スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレイ「くるみ割り人形」オペラ・バスチーユ 

京都に顔見世があるように、欧米の年末にはくるみ割り人形がある。チャイコフスキーの三大バレイのひとつである「くるみ割り人形」はこの季節になると、毎年多くの劇場で公演が繰り返される演目である。

nutcracker_3.jpg

クリスマスイブ、クララはプレゼントにくるみ割り人形をもらう。みんなが寝静まった頃、クララは突然人形ほどの大きさになり、はつかねずみの大群に襲われるが、くるみ割り人形が指揮する兵隊人形に救われる。第2幕では凛々しい王子さまに変身したくるみ割り人形がクララを雪の国、そしてお菓子の国へと招待し、さまざまな精たちのダンスが披露されるというストーリーである。お菓子の国での音楽はディズニーの「ファンタジア」でも使われたもので、多くの人に耳覚えのあるものであろう。

nutcracker_2.jpgnutcracker_1.jpg

クリスマスはいつごろから日本に定着したのだろうか。私も物心がついたときからクリスマスが待ち遠しくて、毎年イブにはサンタさんに飲んでもらえるように暖かいミルクをリビングのテーブルにおいていたのを覚えている。日本では恋人のイベント日のようにもなってしまったクリスマスだが、やはり子供達が楽しみにしている行事にはかわりないようである。でも国をあげて他宗教の祭日をここまで熱心に祝う国民も珍しいであろう。25日が過ぎると一転して街は和風になり、お正月の準備に心を砕くところもおもしろいところである。

nutcracker_4.jpg
塩漬け繭色無地一つ紋に絞り名古屋帯

日本のクリスマスを西洋文化の真似事や商業主義だとする意見は決して間違ってはいないかもしれない。でも長くて悲しい宗教紛争の歴史を持つ国を見ていると、かたよった範囲とはいえ異教徒の習慣を吸収できる国民性を一蹴にしてしまうのもためらわれる。信仰心が特になくても、デパートの商戦に少しぐらい踊らされても、サンタクロースに心弾ませるのはそんなに悪いことではないのではないか。毎年街のイルミネーションが灯り、「くるみ割り人形」の舞曲を耳にすると思うことである。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。