スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美人 麗人 佳人 粋人 

ここ数年、私の周囲はすっかりベビーブームだ。そこでいつも感心するのが子供の名前を選択する際のフランス人の淡白さである。

Maia(6).jpgMaia(7).jpgMaia(8).jpg
フランスでは最近まで子供にはキリスト教の聖人の名前をつけねばならないという法律があった。カレンダ-にはカトリック法王庁が定めた聖人の祭日が毎日書き込まれており、自分のファ-ストネ-ムと同じ聖人の祭日を第2の誕生日として祝う習慣がある。名前の規制がなくなった今、外国の名前を取り入れたり、創造したりする傾向も少しは出てきてはいるらしいが突飛な名前が続出している日本とは程遠い状態であり、最近の赤ちゃんの名前も大半が聖人のものだ。これが個性を重視するとされるフランスと出る釘はなんとかと言われる日本なのだから面白い。

元来の日本の名前の付け方はとてもいいものだと思う。苗字とのバランスを考え、縁起のいい画数を考慮に入れながら漢字を選び想いを込める。去年、姉のお腹が大きかった間に広辞苑を片手に姉と頭を捻ったのは楽しい思い出である。候補に挙がった女の子の名前を眺めながら女性の褒め言葉の話になった。

今年96歳になる義祖母いわく古くから女性を褒める表現に『美人、麗人、佳人、粋人』の4つがあり、美人は幼い時、麗人は年頃、粋人は年配の女性を賞賛する言葉で、佳人は最も広くに女性を愛でる際に使うということ。「美」は羊+大で大切な家畜である形のよい大きな羊、「麗」は鹿の角が綺麗に並んだ姿、「佳」の「圭」は土を形良く積んだ形、そして「粋」は小さい米が綺麗にそろって混じりけのない様子をそれぞれ表した会意文字であるらしい。

Maia(5).jpg

語源を見る限りすべて「容姿が優れた」ということだが、それぞれの言葉の違いを知りたいと思い、手元の国語辞典を開いてみた。しかし美人、麗人、佳人は同義語のようにしか書いていない。「佳人薄命」ともいうらしく「深窓の佳人」は「深窓の麗人」となってもいいらしい。イメージとしては「麗人」は育ちの良い華やかさを、「佳人」は聖人君子的な高い風格を、「粋人」は垢抜けた色気を兼ね備えている「美人」という感じか。

無事に決まった姪の名前は「京佳(きょうか)」である。家族の京都とのゆかりはもちろん、「京」は高台の家を表す象形文字で人が集う場所を意味するという。沢山の人が集まる姿も心も美しい女性になって欲しいという姉の想いが込められている。姉は名前を「親から子への最初の贈り物」だと言っていたが本当に大切にしたい初めての誕生日プレゼントである。

写真は去年のBABY SHOWERの友人に生まれたMaïaちゃん。現在6ヶ月。
スポンサーサイト

コメント

佳人。

とっても素敵な女性になっていましたよ。京佳。
相変わらず、青紗と似てるけどね(笑
あの二人には、離れてはいるけれど、やはり血縁を感じます。
したたかに賢い辺りなんかも、瓜二つです!!
ヨダレのついた自分の指は、私の服でふく。口元についたヨダレも私の服でふく。
一時前の青紗を思い出して、可愛くて可愛くてたまりませんよー。
夏に会えるの楽しみにしてます!!
この間遊びに行った時の写真またアップしますね。日記のほうに。

素敵♪

あーでもないこーでもないっとお二人で首をひねりながら考えてた姿が目に浮かびます(^-^)
>沢山の人が集まる姿も心も美しい女性
そんな思いをこめられた京佳チャン、大きくなって名前の由来を聞いたらとっても喜ぶだろうな。
今時の子は響きだけでつけられた名前が多いような気がするので(笑)

あやちゃん、
青紗ちゃんに似てるの?面白いね。血の繋がりって。
きのうMaïaちゃんを見に行ってんけど京佳と誕生日近いしいっつも「京佳もあと一ヶ月くらいで座れるのか」とか「京佳も今はこんな表情豊かねんやろか」とか思ってんねん。沢山遊んであげてね。

おーやんさん、
ようこそ!
そうですよね。同感です。
こっちではよく名前の意味を聞かれます。日本の名前の意味はとても詩的に感じるようです。私は「夕焼け空の色っていう意味ですv-352」って言っています。私の名前はひらがななんですけど、こう言うととても反応がいいので(笑)

名前にこめて

あかねさん、こんにちわ。

フランスでは聖人の名前をつけること、という法律が最近まであったのですね~!全然知らなかったでした。確かに変わった名前はきいたことがないのは、そういうわけだったのですね。

女性を褒める言葉、今では「美人」以外は日常にはあまり登場しませんね。昔はそれらを使い分けていたのですね・・

日本の名前のつけかた、確かにとてもいいですよね!あかねさんの名前の説明、とっても素敵です♪♪それから、赤ちゃんかわゆいですね~♪♪

いしのすけさん、
こんにちは!
この名前の規制はフランス革命の後、あまりにもアンチ貴族、アンチ・キリスト教なファーストネームが溢れたことから定められ1984年まで続いたそうです。

革命精神にあった名前ということで宗教色が全くない農機具(梯子、樽)家畜や動植物(カボチャ、栗、馬、鳩)などのファーストネームがあったそうです!聖人の名前の変わりにこれらの名前で埋められた共和暦カレンダーも作られたんですって。おもしろいですよね。

面白いですね~!

あかねさん、またまた面白い事を教えて下さって有難うございます!なんとなんと、そういう事だったのですね。なんとまあ極端な!という気がしてしまいますが、革命当時はそういう機運だったのですね・・。そして規制が1984年まであったとは!

それにしてもカボチャさんは、名前の規制が制定されたら、改名したのかしら(笑)?

いしのすけさん、
本当に。
結局共和暦は20年足らずしか使用されなかったようですので、ここまで極端な名前は革命直後に限ったものなんでしょうけれど、名前をもらった本人はかわいそうですよね。時代の犠牲者のような気がします。でももしかしたらその当時は時代にあった新鮮なファーストネームだと思われていたのかもしれないですし、なんともいえないかもしれないですね。

今の日本でもあまりにも人と違った名前を自分の子供につけるのだけに一生懸命で、どう見ても漢字の意味や響きの持つ意味を把握せずに選んでしまっている例が多いような気がするのですが、後年、自分の名前が含む意味を知って改名したくなる人もいるんではないかとよく思います。

ちなみにこの革命精神は人の名前だけでなく街や道の名前まで及び、同じく聖人の名前はことごとく排除され、南仏には「Ville-sans-Nom(名なし町)」などという場所もあったそうです。

あかねさん

おっしゃる事、私も思う事があります。珍しさで名前をつけてしまうのは、ちょっと違うのでは?!と思ってしまいますね!!

時代の犠牲は古今東西に散見される事なのでしょうね・・フランスはカトリックの国で革命あり植民地支配ありで、色々複雑な国なのだろうな~と思ってしまいます。それにしても、名無しの町とわざわざ名付けるとは・・笑!

フェットナット

これは有名な話なのですが元仏植民地のフランス語圏のアフリカでは7月14日の革命記念日の「祭日(Fête nationale)」を省略して「Fête nat.(フェット・ナット)」 とカレンダーに印刷してあるのを聖人の名前と勘違いし、フェットナットという名前をつけた例が沢山あるそうです。

最近の日本の名前ですが、「かわいそうな名前をつけられてしまった子供一覧」でGoogle検索されたことありますか?もしまだなら一度是非ご覧になってください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hannariparis.blog39.fc2.com/tb.php/41-b6d7d5ce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。