スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏千家ヨーロッパのつどい 

0506_rome(3).jpgh1,1.jpg

裏千家第15代家元、鵬雲斎千玄室大宗匠がヨーロッパで裏千家茶道の普及を始められて半世紀を迎えられるという。これを記念してヨーロッパ初の裏千家出張所が開設されたイタリアはローマで「裏千家ヨーロッパのつどい」が5月22日から25日の間開催され、出席できる機会に恵まれた。参加者は日本から約200人、ヨーロッパ各国、北米、中南米地域から約300人の延べおよそ500人である。

0506_rome(2).jpg0506_rome(4)bisbis.jpg

5月22日(月)
■「裏千家ヨーロッパのつどい」式典(ローマ市庁舎 Palazzo Senatorio)
■ローマ出張所訪問 (Centro Urasenke)


私は22日の夜に到着となったため上記のイベントには参加できなかったのだが1969年に開設されたローマ出張所は3つのお茶室があるとても立派なものであるらしい。開設以来の駐在講師でいらっしゃる野尻命子(のじり.みちこ)先生はお話に聞いていた通りのなんともチャーミングな女性でいらした。在伊40年以上の野尻先生のご活躍が『ローマでお茶を』(主婦の友社)というご本になったとのこと。

5月23日(火)
■平和祈念献茶会(聖アンセルモ教会 Chiesa di Sant'Anselmo)


0506_rome(17).jpg0506_rome(15).jpg

メイン行事であった平和祈念献茶式は午前10時からミサの中で行われ、大宗匠は二碗を献点、祭壇に供えられた。大宗匠はこの聖アンセルモ教会で1984年にも献茶式を行っておられ、その時には故登三子夫人同伴であったため今回の献茶式では夫人が傍にいるようだと感極まっていらしたと後でお話に伺った。

茶道の紹介普及のため世界60ヶ国を200回以上歴訪され、33カ国に95箇所の出張所を開設された大宗匠は「空飛ぶ家元」とお呼ばれになっていたとか。故登三子夫人は外国語に流暢でいらして茶道のこころを世界中に伝えるため努めていらっしゃる大宗匠の大きなお力でいらしたとの大宗匠の文章を読んだことがあるのを思い出した。

■大宗匠主催記念レセプション(セントレジス・グランドホテル St. Regis Grand Hotel)

0506_rome(14)bis.jpg0506-rome(31).jpg

夜に行われたレセプションでは大宗匠が気さくに参加者にお声を掛けられてまわった。パリから来た私達には大宗匠が登三子夫人とお見合いされたとき「フランスが大好きだった彼女はソルボンヌ大学と私のどちらかを選ばなくてはいけなくなり、一晩考えて私を選んでくれた。」というお話をしてくださる。結婚後も京都日仏会館でフランス語の勉強をつづけられた登三子夫人はシラク大統領にお会いになった時フランスに住んでいた事があると思われた程上手に話せたのだと亡き夫人のご自慢をされる大宗匠はとても素敵であった。

5月24日(水)
■記念茶会(ローマ日本文化会館 Istituto Giapponese di Cultura in Roma)


0506_rome(20).jpg0506_rome(29).jpg

翌日は海外初の日本文化会館として1962年に会館されたローマ日本文化会館で記念茶会が行われた。ローマ出張所のお濃茶席、その他欧州のお薄茶席、日本の薄茶席の3つのお茶席があり、私は欧州薄茶席のお手伝いに入った。

左上の写真がイタリア人生徒さんのお手前の後、お濃茶の説明をする野尻先生である。右側は欧州薄茶の盆略点配置の1つ。お道具は、ほぼ全てヨーロッパ製のもので写真は鉄瓶の代用にオランダのティーポット、なつめはフランスのボンボンニエール、茶杓は象牙を使った英国製、ピカソデザインのお茶碗に、お盆はスカンジナビア製という具合である。

■シンポジウム『ヨーロッパと茶の心』
夕方からは野尻先生が司会を勤められたシンポジウムで裏千家淡交会ベルギー協会会長であり、ベネディクト会神父でもいらっしゃるベテュヌ氏(Rev.Father Pierre-Françoise de Béthune)と裏千家フライブルグ連絡所駐在講師及び臨済宗禅僧のハース氏(Rev. Ulrich Haas)がそれぞれ講演をなさった後、ディスカッションとなった。茶の湯の伝統、禅の視点とキリスト教の精神の共通点が多々挙げられていたのが大変印象的である。

5月25日(木)
■名誉学位授与式(ローマ大学大講堂 Università degli Studi di Roma)


0506_rome(33).jpg0506_rome(9).jpg

大宗匠はすでに100以上の肩書をお持ちだという。今回もローマ大学より名誉学位を受けられた。1303年に創立されたこの大学はカイロ大学に次ぐ世界で二番目に大きな大学であるらしい。大講堂で大学のローブに身を包んだ大宗匠が学位を受けられた後の先生方によるお手前のデモンストレーションでは洗練された自然な動作に思わず見とれてしまう。

■カクテル、打ち上げパーティー (Ristorante Antica Dogana)
最後の夜はテーベレ川沿いのレストランでお食事会。他の参加者の方達とゆっくり楽しくお話しができて、やはり来てよかったと実感した。

0506_rome(19)2bis.jpg0506_rome(11)2bis.jpg0506_rome(10)2bis.jpg
0506_rome(25)2bis.jpg0506_rome(26).jpg

今回のつどいでまったく目を奪われっぱなしであったのはみなさんのお着物姿である。こんなにも一度に和装姿を目にした事のなかった私はキョロキョロしてしまっていたであろうと今思うと恥ずかしい。

まだ5月、でもすでに気温25度を超すローマということで袷と単衣が入り混じっていた。紋付でなくでもかまわないと直前に教えてもらい、私は絽の付下げを2枚、紗合わせを1枚持っていったがそれでも暑かったくらいである。「お茶会での金銀は禁物」という情報だけが頭にあったものだからシンプルな帯を合わせたが、ご覧のようにほとんどの方が金銀の入った帯を締めていらした。やはり普通のお茶会ではないのだから少し華やかにした方が正解だったのだろう。

0506_rome(5)bis.jpg0506_rome(8).jpg

このような会に出席するのは初めてであったが京都にいた頃「習わされていた」お茶のお稽古ではなく今回自分の意思で再開したお稽古をちゃんと続けたいと思えた経験であった。

野尻先生がお茶を始めたのは「日本をわかる手掛かりにしたい」というのが一つの理由であったらしい。私の着物熱も茶道への興味もそういうことなのかもしれない。長い間日本の外から無造作に日本を見つめていた私が今は興味津々に日本の中身を理解しようとしており、簡単には把握できないその奥の深さを楽しみ、誇りに思えているのである。
スポンサーサイト

ファルス(Farces)と狂言と 

モーツァルト生誕250周年を祝い今年は世界中でモーツァルト作曲のオペラやコンサートが目白押しのようであるが、もちろんパリも例外ではない。戯曲は1786年にパリで初演されたという「フィガロの結婚」を観に行った。このオペラは音楽があまりにも美しいので崇高なイメージを与えるが内容は限りなく浮世のものであり、ある種のドタバタ喜劇なのであろう。この日は土曜日であったので幸い着付けの方はいつも程にはドタバタせずに済んだ。

CIMG1063.jpg

17世紀のフランスでは、モリエール、ラシーヌ、コルネイユなどによる喜劇が人気を集めていたという。1680年、ルイ14世の勅命により、モリエールの劇団を中心にコメディ・フランセーズが結成され、現在も活動を続けている。継続している劇団としては世界最古であるらしい。この自主公演の歴史を守ってきたフランス唯一の国立劇団が初めて海外の劇団を招待することになり、日本の「狂言」茂山家が選ばれたという新聞の記事を目にした。

「西洋ではファルス (Farces 意:笑劇) の技術、スタイルは失われたが、それを今も引き継ぐ狂言を見ることで、自分たちの伝統を再発見できる」と、記事にはコメディー・フランセーズの言葉が引用されていた。来年の春、フランスのファルスを飯沢匡氏が狂言化した「濯ぎ川」と、古典の「棒縛り」を上演予定だという。

f_paris_comediefrancaise_7.jpgf_paris_comediefrancaise_3.jpg
picture.jpgLa Comédie-Française(Salle Richelieu)

毎年春になると会員になっている劇場から来シーズンのプログラムが載ったカタログが送られてくる。チケットを先一年分まとめて予約するためである。アボンヌモン(abonnement)と呼ばれるこのシステムをここ数年パリ・オペラ座に2人分申し込んでいるが、あれこれ相談しながら演物をピックアップしていくのは楽しい作業だ。その上、去年からは劇場のカタログを見ながら「このバレエにはあの着物が似合いそう」、「このオペラの頃にはお仕立てに出しているあれが出来上がっているかも」という具合である。

オペラ・ガルニエでは「和泉式部日記」をベースにしたオペラと市川家の歌舞伎公演があるらしい。さっそくチケットを予約し、今から帯合わせが頭の中で渦巻いているのは言うまでもない。

La Comédie-Française
2 rue de Richelieu 75001 Paris
Tél: +33(0)1.44.58.15.15
www.comedie-francaise.fr

Des Fleurs Partout  

私は少し悲しくなるくらいの火の手の持ち主である。観葉植物をすぐに枯らしてしまう、あれである。メトロからうちまでの間にある3つの花屋さんでは甘い香りを放っているジャスミンのポットや、虹色の紫陽花の植木には涙を呑み、切花を求めるようにしている。

0506_bd(7).jpg0506_bd(3).jpg

パリでフローリストの修行をしていた人に聞いた話だが花単品で見ると日本に比べてフランスの方が値段はかなり安いらしい。でも典型的なパリのプレゼント用の花束、ブーケ・ロン(bouquet rond 意:丸い花束)に使われる花の数は相当なものなので値段もそれなりになるという。彼女の印象では一般的に花に掛ける予算も花を贈る習慣もフランスの方が多いのではないかということであった。

先日誕生日であったのも関係して花束を贈ってもらう機会が続いた。花とグリーンが詰まったブーケ・ロンは丸く完成した状態に仕上がっており、普通そのまま花瓶に入れればいいようになっているのだが1つの花束は手持ちの花瓶には入らきらず、いくつかに分けて生け直すことになり、突然部屋が花で溢れた。

0506_bd(12).jpg0506_bd(2).jpg

今はブーケ・ロンとは対照的な華奢なすずらんの花束をフランス中で目にする季節である。5月1日はフランスでも祝日で、この日にすずらんを贈ると良いことがあり贈ってもらうと幸せになると言われている。お花屋さんではもちろん、街角にもすずらん売りの屋台が建てられ、この日はすずらんの日(Le jour du muguet ル・ジュー・ドゥ・ミュゲ)とも呼ばれている。
もう一つ私に春を感じさせてくれるのが日本でもなじみの深いフランスでGlycine(グリシン)と呼ばれる藤である。建物のファサ-ドに紫色の花房を垂らす様子には足を立ち止めて見とれてしまう。誕生日の食事には淡い藤色の染抜き一つ紋色無地に西陣名物裂模様の名古屋帯を合わせ、花尽くしにしてみた。

0506_bd(17).jpg0506_bd(14).jpg

贈り物の花束と街角の春の花は私の生活に色を足し、幸せな気分にさせてくれている。色とりどりのブーケは私にフランスの画家アンリ・マティス(Henri Matisse 1869―1954)のこんな言葉を思い出させてもくれた。

Il y a des fleurs partout pour qui veut bien les voir

「見たいと願えば花はあたり一面にあるものだ」という意味である。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。