スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス王妃のあだ桜 

フランスの最後の王妃、マリー・アントワネットのグラン・パレ展示会に行ってきた。幼少時代に過ごしたウィーンのシェーンブルン宮殿からヴェルサイユ宮殿での豪華な生活、そしてフランス革命の中でギロチン台に送られるまでの彼女にたずさわる絵画や彫刻、家具や手紙など300点以上を集めた展示会である。

Sakura_affiche.jpgsakura_versailles.jpg

オーストリアの皇族、ハプスブルク家に生まれ、14歳でフランス王太子に嫁ぎ、18歳で即位したマリー・アントワネット。表面のみが絢爛豪華なヴェルサイユの空しい生活を紛らわすために、国の財政を傾かせるほどにパーティーや浪費にうつつを抜かした世間知らずの王妃。そのように語られる彼女は、あまりにも非凡な回り合わせを持った、いたって平凡な女性だったのではないだろうかと思わせる。恵まれた自分の境遇に気付かず、与えられたものだけでは飽き足らず、手の届かないものばかりを思い、目の前の楽しみで気分を紛らわす。

明日ありと思ふ心のあだ桜
夜半に嵐の吹かぬものかは


これは親鸞聖人が出家をした時に詠んだ歌である。あだ桜(徒桜)とは散りやすく、はかない桜花のことだという。マリー・アントワネットの場合、若さゆえの美しさと、自分の努力で手に入れたものではない権力におごり、気がつけば花が散っていただけではなく、幹ごと切り倒されてしまうのである。

conciergerie_1.jpg コンシィエジュリ牢獄

ヴェルサイユ時代の理想化された彼女の肖像画や、彼女の部屋を飾った贅沢極まる装飾美術からは、マリー・アントワネットの素顔を垣間見ることは難しい。王政に対する国民の不満が爆発し、革命裁判で死刑判決を受けた後、彼女がコンシィエジュリ牢獄で最後に書いた手紙が残っている。夫であるルイ16世の妹、大変親しかったという義妹エリザベート王女へ宛てたこの手紙の中で、初めて王妃にふさわしいマリー・アントワネットの凛然とした姿が浮かび上がるようである。

妹よ、私の最後の手紙をあなたに宛てます。私は死刑の判決を受けましたが、それは犯罪者への恥ずべき判決ではなく、あなたの兄上に会いに行くようにとの判決なのです。あの方と同様に、無実の私は、最後まであの方と同じくしっかりとした態度でいたいと思います。良心の咎めがないので、安らかな気持ちでおります。あわれな子供達を残していくことだけが心残りです。私はあの子達と心優しい私の妹、あなたのためだけに存在していました。(・・・)息子が私が何度も繰り返した、父の最後の言葉を決して忘れず、どうかわたしたちの死の復讐など考えませんように。(・・・)

Sakura_3.jpgSakura_4.jpg

去年購入した枝垂れ桜の帯が一年目の春にあだ桜とならぬよう、さっそく色無地紬に締めてみた。今、東京では桜が満開とのことだが、人間の女性の咲き方も実にさまざまである。狂い咲きに返り咲き、そしてマリー・アントワネットのような、はかなくも並外れた大輪咲きがあるのである。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。