スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンティーク・オペラバッグ 

06.01_operabag(1).jpg
6年程前だったか母とベルギーに行った折、首都ブルッセルの日曜のみ市に遭遇した。そこで目に止まったのがこの黒いサテンのオペラバッグ。ピンクの小花の刺繍が控えめに散らしてあり、口の部分に真珠が並んでいて愛らしい。手にとって中を覗いてみた瞬間、どうしても欲しくなってしまった。

バッグの中には鏡、くし、口紅、香水、おしろいがすでに組み込まれており、その他には何を入れるスペースもない。入ってもハンカチ一枚くらいのものであろう。

06.01_operabag(2).jpg
お店の人いわく、19世紀のフランス製らしいが女性の外出時の所持品が自分を美しく見せる品だけでよかった時代であったらしい。

口紅と香水瓶は空だったが、白粉がほんの少し残っていた。きものを着たときにたまに持つのだが、鏡を見る時にだけ開け、もう1つバッグを携帯することになってしまう。連れ合いに自分の物を持たせるのも気が引ける。いつかこのオペラバッグだけを片手に気兼ねなく出かけられる日が来るのだろうか。
スポンサーサイト

コメント

これ、かわいい!

このアンティークさが、めちゃくちゃ可愛いね!!
そういうものが、何気に売ってるあたりがいいよね~。
パリにも行きたいです。
ベルギー魅力的だなぁ。

あやちゃん、
ねぇ、かわいいでしょ。でも書いているようにあんまし使えへんやつやねん。。。
パリ、来て来て!

素敵!

こんにちは、とっても素敵なバッグですね。これを使っていた方はどんな人だったのかしら~、と楽しく想像できそうですね。ほんと、あかねさんのブログを読むとヨーロッパに行きたくなります!

これが話題の!

アップして頂きありがとう!話題のバックの中がよくわかりました.お白いがまだ遺っているとは!。
ヨーロッパのアンティークッパ小物は魅力あります。特に刺繍ものが見たいです。プチポアンとか。

早くパリに女友達とくり出したい!彼女たちに昨日会って、あなたのブログを話題にしていたのよ!v-271イギリスとモントリオールから戻って来たふたりと、私もアメリカから戻って来たところで仲良くなり30年の付き合いの友白髪まで!

素敵なBAG☆
このBAGが使われていた、19世紀のフランスを想像するだけで優雅な気分になりますね~。
アンティークは夢が広がりますね~。
パリのアンティークSHOPを回りたいわ~。
ちょうど、会社のスタッフが今パリに出張しています。
スーツケースにRINちゃんを入れて飛んで行きた~~い!!

ありママさま、
そうなんですよね。私が古いものが好きなのはデザインや質感だけではなく、前の持ち主の存在なども関係しているみたいです。このバッグをたまたま買っただけでその人のことも勝手に大切に思ったりして。想像しますよね。これを持ってどういう場所にいったんだろう、とかどんなドレスを着てたんだろうとか、着物で持つのは私が始めてだろうな。。とか(笑)
ヨーロッパに遊びに来られた際はご連絡くださいね。

ブログ姉上、
このバッグの事、前にお話ししたときakeさんに「そういう事も書いてみたら」とおっしゃったのを思い出して載せてみました。次は刺繍ものですね、考えてみます!
そのお友達は帰国トリオの方々ですね!近い将来3人ご一緒にお目にかかれるのを楽しみにしています。

izumix,
ねぇぇ、19世紀のパリ。。。
izumixはパリ出張の予定は?前良く来てたもんね。今はRINちゃんがいるからやっぱり少し難しいか。。RINちゃん手荷物に詰めて遊びに来て!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hannariparis.blog39.fc2.com/tb.php/13-7d9587ba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。