スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス王妃のあだ桜 

フランスの最後の王妃、マリー・アントワネットのグラン・パレ展示会に行ってきた。幼少時代に過ごしたウィーンのシェーンブルン宮殿からヴェルサイユ宮殿での豪華な生活、そしてフランス革命の中でギロチン台に送られるまでの彼女にたずさわる絵画や彫刻、家具や手紙など300点以上を集めた展示会である。

Sakura_affiche.jpgsakura_versailles.jpg

オーストリアの皇族、ハプスブルク家に生まれ、14歳でフランス王太子に嫁ぎ、18歳で即位したマリー・アントワネット。表面のみが絢爛豪華なヴェルサイユの空しい生活を紛らわすために、国の財政を傾かせるほどにパーティーや浪費にうつつを抜かした世間知らずの王妃。そのように語られる彼女は、あまりにも非凡な回り合わせを持った、いたって平凡な女性だったのではないだろうかと思わせる。恵まれた自分の境遇に気付かず、与えられたものだけでは飽き足らず、手の届かないものばかりを思い、目の前の楽しみで気分を紛らわす。

明日ありと思ふ心のあだ桜
夜半に嵐の吹かぬものかは


これは親鸞聖人が出家をした時に詠んだ歌である。あだ桜(徒桜)とは散りやすく、はかない桜花のことだという。マリー・アントワネットの場合、若さゆえの美しさと、自分の努力で手に入れたものではない権力におごり、気がつけば花が散っていただけではなく、幹ごと切り倒されてしまうのである。

conciergerie_1.jpg コンシィエジュリ牢獄

ヴェルサイユ時代の理想化された彼女の肖像画や、彼女の部屋を飾った贅沢極まる装飾美術からは、マリー・アントワネットの素顔を垣間見ることは難しい。王政に対する国民の不満が爆発し、革命裁判で死刑判決を受けた後、彼女がコンシィエジュリ牢獄で最後に書いた手紙が残っている。夫であるルイ16世の妹、大変親しかったという義妹エリザベート王女へ宛てたこの手紙の中で、初めて王妃にふさわしいマリー・アントワネットの凛然とした姿が浮かび上がるようである。

妹よ、私の最後の手紙をあなたに宛てます。私は死刑の判決を受けましたが、それは犯罪者への恥ずべき判決ではなく、あなたの兄上に会いに行くようにとの判決なのです。あの方と同様に、無実の私は、最後まであの方と同じくしっかりとした態度でいたいと思います。良心の咎めがないので、安らかな気持ちでおります。あわれな子供達を残していくことだけが心残りです。私はあの子達と心優しい私の妹、あなたのためだけに存在していました。(・・・)息子が私が何度も繰り返した、父の最後の言葉を決して忘れず、どうかわたしたちの死の復讐など考えませんように。(・・・)

Sakura_3.jpgSakura_4.jpg

去年購入した枝垂れ桜の帯が一年目の春にあだ桜とならぬよう、さっそく色無地紬に締めてみた。今、東京では桜が満開とのことだが、人間の女性の咲き方も実にさまざまである。狂い咲きに返り咲き、そしてマリー・アントワネットのような、はかなくも並外れた大輪咲きがあるのである。
スポンサーサイト

コメント

グランパレ

ロンドン同様、パリも寒い日が続いていることでしょうが、桜はもう咲いてますよね? 日本とちがって長く咲いているのであまり関心を集めないですが。

グランパレ、去年の夏に家族でパリに遊びに行ったときには残念ながら何も開催されてなくて閉まっていたのですが、どうしても中が見たくて、隙間から覗いてみました。一度展示されている時に行ってみたいものです。

この桜の帯、よく覚えてますよ。着姿を楽しみにしてました。淡い雰囲気があかねさんにぴったりで、帯締のブルーとの相性も抜群です。

アントワネット

ふふふ、先月私もアントワネットの調度など
見て来たんですよ~(^-^)b

http://blog.goo.ne.jp/reirinn-109/e/b269101b83b440b053d5c234cfbc3932

あの時代の彼女の立場に立ったら
みな同じような運命をたどったのじゃないかな
と、思ってしまいます。
歴史にとって「たら、れば」は禁句なのですが
もう少し庶民に目を向けていれば…
いやいや、周りが見せないであろうし…と。。。

いいですねえ、ピンクの紬に桜の帯v-252
私も桜が散らないうちに早く何か桜のものを
着なければ~~~アセアセ(^-^;

はんなり

柔らかい色の紬 すっきりと無地
それにはんなり桜帯
あかねさんらしい組み合わせですね。

14歳という幼い時に母のもとを離れたのが災いしたのでしょうか。
それとも彼女のもって生まれたものでしょうか。
賢い女王と言われている母帝に比べて華やかで虚ろで悲しい人生だったように思います。
が、彼女にとってはどうだったのか、誰にも本当のところはわからないことですね。

e-235椿姫さま
こんにちは!
グラン・パレのメジャーな展示会はいつも素晴らしいのですが、特別なパスか予約がないと長い列にならぶはめになるので、気軽に立ち寄れないのが少し残念です。

グラン・パレの目の前にあるプティ・パレはパーマネント・コレクションは無料で内装もとても綺麗。カフェもあるし、テンポラリー展示会もいいものを開催しているのですが、グラン・パレに比べて全然空いているというなかなかの穴場です。
次回パリにお立ち寄りの際は是非中を覗いてみてください。

i-267やっぴーさま
こんにちは!
日本ではとても頻繁にルーブル展が開催されているのですね。

本当に歴史の壮大なお話は「たら、れば」が沢山思い浮かびますが、彼女がああ生きたからこそ、今でも世界の反対側でも彼女の名前が興味と憧れを集めるのでしょうね。

「ベルサイユのバラ」は読まれましたか?この展示会を見てマリー・アントワネットが日本の漫画でどのように描写されているのか知りたくなりました。

東京はお花見日和のようですね。どうぞ良い週末をお過ごしください。

e-235春吉さま
ご無沙汰しております。
長期出張にいらしていたのですね!

そうですよね、お母様のマリー・テレジアは子供達をヨーロッパ中の王族と結婚させ、ハプスブルク家の繁栄と領土拡大をはかったなかなかのやり手だったようですね。

春吉さまは今年は桜をお召しになられましたか?この桜の帯は後一回締めれるかどうかというところですが、まだまだ寒さが続きそうなパリ、この色無地はしばらく活躍してくれそうです。

パリの桜!!

あかねさん、こんにちは。

はんなりと美しい桜の装い・・・素敵です~♪♪
そしてまた、この装いはパリの街並みにもぴった
りなんじゃないかなと、思いを馳せました。
お江戸では今日が今年の桜のピークなんじゃない
かな、という感じでした。明日は雨が降ってしま
いそうです(涙)。

ベルサイユのバラ、子供の頃だーい好きな漫画だ
ったのですっ!今でも復刻版が我が家にあるので
す~♪♪壮大な大河ドラマという感じ、また読み
かえしたくなってきました!

淡い春の色

いま東京は桜が満開、今日の雨で少し散ってしまったかもしれません。

あかねさまの着物と帯、ほんとうに素敵。異国でこんな姿に出会ったら、うれしくなりますね。

季節を大切にして、活かすのが着物道。パリでも淡い桜色を咲かせてくださいね。 こちらも花尽くしの一日でした。

http://blog.madio.jp/j/index.php?p=895

i-267いしのすけさま
こんにちは!
この帯び合わせは去年帯を購入した時から早くしてみたいと思っていたので、やっと日本の桜の季節が来た時はとても嬉しかったです。(こっちも一応桜は咲くのですが、満開の時期があるようで、ないんです。。)でも、もう東京では桜の季節が過ぎようとしているのですね。。i-241

それにしても「ベルバラ」の「オスカル」って一体誰をベースに作ったキャラクターなのでしょうか。。。実際のマリー・アントワネットの周囲にはそのような人物はいなかったようですね。

e-235真由美さま
こんにちは!
素敵なお椀ですね。こちらでは桜尽くしとはいかないですが、日本の季節の感覚は忘れないように暮らしていきたいと思います。
着物e-412を着たり、お茶のお稽古をしていると自然に季節を楽しむ機会が出来るのは嬉しいことです。

はじめまして

あかねさま、初めまして!
偶然たどりついたあかねさんのブログがあまりに素敵でコメントに至りました。
私もパリ在住で、着物大好き。最近すっかり忘れてしまった着付けをまた習い始めたところです。毎回日本へ帰るたびに少しずつ着物を持ってくるようにしています。これからも更新楽しみにしていますね!

はじめまして

しばらく前に調べ物をしていた時に偶然此処にたどり着き、以来こっそり寄らせて頂いていました。今日は改めてあかねさんの文章が素敵だなぁと感心していたところ、同じように初めてコメントされている方を発見、私も思い切ってコメントさせて頂きました。
私はイギリスのシュロップシャーの田舎に滞在しています。昨年念願のお茶を習い始め、今年は茶箱を持って帰ってきました。着物は此処には一枚だけしか持ってきていませんが、母の着物を独り占めし、日本ではよく着ていました。
桜の帯がとても綺麗ですね。前回の日記のお着物は私の好みにぴしゃり。やっぱり着物は素敵です。

i-267アイコさま
はじめまして。
嬉しいコメントをどうもありがとうございます。^^
アイコさんもパリで着付けを習われているのですね!私も日本へ帰るたびに着物と着物の小物と着物関係の本でスーツケースがいっぱいでした。

パリの小さな着物チームe-412、お目にかかる機会もあることと存じます。何卒どうぞよろしくお願いいたします。

e-235松乃さま
はじめまして。イギリスからの書き込みどうもありがとうございます。とても光栄です。^^

お住まいはシュロップシャーとのこと、車の多いパリと違って、静寂の中でお茶のお稽古ができそうですね。コスモポリタンなロンドンとも違って純粋なイギリスの文化v-501に触れる機会も多そう、などと勝手に想像してしまいました。またシュロップシャーでのお茶のお話なども是非聞かせてください。

こんにちは。
季節のお花の帯 とても素敵ですね。

日本では 藤や れんげが、満開の季節になりました♪

私は、6ヶ月間パリに滞在したことがあります。友人のアパートに住んでいました(彼がパリを不在にしていたので)。私は当時17歳で、パリは別世界のように思えました。アパートに滞在できたおかげで、旅行とは一味違うパリを楽しむことができました。数年後、再びパリを訪れたのですが、その時はなぜかパリに好感を持てなかったのです。たぶん、私が年をとったからでしょう。現在はパリで日本人とアメリカ人を対象にアパートの賃貸をお手伝いする会社(http://www.paris-apartments-for-rent.com/jp/index.html)に携わっています。とても良い会社で、現地(パリ)スタッフとして働く日本人スタッフも知っています(彼らは今の状況が気に入っているので、日本にはもう帰ってこないかもしれません)。

i-267カサブランカさま
こんにちは!お返事が遅くなりすみません。
パリは今、桐の花が満開でとても素敵なんです。藤の花より渋めの紫の花が桜のように葉が出る前に一斉に咲いています。

v-252オスカーさま
はじめまして。
日本に比べてお客様へのサービスが発達していないフランス、不愉快な思いをされる旅行者の方は多いようですが、次回はオスカーさまにとっていい思い出が多いといいですね。

アパートを貸すためと、パリに滞在する友人のために御社のサイトには何回かお邪魔したことがあるんです。奇遇ですね。^^

いつもみています

はじめまして、いつも参考にしています。また遊びにきますね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hannariparis.blog39.fc2.com/tb.php/85-5a7a6bfd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。