スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聞香(もんこう): 香を聞くこと 

香は「嗅ぐ」ものではなく「聞く」ものだと知ったとき、又日本語に一本取られたような感じがしたのを憶えている。

0206_kodo(4).jpg 遊女禿聞香図

先週、マレ地区での香道のデモンストレーションに誘ってもらい,土曜日の午後に足を運んでみた。仏教と共に日本に伝えられ、仏様の供香(そなえこう)から始まり、お部屋や衣装に香りを移す薫物(たきもの)として活用されたお香は次第に和歌や文学と結びつき、雅な遊びとして親しまれ、やがて「道」としてまで確立されたという。

この遊びとは「組香」といい、乱暴な言い方を承知で書くと「香り当てゲーム」である。一定の作法のもとに何種類かの暖められた香木の微かな香りを鑑賞し、その異同を聞き分ける。5つの香木を使う源氏香ではなく、三種香の席に参加させていただいたのだが、3つの香木ともそれぞれに「いい香り」だということだけしかわからず、私の答えといえばまったくの的外れであった。

0206_kodo(2).jpg0206_kodo(3).jpg
香りといえばフランスでは香水だが、この国には政府の制度として「Le nez(ル・ネ=鼻)」という一流の香水調合師にだけ与えられる称号が存在する。香水界で最高の権威を持つ「鼻」はフランス国内に50人程おり、3000種類もの香りを区別するという。フランスでは「鼻(ネ)」という言葉自体が「調香師」と同義語である。

0206_kodo(5).jpg
そういえば台北を訪れた時、お茶を飲む前に青茶の香りを嗅ぐ専用の茶杯を「聞香杯」というと習った。あえて「嗅ぐ」のではなく「聞く」という表現を選んだ東洋とパーフューマーを「鼻」といいあらわす西洋。「左脳・対・右脳」「情緒的・対・論理的」のような「東洋・対・西洋」二分法に視点を当てた研究論などに出てきそうな例である。

「鼻」の称号を持つほとんどの調香師が香料産業発祥地、南仏プロヴァンス地方のグラース(Grasse)出身、もしくはこの地で修行を積んでいるという。今でも香水産業6割の生産量を誇るこの町は香料植物栽培に適した温暖な気候に恵まれた趣のある城下町であるらしい。この香水のメッカで咲き誇っているというラベンダーやローズマリーを「聞く」旅にいつか行ってみたいものだ。

photos: Shoei-do, Thames & Hudson
スポンサーサイト

コメント

聞香

あかねさん、こんばんは
東近美に伊東深水が描いた“聞香”という絵があります。この絵ではじめて聞香ということを知りました。現在でも続いているのでしょうね。

嗅覚のことで昔こんな話を聞いたことがあります。ファッションデザイナーは嗅覚が鋭くて、皮膚感覚が敏感でないとダメというんです。この業界の人と接することがありませんので、これが本当かどうかわかりませんが、どうなんでしょう?私は臭いにはかなり敏感なので、隣の方には“美的センスがいいのはこのせいかな”と勝手なことを言っては、“その程度で”と笑われてます。

伊東深水

*いづつやさん、
書き込みありがとうございます。

伊東深水の「聞香」、さっそく探してみましたがネットで画像を見つけることは出来ず、絵の説明などを読んで頭に描いてみました。いつか実物を見てみたいものです。

ファッションデザイナーのお話は初耳です。「皮膚感覚が敏感」というのは
納得できますが、嗅覚とはどうしてなんでしょう。五感の中でも特に本能的
なイメージがありますが、やはり感性が大切なお仕事だからでしょうか。

匂いに敏感というと18世紀のパリを舞台にした、恐ろしく鋭い嗅覚をもった男性のお話、パトリック ジュースキント著書「香水」が頭に浮かびます。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167661381/249-4441198-8740338

「鼻」の称号を持っている人たちは修行をある程度積むといっても、ほとんど生まれつきの才能であるようです。
いづつやさんも「鼻」の素質がおありになるのかもしれませんね。^^

こんにちわ

聞香という文化、またまた興味深いものです!といっても茶道始めたばかりで、全然全くもってその世界に触れた事がなく、ちょっとコメントを躊躇しておりました・・がやっぱり投稿してしまいました(笑)♪

マレ地区で香道・・なんだか合わないわけではないような感じですネ☆仰る通り「嗅ぐ」とは言わない日本語、感じ入るものがあります。和文化に興味を持ち始めてから色々と思いをめぐらすのですが、なにか対象物にそっと寄り添うような、対象物の存在を感じる事を楽しみとするような、そういう思想を感じつつあります。対して西洋文化は自己と対象物にきっかり境界線を設けている感じ。まさしく右脳左脳論かもですね(笑)。

ネという称号を堂々と政府の制度として確立し、脈々と香水の伝統をうけついでいるフランス文化もやっぱりすばらしいなあと改めて思ったり・・。それにしても・・ネの人ってどんなにすごいんだろうと思ってしまいます。当然かもですが、一流のお料理人もものすごい嗅覚のようですね♪

*いしのすけさん、
香道は京都でほんの少し体験をさせていただいて今回で2回目だったのですが私には「鼻」の才能はまずないだろうと実感しました(笑)でもお茶やお花と違い、香りという手につかめないものを聞き分け、楽しむというお作法が道となっていることに興味をもっていてもっと学びたいなと思っているんです。

秀でた才能や技術を生かして専門性のあるお仕事をしてらっしゃる方は本当に尊敬します。

あかねさん、はじめまして。

こんなステキなブログがあったなんて!なんでもっと早く見つけられなかったのだろうと
ちょっと悔しいような気持ちです。

思わず昨年まで遡って拝読致しました(^-^*)

私も昨年からパリにおり、日本の魅力を再確認しています。

着物も茶道も入り口に立った程度の初心者ですが、日本のステキなところをフランスで
伝えられたら、などとおこがましくも思っているところです。

パリで自然に和の文化を身につけていらっしゃるあかねさんがとてもステキで(文章も
丁寧で読みやすい!)すっかりファンになってしまいました。

またお邪魔致します。

あ、こちらのエントリーにコメントさせて頂いたのは、実はパリで香道教室が無い
だろうかと探していたからなのです。

随分前のエントリーなのにすみません。

*sayagataさま、
はじめまして。コメントありがとうございます。パリご在住なのですね。とても面白い日記を書かれていて私も沢山読ませていただきました。

パリで日本文化を同じように思ってらっしゃる方がいらして嬉しいです。

私も香道にはとても興味があるんですよ。このイベントはジパンゴ(www.jipango.com)でのものだったんです。そちらの方にはお尋ねになられましたか?

このブログ、更新のペースがとてもゆっくりなのですが、どうぞよろしくお願いします。

あかねさん、早速ご丁寧にありがとうございました!

こちらこそ、あかねさんのような方とブログを通じたご縁があって本当に嬉しいです。

んま、JIPANGOだったのですか。メール会員なのにチェックが足りませんでした。今度足を伸ばす予定があるので、色々お話を伺ってみます。
(香道に関する情報があったら、お知らせしますね)

まずは御礼まで。

ブログはマイペースが一番ですよね(^-^*)

*sayagata
どうもありがとうございます。
そうなんですよ。お香の会みたいな方達が日本からいらしていてJIPANGOで週末に行われたものだったと記憶しています。このブログの日付が2月24日ということはたぶん1月頃にあったイベントなんだと思います(笑)
香道に関する情報、何かありましたら是非おしえてください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hannariparis.blog39.fc2.com/tb.php/30-a0341658

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。