スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「薩摩焼パリ伝統美展」セーブル美術館 

この子の出番はもうないかもと思っていた母の若い頃の梅の花小振袖をたとう紙から出せる嬉しい機会が先日あった。

Satsuma(1).jpg06.01blog_momredkimono(1).jpg小振袖を着た結婚前の母

パリ郊外にあるセーブル美術館は、19世紀初頭に創設されたヨーロッパ最古の陶磁器専門の美術館である。この国立陶磁器美術館で「薩摩焼パリ伝統美展」が開催されていたのだが、これは1867年のパリ万博で初めて薩摩焼が展示された140年記念行事であったらしい。この展示会のクロージング・イベントとして坐忘斎お家元がご講演をされることになっており、裏千家パリ出張所の一生徒として、お手伝いさせていただくことになった。

前もってお茶の先生から特別な行事のため装いは少し華やかに、というお話があったのだが、その中で「あかねちゃんは振袖で」という指示をいただいたので、箪笥の底でぺったんこになっていたこの着物が思いがけず日の目を見たというわけである。お茶を立てられる場ということと、「派手にならないように」との先生のお言葉もあり、髪型も着付けの先生に結んでいただいたふくら雀も小さめに。袖も二尺程度なのだが、普段より少し袖が長いだけですっかりおめかし気分である。小さい頃、いつもより少し長いスカートをはかせてもらっただけでお姫様気分になれたのを思い出した。

Satsuma(2).jpgSatsuma(4).jpg

千宗室家元のフランス公式訪問は今回が家元継承後、初めてであったらしい。お父さまの千玄室大宗匠は海外への茶道普及に心を砕かれたということであったが、当代お家元は国内の活動を大切にされていると聞いていた。そんなこともあり、少し保守的な感じの方を勝手に想像していたのだが、実際にお目見えして、寛大でユーモアをお持ちの方という印象を受けた。千家は京都のもうひとつのロイヤルファミリーといっても過言ではないかもしれない。遠い国まで足を運び、生徒一人ずつに優しく声をかけ、私をお姫様気分にしてくださった方は茶の湯の王様なのである。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。