スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファルス(Farces)と狂言と 

モーツァルト生誕250周年を祝い今年は世界中でモーツァルト作曲のオペラやコンサートが目白押しのようであるが、もちろんパリも例外ではない。戯曲は1786年にパリで初演されたという「フィガロの結婚」を観に行った。このオペラは音楽があまりにも美しいので崇高なイメージを与えるが内容は限りなく浮世のものであり、ある種のドタバタ喜劇なのであろう。この日は土曜日であったので幸い着付けの方はいつも程にはドタバタせずに済んだ。

CIMG1063.jpg

17世紀のフランスでは、モリエール、ラシーヌ、コルネイユなどによる喜劇が人気を集めていたという。1680年、ルイ14世の勅命により、モリエールの劇団を中心にコメディ・フランセーズが結成され、現在も活動を続けている。継続している劇団としては世界最古であるらしい。この自主公演の歴史を守ってきたフランス唯一の国立劇団が初めて海外の劇団を招待することになり、日本の「狂言」茂山家が選ばれたという新聞の記事を目にした。

「西洋ではファルス (Farces 意:笑劇) の技術、スタイルは失われたが、それを今も引き継ぐ狂言を見ることで、自分たちの伝統を再発見できる」と、記事にはコメディー・フランセーズの言葉が引用されていた。来年の春、フランスのファルスを飯沢匡氏が狂言化した「濯ぎ川」と、古典の「棒縛り」を上演予定だという。

f_paris_comediefrancaise_7.jpgf_paris_comediefrancaise_3.jpg
picture.jpgLa Comédie-Française(Salle Richelieu)

毎年春になると会員になっている劇場から来シーズンのプログラムが載ったカタログが送られてくる。チケットを先一年分まとめて予約するためである。アボンヌモン(abonnement)と呼ばれるこのシステムをここ数年パリ・オペラ座に2人分申し込んでいるが、あれこれ相談しながら演物をピックアップしていくのは楽しい作業だ。その上、去年からは劇場のカタログを見ながら「このバレエにはあの着物が似合いそう」、「このオペラの頃にはお仕立てに出しているあれが出来上がっているかも」という具合である。

オペラ・ガルニエでは「和泉式部日記」をベースにしたオペラと市川家の歌舞伎公演があるらしい。さっそくチケットを予約し、今から帯合わせが頭の中で渦巻いているのは言うまでもない。

La Comédie-Française
2 rue de Richelieu 75001 Paris
Tél: +33(0)1.44.58.15.15
www.comedie-francaise.fr
スポンサーサイト

コメント

いいですね~!

お着物に黒の帯がとてもゴージャスに映えて素敵ですね!西洋で失われた伝統を狂言で感じることが出来る、という紹介文にも胸が温かくなりました。棒縛りへの観客の反応もさることながら、ファルスの狂言化という意欲的な企画もとても気になります。オペラ座での歌舞伎といい、やはり文化に対する層の厚さを感じます。
ご旅行、お気をつけて!ローマのレポートを楽しみにしています!!

素敵ですね~!

あかねさん、こんにちわ!本当にゴージャスで素敵~!!黒の帯、みどりがきいていて帯締めのみどりで、ピンクのお着物に映えてすごくお洒落ですね♪

私も「狂言を見ることで、自分たちの伝統を再発見できる」にぐっときました。私はわりと、「欧州を見ることで、日本の伝統を再発見できる」と感じる事が多いのですが、フランスで反対方向に同じ事が語られている事がとても新鮮でした。伝統に誇りを持って保持している国と感じていたのですが、そうでもない場合もあるのですね!

フランスの方は、とてもよく日本文化を見ようとしてくれているように感じます。昨日・今日と、NHKでパトリスジュリアンさんが精進料理や茶懐石について追求する番組をやっていたのですが、特に和にはまっていない日本人よりもうんと日本文化に何かを見つけようとする姿が印象的でした。

芝居合わせ

ゴージャスな劇場にゴージャスな帯!
やはり観劇という場には着物はぴったりの装いだと思います。

とくにあかねさんの着こなしは年季が入っているので洗練されているな、といつもため息をついています。

なんだか、パリで優雅な日々をおすごしのようで、それも羨ましい…。

大変お返事が遅くなりました。

*harukoさん
コメントありがとうございます!
昨日裏千家ヨーロッパのつどいが終わり、先ほどパリに帰ってきました。ローマの道に着物姿が溢れ、めったにない嬉しい機会にきょろきょろしてしまいました。お茶会の様子、又改めてご報告させてください。

ファルスの狂言化、私もとても楽しみです。由緒ある劇場で初めて海外劇団を招待するにあたって、日本の狂言が選ばれたのはやはり嬉しいですよね。

*いしのすけさん、
こんにちは!ありがとうございます。

この帯び合わせ、帯締めはすぐに決まったのですが帯揚げを迷って、結局着物と同系色の薄オレンジにしたんです。でもこうやって見るともう少し渋い色の方がよかったかもしれませんね。

そうですよね、自分の国の文化にゆるぎない誇りを持っている国でも他の文化から学ぼうとする余裕があるというはとてもいいものだと思います。

日本文化に興味をお持ちの外国の方ですが、お茶のお稽古で一緒のフランス人や今回ローマであったお茶をたしなまれる外国の方達の熱心に努力する姿勢は私も本当に頭がさがるんですよ。

*夢ごこちさん、
ありがとうございます。
でも年季なんてとんでもない、つい1年半ほど前は絽と紗の違いはもちろん、「これは一体?」とコーリンベルトを見つめていたんですよ。腰紐の五角形たたみもやっと最近ちゃっちゃとできるようになったばかりです。
はは、お恥ずかしい。

「パリで優雅な日々」というのもちょっと見た目のよさそうな部分だけをここで選びがちな私の見栄っ張り根性が与えた計算通りのイメージですね(笑)
普段はいわゆる「Métro,Boulot,Dodo(電車通勤、仕事、就寝)」の毎日です。(笑)

あかちん様、いつも素敵なブログ拝見させて頂いております。(写真だけじゃなくて言葉も美しいあかちんのブログへの投稿は緊張~してしまうよ~、ふふふっ)実は今朝あかちんの夢を観ました、映画鑑賞中、携帯にあかちんからの電話がなってあわてて外へ出て少し会話をしましたよ~。話はとびますが果林はまだ一度もオペラガルニエの公演を観た事がありません。次回パリを訪れた時は是非いっしょに行きたいです。

*かりんへ、
お久しぶりです!書き込みどうもありがとう。

うちの夢見てくれたの?私は昨日ボン・マルシェに行ってたときJOSEPHで果林そのままのような服を着たマネキンが飾ってあって「やー、かりん」と思って見ててんえ。

そっか、ガルニエのプールは見たことあるのに公演はないのね。次回は絶対一緒に行こう。

外国で着物、ましてや日本で・・

あかね様

うやです。

“ローマの道に着物姿が溢れ”壮観だったことでしょう!「日本文化ここにあり」ですね。

 ところであこがれの「節子さん」にお会いしました。昨年熊本と横浜のデパートであった「節子の暮らし展 和の心」が池袋西武デパートであり行ってきました。(5月17日~30日)
 横浜でも展覧会には行ったのですが節子さんに一目お会いしたくて朝10時に到着しサイン会の整理券をもらいました。
 会場は朝から混んでいたのですが、着物姿の人がいなくて、やっぱり着物を着てくるべきだったと後悔しました。実はその日、朝から雨で、譲りうけた雨コートを5センチくらい伸ばさなくてはと思っていたのに伸ばしていなくて、洋服で出かけました。でも、会場に着物姿を見つけられなくて、「ああ、こんなことなら久留米絣でも着てくればよかった。今から着替えに帰ろうかしらなどと思っていました。外国で着物暮らしをなさっている節子さんに礼を尽くすという意味でも・・・。そのうち2人の着物姿を見つけてほっとしました。
 ほほえみあって二言三言言葉を交わせたのは、本当に嬉しいことでした。
 今回のパンフレットには「和の心」56ページの縞の木綿縮みにインドネシアのバティックで作った帯をお召しになって団扇をお持ちの斜め後ろ姿が使われており、日常的な着物暮らしと言う感じでさりげなくて素敵でした。

 外国で着物暮らしをしている方々に負けず、(いや、見習って)日常的に着物を着たいものです。京都にもake様はじめ大勢いらっしゃいますね。


 

*うやさま、
こんにちは!
節子さんの展示会、大成功だったとお聞きしております。結局私は去年から見れず終いなのが心残りです。うやさんは2回行かれたのですか?

雨が降っているとやはり着物は躊躇してしまいますよね。私もエイっと思って小雨の降る中を着物で出かけ、後で泣いたことがあります。私などは雨コートや草履など後回しにしてしまがちですが普段からちゃんと一式揃えておくべきだなぁ、と最近雨の続いているパリで実感しております。e-481e-330

日常に着物を着るのはどこに住んでいてもやはりほとんどの人には難しいですよね。私も普段は多くて週2回程です。でもほんの少し時間や手間をかけたり、勇気を出したり、余裕を持てて少しづつでも着物姿の方が増えるといいなと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hannariparis.blog39.fc2.com/tb.php/44-f9c923a2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。