記事などを見ると、海老蔵は今までの團十郎家の役者とは違い女形もこなし、テレビや劇でも活躍中であるということを強調した文章などが目に着いたが、私は何もマルチタレントである必要はないような気がする。海老蔵のような助六役者には荒事を極めて欲しいと思ってしまう私はなぜ「藤娘」と女形が映える「かさね」が選ばれたのかが少し不思議であった。

そういえば一昨年のパリ公演でも海老蔵は「鏡獅子」で可憐な少女を演じていたが、この演目は少女の舞いと獅子の精の勇敢な踊りという対称的な二役を一人で演じ分けるのが見所のためか、その時は感心して観ていたのを覚えている。来年春のパリ・オペラ座大歌舞伎での演目は「勧進帳」、「口上」、「紅葉狩」であるという。歌舞伎十八番の「勧進帳」では團十郎と海老蔵が日替わりで弁慶と富樫を演じるらしい。まだ来年の話だが「待ってました」と言いたくなる。

london(2)2.jpglondon(1)2.jpg

めずらしく30度を超えたロンドン。しかたなく紺色の絽を選び、「藤娘」にちなんで藤色の博多献上に帯締めを合わせた。この着物はすすきや撫子などの秋の草花模様なので本当は8月の後半から暑さの残る9月の頭までの短い期間に着るべきものらしい。

旅行には大体いつも本を一冊だけ持っていくが、今回は海老蔵のお母様である成田屋宗家夫人、堀越季実子さんの本をユーロスターの中で熟読した。着物自慢で終わる本も多い中、品のある文体に、歌舞伎界のしきたりや成田屋の柄や紋などのお話が勉強になる本であった。梨園に嫁ぎ、歳月をかけて培われた「出ず入らず」の装いはためいきがでるものばかりである。住む世界が違うのは承知ながら、本当にいいものに自分なりに少しずつでも触れていきたいという欲を出させてくれた。

4072423874.01._PE00_OU09_SCMZZZZZZZ_.jpg
「堀越希実子の着物ごよみ」
主婦の友社
スポンサーサイト

コメント

藤娘に藤色の帯!

あかねさん、こんにちわ!椿姫さんのところで拝見したあの素敵で涼しげな絽のお着物ですね・・!こういう夏のお着物って本当に素敵です!!帯を藤色にされると、またあまやかな感じで可憐で・・それから御髪が美しくキマっているのが素敵ですね♪

ところで以前記事にされていた、野尻先生の「ローマでお茶を」を読みました。とてもすばらしい女性・・一気にファンになってしまいました。こういう方が欧州でお茶をリードされているとは、本当になんというかもう誇らしく頼もしい事だと感じました!

優しい雰囲気になりますね

藤色の帯と帯締めでまたあのお着物の雰囲気が変わりますね。とても優しい感じであかねさんらしい色合いです。

海老蔵さんの藤娘は、なんというか、あんまり評判よくなかったですね。どう見ても逞しい男性が女装してるようにしか見えないですもん。
でも海老蔵追っかけの方は、珍しいものが見られてよかったと仰ってました。たしかに。
10年ちょっと前のロンドンでの玉三郎の女らしい仕草をもし覚えているイギリス人がいたら、今回はちょっと失望だったかもしれないです。

来年のガルニエの歌舞伎ツアーを考えなくてはいけませんね。こんなに近いのですもの。もし実現すればまたお会いできますね。私的にはオペラの方がいいかな、とも思ってますが。

着物も素敵だけど

あかねさん、
着物も素敵ですけど、いつも髪型も綺麗にアップされているな~と思って拝見しています。ご自分でされているのですか?
なんて…歌舞伎と全然関係ないコメントですみません!

*いしのすけさん、
どうもありがとうございます。
ロンドンではこの絽を2日連続で着てしまいました。汚れが目立たず、帯合わせもしやすいのでこういう色は旅行先で便利ですね。

野尻先生のご本、お読みになったのですか?私は紹介しておいて無責任限りないのですが、読めていないんですよね。是非いしのすけさんの「着物お洒落道」でご感想を!

*椿姫さま、
こんにちは!私もやっぱり美しい女性役は菊之助タイプの役者だけで固めて欲しい気がしました。でも丸谷才一さんは朝日新聞(6月6日「袖のボタン;新しい歌舞伎座のために」)で海老蔵の藤娘を絶賛されていたようです。人それぞれなのですね。

ガルニエの歌舞伎はまだ来年の話ですので是非その前にオペラを観にいらしてください!

*夢ごこちさん、
こんにちは!
この髪型は着け毛を使用してるのでとても簡単なんですよ。自分の髪は背中の真ん中ほどまであるのですが、それをポニーテールにして、おだんごにして、巾着型にしぼれるネットが着いたヘアーピースをかぶせるだけなんです。数分で出来るので気に入ってるのですが、そろそろ違う髪型もレパートリーに加えたいんですよ。一度美容院でもちゃんと結ってもらいたいなぁと思ってるんです。

あかねチャン、いつもきれいにお着物着てはりますよね~♡
素敵デス。
私もあやちんと習いに行ったのにもう忘れてるかも。。
今週末、友達の結婚式に久々にお着物を着るので楽しみです!
歌舞伎も一度見てみたい。。

*おーやんさん、
どうもありがとう。
お友達の結婚式では振袖ですか?私は日本の友達の結婚式は全て行けなかったので羨ましいです。今年の秋の日本での友達のお式は絶対行きたいと思ってるんです。
あやちゃんと着付けを習ったのですね。彼女の和装、見たことないなぁ。。

うやです。

あかね様 ロンドンで歌舞伎をご覧になったとか。

海老蔵と亀治郎の与右衛門と累の写真とても素敵ですね。与右衛門の黒い衣装に白塗りの顔、また累の袖からこぼれる紅、日本の美ですねー。

私は歌舞伎は数えるほどしか見たことがないのだけど、5月に福助の京鹿子
娘道成寺と吉右衛門の石川五右衛門と松竹梅湯島掛額を見ました。

亀治郎が「火の見櫓」でお七を演じたのですが、何か若い娘の一途さが、怖いように伝わってきて・・・。

その時も感じたのですが、衣装が本当に粋だったり豪華だったり可憐だったり妖艶だったりとたっぷり楽しめました。

来年のパリオペラ座の歌舞伎期待されますね。

*うやさま、
ご無沙汰しております。
本当に、普段は目にしない豪華な刺繍や染めの衣装、やはり華があり、見ごたえたっぷりですね。

うやさまは歌舞伎座でご覧になるのですよね。私は歌舞伎座は入ったことがないんです。登録有形文化遺産なのに立て直されると聞きました。壊される前に一度行きたいと思っています。

私も累役の亀治郎には圧倒されました。どこかの記事で亀治郎が「知識がないと古典の理解はありえない」ということをおっしゃっていて、とても勉強家なのだという好印象を受けました。

来年のガルニエ公演、本当に楽しみです。

はじめまして、神戸に住むキアラと申します。YAHOOで「海老蔵のロンドン公演」を検索したところ、偶然にもこちらにおじゃましたしだいです。今のところ、私の一番の関心事は着物、そして歌舞伎。そのほかいろいろ・・・。それはまた追い追いにお話させていただきますが、とにかくまさにぴったりのブログにお出会いして、ご縁を感じております。それにしても、あかねさんのお着物姿、とってもきりっとしていらして、素敵です。海外でも、着物の季節は考えないといけないというのが、当然というか、驚きというか。それはそうとして、お写真を見るとやっぱり、海老蔵さんは美しいですねえ、ため息ものです。では、これからもよろしくお願いします。 

*キアラさま、
はじめまして!コメントどうもありがとうございます。
少しずつ歌舞伎の事も学んでいきたいのですが、なんせ見てなんぼの物ですので海外ではなかなか手の届かない趣味です。着てなんぼの着物は出来るだけ袖を通すようにしており、季節のお決まり事などは知ってる限りは守っていけたらと思っています。オーストラリアなどに住んでいたら大変ですが、パリは京都の四季とそこまではずれていないのは幸いです。
こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。

行ってまいりました、むら田さん

待っていた日。楽しい迷いを胸に、むら田さんに行ってまいりました。あかねさんもご存知だと思いますが、むら田さんは祇園店、大阪店、名古屋店、そしてもともとの銀座店といくつものお店がある、祇園の名店と言われる呉服店です。何十年もまえから、いつかむら田さんでお買い物ができるようになりたいなと憧れていたお店とおつきあいを始めたのはここ4年ほどのことです。今日は、黒地に十字絣の塩沢紬としおじ紬を準備していただいていました。でも、塩沢絣は十字のよくある絣、しおじ紬はちょっと地味で、どうしようかなあと迷っていましたところ、紬地を後染めした小紋が目に入って、なんておしゃれなんだろうと、いっぺんに引き込まれ、これにすることにしました。色がなんともいえない茶色で、柄は小さな雲とり・・・、ほしかった単衣物、しかも秋単衣にぴったりの色なんです。幸せ!でも、ひとつ困ったことが・・・、ぴったりの帯がないんです。さあ、また楽しい迷いが始まりそうです。

「ご機嫌!歌舞伎ライフ」yukiさんよりのお便り

「ご機嫌!歌舞伎ライフ」にあかねさんのURLご紹介しました。ぜひ、一度「ご機嫌!歌舞伎ライフ」をお訪ねいただきたいです。目から鱗で、歌舞伎のことをもっともっと知りたくなられると思います。「ご機嫌!」のファンのひとりとして、キアラは強くおすすめいたします。
以下はyukiさんからのお便りです。
「パリで、着物暮らし」拝見しました。管理人のあかねさんはとてもお着物の趣味が良い方ですね。そのお着物で世界中いろいろなところに出かけられるとか、日本の着物の魅力を世界にアッピールするのに一役かっていらっしゃるようで、素晴らしいことだと思います。

わお、いけない子!

本日、講演会がありまして、結城に丹波布の帯、崩し青海波の羽織という一張羅で出かけてきました。講演会のあと、着物を着ているものですから、ついつい丸三イトカワさんに寄ってしまい、あれこれおしゃべりしてしまいました。丸三イトカワさんは、今大人気の森田空美さんご贔屓のお店で、とにかく現代的な品揃えなんです。ま、東京風なんですね。そこで、とっても可愛い帯を見つけてしまったのですが、色々話しているうちに2月10日からセールがあるということで、その可愛い帯にもう赤札がついているんです。で、他にもいろいろ見せていただいて、10日には朝一番にセール会場に行こうと心を決めました。わお、いけない子!むら田さんで単衣物、手に入れたばかりですのに・・・。

*キアラさま
こんばんは!
むら田さんでお求めになった紬小紋のお色、どのような茶色なんでしょう。

丸三イトカワさんという名前は初めて聞きました。森田空美さんというと青山・八木さんというお店は良く耳にするのですが。今度ネットで見てみます。セールが始まるのですね。最近セールは怖くてあまり行かないようにしているのですが、いくらグローバル化されたといっても呉服屋さんはパリにはないので、やっぱりとても羨ましいです。

ご紹介していただいたサイト、さっそく遊びに行きました。歌舞伎について色々勉強になるサイトですね。3月の海老蔵パリ講演までに、しっかり読みたいと思います。どうもありがとうございます。

着物あれこれとちょっと歌舞伎

あかねさん、こんにちは。
むら田さんで購入した後染めの紬は、私にしては色っぽい茶色だと思います。と言っても、どんなのか分かりにくいでしょうが、ほのかに赤っぽいのです。で、小さな雲とりの柄が品のよい金、銀、緑なんです。ちょっとしたお茶会にも着られそうな感じ。着物が仕上がってくるまでの、この長い時間がたまらなく好きです。楽しみ!
丸三イトカワはゴールデンムガの着物で名前を売った店です。どう言ったらいいか、ゴールデンムガは野生の蚕で、インドでも特別な木のそばでしか育たないんですって、で、着物雑誌などにも取り上げられるようになるまで10年ほどのご苦労があったらしいの。軽くて光沢があって、すごく素敵よ。丸三イトカワの社長さんがその開発に情熱を傾けたられたとか。つい最近、元町通りの一等地におしゃれなお店を開かれて、今、のりにのっているって感じのお店です。
以前も帯を見せてもらったことがあるんだけど、いわゆる京好みじゃなくて、帯なのにまるでドレスのような感覚のものだったわ。森田空美さんがお好みになるのも無理はないと思います。
青山八木も、森田さん好みだけど、ちょっと違う感じ。青山八木には丸三イトカワのようなよい意味でのゴージャス感はないと思うの。もちろん、青山八木の着物も帯もとても現代的で、東京風、淡い色合いと品のよいところが若い方からの人気を集めているんだと思います。
でも、あかねさんの京好みのお着物姿、いい意味でとても色っぽいです。着物の王道って感じですよ。今のあなたらしさを大切に、たくさん写真を載せてくださいね。期待しています。  
「ご機嫌!歌舞伎ライフ」の管理人さんyukiさんはとても博識の方で、親切に歌舞伎指南をしてくださいます。分からないことは何でもお訊ねになったら、詳しくお教えいただけますよ。どうぞ、楽しんでお読みください。

困った!

はっきり言って、着物ってお金がかかりますね。むら田さんで用意してくださっていた塩沢紬は10数万円、しおじ紬は20数万円、でも、どっちも気に入らなくて後染めの茶色い紬のにしたら30数万円、それ以外に丹波布の帯を織っていただいているし、バティックの帯を付け帯に仕立て直していただいてるし、2回しか着なかったコートの染めかえをしていただいているし、多分丸三イトカワの帯を買いに行くし、東京の松綱さんで江戸小紋を誂えるつもりだし・・・。大変!今朝から、ちょっとどうしようって頭、痛めています。(>_<)でも、江戸小紋は秋にしてもらって、なんとかこの窮地を脱しなくては!あかねさんは、着物がほしくてたまらなくなるなんてことはありませんか?

ホリヒロシの着物

若い頃は「源氏物語」以外、全く和的なものに興味のなかった私がどうして着物にはまったのか、今でもよく分かりません。はじめにはまったのは今から20年くらい前のこと、梅田大丸で人形師ホリヒロシさんの着物が販売されていたのですが、それが普通の着物とは全く違って、とてもクラッシックだったんです。で、ほしくて、ほしくて、まだ元気だった母に梅田大丸についていってもらって、あれこれ悩んだものです。どれも派手で若い人向きだったので、渋い色合いの付下げに決めました。帯は、男の店員さんがとても品のいいのをすすめてくださって、今でもとても重宝しています。長襦袢は洗える本物の絹で、綺麗な刈安色にしてもらいました。そして、お得なコートも一枚。着物、コート、袋帯、長襦袢。そして、ついでに和箪笥。うーん、大きな買い物でした。働いていた私は洋服を買うことがストレス解消で、コムデギャルソンやヨウジヤマモトの黒い服ばかり着ていましたから、着物のあでやかな色に惹かれたのかもしれません。でも、着物趣味は一揃いそろえるとすうっとつきものが落ちたようでした。まだ、子どもも小さく、着物どころじゃないと思ったのでしょう。あの頃は賢かった!

*キアラさま
こんにちは!
大変お困りのご様子ですね。i-237
私は欲しくて欲しくてしょうがないのですが、お値段を見た瞬間、結構すんなり気持ちが萎えてしまったりしてくれます。その代わり、似た安物で自分を慰めるという、安物買いの銭失いですね (笑)去年はそれで沢山痛いお勉強をしました。これからは少しずついいものを揃えていければと思っています。

先日京都で塩沢をお仕立てに出したばかりですが、それも中古品で安く手に入れたんです。

バティックの帯を付け帯にされている、ということですが、付け帯だとしまう時にシワがいったり、場所を沢山とったりなど不便はないのでしょうか?布に寄っては付け帯がいいと進められたのですが、ふと疑問に思ったものですから、お手すきの時にでも教えていただけましたら幸いです。

ホリヒロシさん、という方の作品、今度見てみたいと思います。

着物って(>_<)

バティックの帯には苦労しました。銀座のむら田さんで見つけた大胆な柄のバティックでとても気に入ったのですが、アンティークの布で帯にするには少々布が足りなかったのか、「手」がバティックの布ではなく、紺色の普通の布だったので、お仕立て処うえのさんに相談して布をあちこち動かしていただいてなんとか名古屋帯になったのです。でも、布が分厚いためか思うように締められず、またまたお仕立て処うえのさんにわがままを言って、付け帯にしていただいたのです。明日届きますので、しわになったり、場所を取ったりするかどうかご報告しますね。そうそう、お仕立て処うえのさんは結城でも35000円でみごとに仕立ててくださいます。HPがありますので、ごらんください。
ホリヒロシさんのお着物は、美しいキモノかなにかで、女医さんが普段と気分を変えてみたいとおっしゃって、お召しになっているのを見ましたが、紫の地に、大きな鼓の柄や花柄が大胆に描かれていて、帯もこれ以上ない華やかさでした。今は梅田大丸に常時置いてはいないのですが、連絡はとれるようです。私は「源氏物語」の朗読を聴くのが好きで、数年前、東京新宿のホテルであった白石加世子さんの朗読会に行ったのですが、そのとき、ホリヒロシさんの源氏人形もありました。ジュサブローさんより品はよいと思いますが、好みは人それぞれでしょうね。私の付下げは茶色の濃淡に所々小さな金箔がとんでいるごく地味なものですが、色遣いがとてもおしゃれだと自分では思っています。ホリさんの着物、華麗なだけの着物ばかりではないかもしれませんよ。
それにしても着物って奥が深い。(>_<)

*キアラさま
ありがとうございます。
今しがた「クロワッサン・着物の時間」を見ておりましたら銀座むら田さんのページで村田あき子さんがジャワ更紗の帯をされているのに気がつきました。着なれてらっしゃる感じがとても素敵です。

同じ雑誌に田沼敦子さんという綺麗な歯科医師の方が素晴らしい絞りのお着物をお召しになっておられますが、ホリヒロシさんの作品を着ておられた方もこの方でしょうか。。

今日からメールアドレスが変わりました。よろしくお願いします。村田あき子さんは陶芸家板谷波山の娘さんで、とても上品な方ですね。銀座むら田と京都むら田は親戚関係なんですって。あき子さんが締めていらしゃっるジャワ更紗と私のバティックは全然違います。私のは紺地に白で蜘蛛のような柄なんです。偶然、お仕立て処うえのさんから今夜届いたのですが、特に場所を取る風でもなく、多分しわもよらないのでは・・・。もちろん、しまい方に気をつければのことですが・・・。何しろアンティークの木綿なのですから、あまり気にならないのではと思います。これでやっと、思いっきり締めてあげられるのではと楽しみにしています。ただ、金糸銀糸の帯を付け帯にするのはどんなものでしょう。花井幸子さんなど、すごく立派な帯を付け帯にされているようですが・・・。
ホリヒロシさんのお着物をお好きなお医者様と歯科医師の田沼敦子さんとは違う方ですが、田沼さんのお着物の品のよさにはただただため息ですね。「着物の時間」で私一番のお気に入りは南果歩さんの紬姿ですが、田沼さんは別格という品のよさ。ホリヒロシさんのお着物は「着物の時間」のなかでは較べる着物がありません。昔の市松人形のようなと言えば、少し似ているかもしれません。梅田大丸でカタログを求められたらいかが?

昨夜届いた、付け帯を締めてみました。日本ハムの監督さんじゃないけれど、「信じられなーーーい!」とにかく、超簡単に締められました。春が待ち遠しいです。
ところで、つかぬことを尋ねますが、あかねさんはパリにお住まいなんですよねえ。美しい街なのでしょうね。
6月、私、初めて海外に行くんです。ほとんど外国に行きたいと思わず、この歳になりましたが、パリのルネ・ラリック本店にだけは行きたくて・・・、ラリックの噴水が見たいんです。
ご存知でしょうが、ルネ・ラリックはアクセサリー作家から、ガラス工芸家に転身してコティの香水瓶などで名を馳せ、フランス大統領が国賓の方にお渡しする贈り物はラリック店のものに決まっているくらいの名店なんです。
で、私、昔から少しずつ現ラリックの香水瓶とか彫塑、花瓶などをコレクションしているのです。東京庭園美術館のエントランスにはラリックのレリーフがあって、それを見たときから、私はすっかりラリックファンになったというわけです。
ルネ・ラリックのアンティークものはとても手が出せないので、今のもので我慢しているのですが、展覧会の時は必ず観に行って、ため息をついているんです。
パリに詳しい、年下の友だちによると、ラリック店は、マトレーヌ寺院にあるのだとか・・・。あかねさん、マトレーヌ寺院ご存知?ああ、うっとりしちゃいます。6月が楽しみです。その前に、お着物もできあがってくるし・・・。(^O^)v

*キアラさま
おはようございます。
そうですか。そんなに締めやすいのですね。私はどうしても布を切ってしまうのに抵抗があるのですが、しわにもならないのなら一度試してみるべきかもしれません。

ラリックはパリのすべてのデパートでも売っていますが、本店はちょうどマドレーヌとコンコルド広場を繋ぐ道の中間地点にあります。この道はサントノレ通りと交差し、高級ショッピングエリアです。景観もとてもパリらしく、同じ道沿いにはマキシム・ド・パリがあり、数歩進むとエッフェル塔とルーブルが見えます。私は毎日この辺をメトロで通過するだけなんですけれど。笑)

ありがとうございます

私もバティックだからこそ切ってしまいました。違う意味でお気に入りの帯は切れないと思います。あの意味なく長い布には何か「魔」がありますよね。
でも、お仕立て処うえのさんの奥様がいかがですかとお電話くださったので、とても楽に締められて感激しておりますとは申しました。うえのの大奥様は、留め袖用の帯も付け帯にされていたそうです。歳をとると、楽に締められる方が締めないよりいいのでしょうね。
「本店はちょうどマドレーヌとコンコルド広場を繋ぐ道の中間地点にあります。この道はサントノレ通りと交差し、高級ショッピングエリアです。景観もとてもパリらしく、同じ道沿いにはマキシム・ド・パリがあり、数歩進むとエッフェル塔とルーブルが見えます。私は毎日この辺をメトロで通過するだけなんですけれど。」
お教えくださってありがとうございます。少しイメージできました。この辺をメトロで通過するってかっこいいですね。6月がますます楽しみになりました。ありがとうございます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hannariparis.blog39.fc2.com/tb.php/51-c712657a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。