スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリで映画館になったお寺の話 

パリの首都としての歴史は京都や奈良のそれよりも古く長いが、現在誰もが思い浮かべるパリ市の景観の歴史は以外に浅いものである。19世紀半ばまでのパリは日の当たらぬ袋小路に住居がひしめき合い、汚物は道へ、汚水はセーヌ川へといった非衛生きわまる中世都市であったという。

1magprint1.jpgLe Printemps

ナポレオン3世の統治下、セーヌ県知事であったオスマン男爵(Georges Eugène Baron Haussmann 1809~91)が1853年から1870年の間に着手したのがパリの大改造である。約2万戸の古い住居を容赦なく撤去するという手荒い方法であったようだがわずか17年の間に進められた貧民街の一掃、街路の拡張、直線化、広場の造成、上下水道の整備、公園の建設、街灯の増設、橋の建造により、パリは近代都市へと生まれ変わる。

この近代的空間に新しい建物が次々と姿を現し、文化と経済の繁栄が謳歌されたベル・エポック(意:美しき時代)の舞台が完成されていく。この時代の建造物は鉄骨構造とガラス天井が特徴であり、グラン・パレやオルセー美術館、パリの百貨店などは今でもその面影を色濃く残している。

0406_bonmarche(15).jpgLes Galeries Lafayette

ガラスの天窓に吹き抜けの大空間、エッフェル塔をデザインしたグスタブ・エッフェル氏が担当した鉄筋構造などの最先端の建築技術をいち早く駆使したのがパリ左岸にあるル・ボン・マルシェであるが、この百貨店が最先端であったのは建築技術だけではない。値段交渉が主流であった19世紀に現在のデパートの姿である入店自由、定価表示、通信販売、商品配達、返品可、バーゲンなどの販売方法を導入し、接客態度や商品ディスプレイに気をくばり、店員の福利厚生を確立したのはすべてル・ボン・マルシェ創立者であるブシコー氏(Aristide Boucicaut 1810-77)が初めてであるらしい。世界初の百貨店の誕生である。

0406_bonmarche(7).jpgLe Bon Marché

ル・ボン・マルシェをモデルにした小説『ボヌール・デ・ダム(意:ご婦人方の幸福)百貨店』の中で著者のエミール・ゾラはデパートの事を「浪費の狂気に捧げられた神殿」と呼んでいる。産業革命が進み、安価で質の良い商品が流通し、ガラス窓とガス灯により明るく照らされた近代的空間に流行の品々が美しくディスプレイされた。買い物が必要なものから楽しむものに形を変えた時代である。

この世界最古のデパートの支配人モラン氏がある面白い買い物をしている。ル・ボン・マルシェからロダン美術館へ行く道を散策していて突然現れる東洋のパゴダに驚いた人もいるかもしれないがこれはモラン氏が妻へのプレゼントとして購入した日本のお寺である。1895年にパリで再建されたこのお寺は当時流行していたオリエンタリズムをテーマにした社交会場として活用されていたらしい。1931年に映画館として改装され、現在にいたっている。
0406_bonmarche(2).jpg084-050.jpg
0406_bonmarche(6).jpgLa Pagode

パリが熟しきっていた19世紀末、日本美術に心酔した芸術家や文化人がいた。ジャポニズムといわれる流行である。その当時コレクター達は競って日本の芸術品を購入したようだが、ここまで大胆な個人での買い物も少なかったのではないだろうか。日本生まれのこの建物は現在パリで映画館として親しまれ、重要文化財として保護されている。

La Pagode パゴダ映画館
57 bis, rue de Babylone 75007 Paris
Tél : +33.1.45.55.48.48

Le Bon Marché ル・ボン・マルシェ
24, rue de Sèvres 75007 Paris
Tél : +33.1 44 39 80 00
http://www.lebonmarche.fr/

photos: Thames & Hudson
スポンサーサイト

コメント

パリのお寺

またも興味深いお話で、好奇心を刺激されながら拝読しました。美しいお写真があるので、想像も膨らみます。この元お寺は日本からの移築物なのですね。すごいです。すっかりパリの風景に溶け込んでいそうで、ここもいつか訪れてみたいものです。あかねさんのところに来ると、パリへの憧れが増します。夫がプロのような文章だね、と感心しておりました。
それから、来月のローマは参加できそうですか。予定より100名超となり、準備の方が調整に入られたらしいとも聞きました。

はじめまして。

あかねさんへ。
はじめまして、ブノワ。と申します。
少し前から拝見しています。僕もパリが大好きでして……でも、新しい発見が沢山あるあかねさんのブログで勉強中(笑)今日の映画館も知りませんでした。物凄く素敵ですね!今度(多分、夏?)是非、行ってみたいです。
そうそう、僕も着物着るんですよ。ただ、身体が大きいので、なかなかねぇ……そういつもいつも誂える訳にも行きませんので。
パリで着物、いいですよね。僕も余裕がある時に持って行きます。
また遊びに来ます、これからもヨロシクお願いしますね!

お寺の映画館!

あかねさん、こんにちわ。興味深いお話と綺麗なお写真、今回もとても楽しませて頂きました!ガラスの天窓に吹き抜けの大空間、パリで出会う事があるこの空間は、時代の特徴だったのですね。天井から自然光が入ってくる感じ、独特の雰囲気がありますね。

そして、ボンマルシェは百貨店の始まりだったのですね~。何度か行きましたがゆったりしていていい百貨店だなあと思いました。お隣の食料品館も卒倒しそうに楽しくて(笑)!実はここでジェーンバーキンのお嬢さんのルードワイヨンをお見かけしたんですよ~!普通の人とはちょっと違う買い物の仕方をしていました・・。カートが本当にぎっしり満杯で大人買いというのかしら、びっくりしました(笑)。

そしてそして、お寺の映画館、目にした憶えがあります。とても不思議に思っていましたが、日本のお寺だったなんて!我々日本人が思う以上に、ジャポニズムはパリの人々の心をつかんでいたのでしょうね。そちらでは今も日本ブームと聞きますが、なんとなくエッヘンと思ってしまいます(笑)。

私もあかねさんのところに来ると、とっても夢が広がります。上質のエッセイと美しいお写真・・!!

ではでは、また遊びに伺いますね♪♪

harukoさん、
こんにちは!
書き込みありがとうございます。この元お寺映画館は上映される作品も低バジェットの素敵なものが多いんです。

ローマのお茶会は3月に申し込んでいて今のところ2泊3日で行く予定にしています。開会式には間に合わなさそうなのですが、晩酌会とお茶会には出れそうです。そんなに沢山の方が行かれるのですね。日本から行かれる方は40万円近く参加費がかかるらしいと聞いて驚いています。

ご主人様にも読んでいただいたのですか。恐縮です。どうぞよろしくお伝えくださいませ。

ブノワ。さま、
始めまして。コメントありがとうございます。ブノワ。さんのブログも拝見させていただきました。独特の写真と文体。とてもいい雰囲気ですね。

お着物お召しになるのですか。私もあまり背が低い方ではないので古着には頼れないんです。昔の女性は今の女性より小さかったのももちろん事実のようですが、それに加えて昔は着物を大きく作るのが恥ずかしかったとどこかで読んだことがあります。合わないと知りながらも寸法を小さめにいう方が多かったとか。男性の着物はまずそんなことはないでしょうけれど全体的に数も少ないですよね。又こんど和装姿を見せてください。

こちらこそこれからもよろしくお願いします。

いしのすけさん、
こんにちは!
ありがとうございます。そうですよね、ボン・マルシェは食品館も素敵ですよね。東京なら紀伊国屋さんみたいな感じなのでしょうか?サンドイッチ・サラダコーナーも出来てたまにオフィスからお昼を食べにいくんです。ルドワイヨンの「大人買い」!そんな言い回しがあったのですね。私はいつも籠でお買い物ですのでまだまだ「小人買い」です。(笑)

パゴダ映画館は2つある上映室のうち1つがespace japonais(日本の空間)(写真)と名づけられていて伝統的な日本のものではないですが日本の美術に着想を得た装飾は本当に素敵です。同じ作品でも普通の映画館で観るのと、この部屋でみるのとでは感じ方がまったく変わりそうなのが不思議です。いい意味で日本の影響を確信できるのはやっぱり嬉しいですよね。

街並みはパリの勝ち

あかねさん、
いつも興味深いエピソードを拡張高い文章で書かれること感心しています。私のブログとはえらいちがいでお恥ずかしい限りです。

それは仕方ないのでさておき、ロンドンとは何かにつけて比べられるパリですが、街並みの美しさは誰もがパリの勝ちと思うわけで、「パリと同じように一斉に無理やりできればよかったのに」と思うロンドンっ子は多いと思います。お上の力が強いフランスのようにはいかないのはわかっているのですが。

ロンドンにも日本庭園や建築物がいくつかあるのですが、このお寺は個人のお買物とか、凄いですね。他の例からもわかるようにジャポニズムの影響はフランスの方がうんと大きいこともあるのでしょうか?

椿姫さま
こんにちは!コメントどうもありがとうございます。

ロンドンとパリ、それぞれに素敵ですがロンドンは近代パリのモデルになったらしいですよ。ナポレオン三世は1848年にパリに帰還するまでの亡命生活中にロンドンにも数年滞在していて、その当時イギリスはフランスに先立って産業革命が始まっておりロンドンはすでに近代化が進んでいたそうです。パリ大改造の一環、公園の造成などはナポレオン三世がロンドンで親しんだハイドパークなどを真似て作らせたとか。実際にパリの緑地面積は以前の90倍になったとある本に書いてありました。

ナポレオン3世は、1851年に大成功したロンドン万博に習って1855年に最初のパリ万博を開催したそうです。その後1900年までパリでは5回もの万国博覧会が開催され、1867年のパリ万博に始めて日本が正式に参加したとのこと。ジャポニズムの最高潮とフランスの産業改革の時代が重なったことで工芸品などへの影響がイギリスよりも鮮明に現れ、万博が沢山行われたことで日本美術もより多く入ってきやすかったのではないかと思います。

あかねちゃ~ん!

こんにちは、遊びに来てみてびっくり!
ここには、普段のテニスでは見えないあかねちゃんの世界が構築されていたのですね…! 特に、着物の数々がどれも素敵でため息が出ました。実は私もパリで一度だけ革命記念日に浴衣を着て出かけたことがあるのです。でも、あとで母に写真を見せてびっくり…なんと合わせが逆だったんですね~! ま、フランス人にはばれなかったと思うけど。

maVieestBelleさま、

ようこそ!書き込みどうもありがとうございます。
テニスでは見えない私の世界、ハハハ、そうなんです、ここでは標準語ですe-420

合わせが逆(笑)でもやっぱり誰もわかってなかったのでしょうね。この前も仕事の印刷物で、ある賞を貰った日本人の方の写真を載せたんですけど、その方いつもお着物姿なんですね。案の定デザインの都合上、左右逆に印刷されていて。あわてて変えてくださいと訴え説明する私を見て皆さん一瞬ポケッとしてましたもん。たぶん「ややこしい人種だな、日本人って」とか思われてたんでしょうね。(笑)

ナポレオン3世

あかねさん、
ナポレオン3世とイギリスの関係、興味深く読ませて頂きました。彼のことはイギリスではあまり知られていないので、亡命中イギリスにもいたことは知りませんでした。フランス革命で貴族たちがイギリスに逃亡したのは当然ですが、ナポレオンの甥まで逃げてきていたとはちょっと驚きです。

椿姫さん、
ナポレオン3世はどうしても彼の伯父さんに比べると陰が薄くなってしまいますよね。ボナパルト一族追放令によって余儀なくされた33年もの亡命生活の間に数回ロンドンに滞在したそうです。そしてパリを近代都市へ改造する夢をロンドンで膨らませたのでしょうね。

ローマ大会

ローマ大会、後一ヵ月後に迫ってきましたね!とても楽しそうですよね~。是非レポートお願いします!私の先生も在ハンガリーの友人も参加されるそうで、羨ましいかぎりです。

harukoさん、
こんにちは。本当に。まだまだだと思っているとあっという間ですね。
先日お茶のお稽古で参加される方延べ473人だと聞きました。

やはり一番の楽しみは大宗匠のお点前を拝見することです。パリの先生いわく大宗匠のお点前はとても男らしいんですってね。e-266

お着物を着る場合は礼装紋付だそうですが私は袷色無地一つ紋しか手元になく5月のローマというと、もう夏のようですのでどうしようか迷っています。

ハンガリーにご在住のお友達がいらっしゃるのですね。ブダペスト(にお住まいでしょうか?)でも裏千家出張所があるのでしょうか?もちろんローマお茶会の様子、ご報告しますね。

それは大勢さんで!

500人近くがローマに集まるのですね~、壮観でしょうね!大宗匠のお点前は随分前に遠くから拝見したきりですが、お筆同様おおどかな印象が残っています。良いお席でじっくりご覧になれるとよいですね。
お着物は紋付礼装、すなわちせめて三つ紋が望ましいということでしょうか。私も困るところでした。地区大会クラスでは接待役でなければ、関西では贅を尽す系の方もいらっしゃる気がします。海外のことですので、それほど堅苦しくなくおっしゃってくださるとありがたいですね。
在ブタペシュトの友人は国際セミナーの同期で、只今留学中。相当な茶暦の男性で何やら拠点を立ち上げているところだと聞きましたよ。行動力のある若者です。ローマのレポートを楽しみにしていますv-411

harukoさん、
harukoさんは京都で大宗匠のお点前を見られたことがあるのですね。
三つ紋ですか。。パリの先生は「フランス人はしょうがないけど日本人が着物を着る場合はちゃんとするように。」とおしゃっていました。うーん。
ブダペスト在住のお友達、おもしろそうな方ですね。ローマでもしかしたらお目にかかれるのを楽しみにしています。

きもの

…っていう幸田文の本、もう読みましたか? もうずいぶん前に読んだきりで、詳しいことは何も覚えてないのですが、もし興味があるようでしたら、次回のxxxの時にでもお持ちしますよ。数年前に、幸田露伴→幸田文の流れで、彼女の書くものにハマったことがあったので…。

maVieestBelleさま、
ありがとうござます。この本は着物に興味を持ち始めた頃、一番最初に読んだきもの関連書籍かもしれません。きもの小説の近代古典みたいですね。その後お嬢さんが書かれたものも読んでみたりしましたが幸田露伴さんの作品や幸田文さんの他の本は読んだことがないんです。もし手元にお持ちでしたら是非貸してただけますか。

お気に入りです

あかねさん、こんにちは。

いつも興味深い日記をありがとうございます。写真もとても美しく、ミクシィの「お気に入り」に入れて、楽しみに拝見させていただいています。
フランスに時々遊びにいくくせに、歴史のことはからっきしダメな私ですので、あかねさんの日記で色々勉強させていただいています。
これからもどんどん書いてくださいね!

夢ごこちさん
書き込みどうもありがとうございます。どういう方が読んでくださっているのかとても興味があるのでこのようなコメントはとても嬉しいです。

私は読みかじりばかりを書いていて歴史には全然くわしくないんですよ。ここに書くために調べ物をしたりして自分の勉強になっている感じです。

今度ミクシィで遊びにいきますね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hannariparis.blog39.fc2.com/tb.php/42-813ef480

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。