スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アングルのヴァイオリン(Violon d'Ingres) 

去年の夏、京都市美術館でルーブル美術館展を見たことがあった。後で知ったことだが19世紀フランス絵画の巨匠、ドミニック・アングル(Dominique Ingres 1780 - 1867)最晩年の傑作「トルコ風呂」は、この日本での展示がフランス国外初めての出展であったらしい。

0306_ingres(6).jpg0306_ingres(5).jpg
0306_ingres(8).jpg
Dominique Ingres「Le bain turc」1862、「La Grande odalisque」1814

上述の「トルコ風呂」を始め、ルーブルにはアングルの名画が集まっているがそれに加え、主にアメリカとフランスの美術館と個人所蔵の傑作を集めた40年ぶりのアングル回顧展が現在ルーブルで開催されている。87歳まで生きたこの大家の絵画が80点ずらりと並んだ 様子は圧巻である。普段はあまり見られない100あまりのデッサンも見所だが、その他にも1つ嬉しいおまけがあった。

「アングルのヴァイオリン」というフランス語の表現がある。アングルが幼少の頃から習っており、自分の作品を見に来た客に披露するのが好きであったというヴァイオリンから来ている言い回しである。もともとは芸術家における自分の専門でない余技を指していたらしいが今は広い意味で「趣味」の同義語として使われる。今回の回顧展では作品に混じってアングルのヴァイオリンも展示されている。もちろん言い回しではなく実物の方である。

0306_ingres(9).jpg Man Ray「Violon d'Ingres」1924

アングルはドガ、ルノワール、マチスやピカソに代表される後世の画家の作品にその影響の形跡を残しているがこの巨匠への数あるオマージュの中で私が気が利いていると思うのはこの表現をタイトルとしたマン・レイ(Man Ray 1890 - 1976)の作品である。アメリカ出身のマン・レイは1921年にパリに渡り、ここで骨を埋めている。モデルであり恋人であった  キキの後ろ姿をヴァイオリンに見立て、アングルが生涯描き続けたオリエントの女性を意識したこの写真はパリのポンピ・ドゥーセンター(国立近代美術館)で見ることが出来る。

0306_ingres(3).jpg0306_ingres(7).jpg

私のアングルのヴァイオリンは今はやはり着物であろう。この日は伯母の大島に袖を通した。アングルの時代のオリエンタリズムというと中近東への興味を指し、欧州の作家達の東への好奇心が日本まで届くにはさらに半世紀近くを要している。アングルが残したどこまでも緻密な肖像画の中の女性達はしゃりしゃりという音が聞こえてきそうなサテンのドレスに身を包み、重量感のあるしっとりとしたベルベットのリボンで細い腰を締めている。もっと早くジャポニズムがフランスに到来していればアングルの描いた京友禅や錦織りをまとった美人画が見れていたかもしれない。想像するだけで見事である。

Musée du Louvre ルーブル美術館
75058 Paris Cedex 01
Tél:+33.1.40.20.50.50
http://www.louvre.fr/
valpincon.jpgsource.jpgHaussonville.jpg
Dominique Ingres
「La Baigneuse Valpinçon」1808
「La Source」1820-1856
「La Vicomtesse d’Haussonville」1845

photos: http://mini-site.louvre.fr/ingres/intro_fr.html
スポンサーサイト

コメント

わたしもアングルのバイオリンは・・(笑)!

本日もすばらしい読み物、有難うございます。

アングルがジャポニズムに影響されていたら・・!想像の喜びですね・・。濃厚なタッチの和服美人かしら?はたまた浮世絵に影響されたすらりと風にふかれたようなハーレム美女を描いたかしら?

マンレイのアングルのバイオリン、可愛らしいですね。あかねさんと同じく、わたしもアングルのバイオリンはお着物です♪♪

本日のお着物姿も、とてもきりりとかっこういいですね!帯は染でしょうか・・きりりにはんなりの味付けがあって・・素敵!ああ~やっぱり白のはんなり帯は絶対的に今の季節に必要だなあとよくわかりました(涙)。

背景はパッサージュでしょうか・・床の意匠とお着物姿がぴったりですね!パリにはお着物が似合うところがたくさんありますね!

ではでは、またお邪魔いたしますね♪

ルーブル美術館展@京都

私も昨年、京都市美術館で、この絵見ましたよ。
独特の美しい絵でした。
昨夏は、ご帰国されてたのですね。

*ライフォさん、ありがとうございます。このサイトの名前は初めて聞きました。どうしてこのサイトと私のブログが繋がったのでしょう?

*いしのすけさま、
こんにちは!
やっぱりこのマン・レイの写真、遊び心がありますよね。

こういう着物を地味派手というのでしょうか。グレーのグラデーションとえんじ色のパッチワーク柄のようになっており、八掛けが柿色なんです。帯が合わせにくくていつもこの組み合わせで逃げています。柄は刺繍なんですよ。

今年の袷の季節が終わったら八掛けを灰色に変えようと思っていたのですがどう思われますでしょうか?少し古い雰囲気のように感じますし、帯も合わせやすくなるかなと思っているんですけれど、アドバイスをいただけましたら嬉しいです。

このパッサージュはルーブルの近くにあるGalerie Véro-Dodatで、パリの中でも19世紀のたたずまいが残されている場所です。週末でも人気が少なく、レストランやブラッセリーがひっそりあったりするんです。このサイトでパノラミック写真が見れるようです:
http://www.insecula.com/salle/MS01318.html

*真美さま、
こんにちは!
京都市美術館は建物も素敵ですよね。

ミクシィの方にもお邪魔させていただいて真美さんの「白襟・白足袋派」の信奉者の多さに感心しております。コミュニティをまとめて行くのも大変なのでしょうね。いつか是非京都オフ会参加させてください。

マン レイに寄せて

アングルには「バイオリン」にまつわるこういうフランスの言葉があったんですね。いいことを教えてくださいました。こういうことはちょっとフランスをかじったものにはわからないネーティブ的常識ですね。

マン レイのそれはベー

つづき

マンレイのそれはそういうベースのもとに出来たアングルへのオマージュなのですね。
これをしらずして、マンレイのこの作品を『女性の身体を商品化している~!」との批評は浅薄な教条主義的ファミニズムのよく犯す誤りです。
ただし、個人的にはグランドオダリスクは名作だと思いますが、トルコ風呂は個人的には裸体の群像はあまり気持ちのいいものではないと思います。

アングルのこれは女性の背中をいかにして美しく描くか苦心執着した背中フェチ的なアングルの名作ですね。いご、これがヌードアングルの型にもなってますよね。
ポーズって大きくものをいいますよね。

送信とカキコが上手く行くといいのですが、ときどきmacと不具合が???

八掛け遊びって素敵♪

パッサージュのHP、教えて下さって有難うございます。や~ん・・素敵!天井は外光が入るように設計されているんですね~。パッサージュっていいアイディアだなあと思います。お買い物をするのに快適、まさに日本のアーケード付商店街(笑)!

ヴェロドダは行ってみたいな~と思いながら行けなかったのですが、ヴィヴィエンヌには行ってみた事があります。あの柔らかい光の感じが素敵だなあと思いました。禁断症状的にパリに行きたい発作が出る事があります(笑)!

お召しの帯、刺繍なんですね、私刺繍も大好きなんです!お着物、グレーのグラデーションとえんじ色のパッチワークなんですね~グレーの大島って、とってもシック!地味派手、大好きです!八掛けを工夫するのって、すごーく素敵な遊びですよね~。

鶴見和子さんの著書「着物自在」を愛読しているのですが、八掛けの事にはたびたび言及されていて、履き物の鼻緒の色と八掛けの色を合わせるとか、オシャレ心をゆさぶられます~うっとり。それから白州正子さんも、普通の八掛けあわせはされなかったと何かの本で読んだ事があります。とても個性的にあわせられていたようです。

八掛けにはなみなみならない興味をもっている私ですが、未だ自分で誂えた事もなければ八掛けの工夫をした事がありません~(笑)!アドバイスなんておこがましすぎ~!!!きゃ~!!

でも本当、八掛け選択は難しそう!柿色は確かに帯あわせが難しそうですものね。灰色だととってもシックにきまりそうですし帯もかえって遊べたりしそう!ふと裏葉色みたいな色も頭にうかんだのですが、どんな風になるかしら・・。私もいつか八掛け遊びをしてみたいな~と夢みてます。色々してみたい遊びがあって、困ったものです(笑)。

ではでは、またお邪魔いたしますね☆

*ブログ姉君
なるほど、女性の裸体というだけで「商品化」となってしまうのですね。どこで線を引くかは難しいですし感じ方は人それぞれでいいのでしょうが、女性を明らかに子供を作る道具や性の対象としてしか見なしていないようなものと、この写真のようにウィットがあり、女性の美を称えている作品を同じ枠にはめてしまうのはあまりにももったいない感じがします。akeさんがおっしゃるように特に作品の背景を理解した上で判断できることが大切ですよね。

グランオダリスクはやっぱり見事ですよね。トルコ風呂はアングルの描いてきた女性達の集大成の作品らしいです。なにせ82歳の時の大作ですもの。トルコ風呂のスタディとなったアングルの女性達の内、3人の写真を追加でアップします。なんだかとても女性のヌードが多い記事になってしまいました。

*いしのすけさん
そうなんですか。次回パリにいらした時にはご一緒にヴェロドダへ行きましょう。

八掛けは江戸のおしゃれだと何処かで読んだことがあります。派手なきものを禁止した「奢侈(しゃし)禁止令」が出された江戸時代、それでもお洒落をしたい江戸っ子達は、一見無地に見える江戸小紋や隠れたおしゃれ、八掛けにとても凝ったと。

最近は額ぼかしの八掛けは古く見えると聞いたり、訪問着のように外生地と同じ色にする方が上品です、と言われたりしますが、八掛けにワンポイントを入れたり、色で遊んだりするのは私も素敵だと思います。動作と一緒に見え隠れする色は着物ならではですよね。

白洲正子さんもご本などを拝見するといわゆる華やかな意匠というのは見たことがなく、よく紬を襟を抜かずに着ていらして、八掛けに凝ってらしたというのはとても納得です。八掛けになみなみならない興味とは、いしのすけさんもさすが江戸っ子ですね。^^

パッサージュで着物、素敵ですね。

はじめてお邪魔します。mixiのjohn gilbertoさんの書き込みから辿って参りました、そらみつです。

お着物の後姿が小粋ですね。ギャルリー・ヴェロ・ドダはその空気自体が骨董のようで憧れます。
パリには3回ほどお邪魔しましたが、いつも10日ほどの短い旅でした。
サン・シュルピス広場に近い小さなホテルに泊まってその近所を歩き廻るのがとても楽しかったです。

いずれまた行けることを楽しみにしています。どうぞお元気で。

八掛♪八掛♪

あかねさん、こんにちわ!わあ~いつぞやかお着物でご一緒にヴェロドダへ・・かなったらなんて嬉しいかしら♪♪

なるほど~八掛は江戸のオシャレなのですね~!「奢侈(しゃし)禁止令」では、鼠色のバリエーションも大いに広がったと聞いた事がありました。なんだか江戸時代の人のオシャレ心って、たくましいですね(笑)。

昨今の八掛の傾向、全然知りませんでした~(汗)!着物は洋服ほど流行がないとはいえ、微妙に「現代」があるんですよね・・。面白いですね!

ではでは、また遊びにに伺います♪

*そらみつさん
ようこそ。書き込みありがとうございます。本当に、Galerie Véro-Dodatはタイムスリップしたような空間ですよね。いつまでも変わらないといいな、と思います。
又是非遊びにいらしてください。

*いしのすけさん
鼠色のバリエーションですか。おもしろいですね。今、吉岡幸雄さんの「日本の色」を開いてみたら江戸時代から「四十八茶百鼠」といって鼠色が流行り色になったと書いてありました。3年に1度は家が焼けるという江戸では「灰」の字は嫌われ「鼠」が使われた。。なるほど。勉強になりました!^^

八掛の楽しみ

東京のうやです。

お久しぶりです。

皆様の八掛談義はたいへん楽しく、私も遅れ馳せながら一言という気になりました。

私が、ときどき言及します節子クロフスカ・ド・ローラさんが久米島紬にピーコックブルーの八掛(下のほうが少し濃くなっているぼかし)を合わせていらっしゃるのを、「きものサロン」2005年春号でみました。久米島のあの濃い茶色に薄い茶色の格子、4,5センチくらいかしら・・・。白地の塩瀬の帯、帯揚げは赤と鼠のぼかし(朱赤の部分がほとんど)でその楽しさに目を奪われました。

八掛の色も、パリでうつるのと、東京や京都でうつるのとちょっと違うかも知れませんね。

外国では派手目はっきり目のほうがいいかも・・・。

ところで、「色」ですが、どんなに印刷に気を使ってあるとしても、紙の印刷ではいまひとつニュアンスがつたわってきません。

組紐の「道明」で帯締めを求めたとき
「今後製品の案内を送らせていただきたいのですがいかがでしょうか」とのことで快諾しましたらそれから案内状とともに和紙に絹糸の色見本を貼った「道明の色名シリーズ」というのが2ヶ月に一度ほど送られてきます。
大切にとってあるのですが、「湊鼠」や「薄梅鼠」解説と共にみていると創造力が膨らみます。

ちょっと訂正

先のコメントで節子さんの久米島紬の八掛ピーコックブルーと言いましたが、本の記事には「松葉色」とありました。
ごめんなさい!

*うやさま、
ご無沙汰しております。書き込みどうもありがとうございます。

本当に八掛けってその着物のイメージを左右する大きな要素ですよね。小紋や紬を仕立てる場合の八掛け選びは自分らしさを表現できるお着物の醍醐味の1つなのかもしれません。

ご言及の節子さんほどお着物でご自分のスタイルを素敵に築き上げてらっしゃる方もなかなかいらっしゃらないように思います。

おっしゃる通り、いくら印刷技術やインターネットが発達しても色をそのまま伝えることはまだ難しいようですね。日本から離れているので、そのような謀体に頼って着物類を購入する場合もあるのですが、イメージがまったく違いがっかりしたことは一度ではありません。

絹は服(福)を招き入れる縁起の良いものとして年の始めに呉服屋さんがお客さんのおうちにご拶後にこられ「ご祝儀に」と八掛けや胴裏を「初絹(はつぎぬ)」といってお勧めにこられる風習があったそうですね。今でも残っているのでしょうか。これは関西の習慣なのでしょうか。私の伯母のところには日の目を見なかった4、50年前の「初絹」と書かれた箱に入った八掛けが沢山あるようで、私は帰国するたびにおこぼれに預かれてありがたいことです。^^

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hannariparis.blog39.fc2.com/tb.php/39-f23283bf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。