スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着物はじめ 

まだクリスマスの飾りが街中に残っているパリであるが、そろそろ暦では晩冬が過ぎようとしているようである。先日お茶のお稽古に行く前に歳時記に目を通していたら旧暦で今頃の時期のことを春待月(はるまちづき)というと学んだ。最近は毎日があっという間に流れ、このままでは一度も着物に袖を通すことなく立春になってしまいそうな気配である。

時間の長さは今まで過ごしてきた年月の長さによって感じると、どこかで読んだことがある。例えば5歳の子供にとっては1年は20%だが50歳の大人には2%にしか感じられないということだ。なるほど、小学生の頃は一年間が永遠とも感じられたのに、今では知らぬ間に数年経っていたと嘆くはずである。

時間の感覚には他にもいろいろな説があるようで、私が納得するのが好奇心との関係である。初めて歩く道では行きよりも帰りのほうが短く感じられるのが通常だという。初めて見る風景には好奇心がわき、多くの情報をキャッチしようとするが、すでに見た風景には興味が薄くなる。多くの景色を頭にインプットした時のほうが、風景を横目で見過ごした時よりも時間が長く感じるという研究結果があるとのこと。子供は大人に比べて、日々見るもの聞くものが新鮮であり、好奇心が多いことが時を長く感じさせているということであるらしい。

obi_2.jpg


名古屋帯に仕立て直した母の若い頃の着物を、父が年末に沢山のお土産と共に持ってきてくれた。前身頃のシミがどうしてもとれず、着物好きにならなかったら、おそらく捨てられていたであろう母の小振袖である。今頃の時期を旧暦では梅初月(うめはつづき)とも呼んでいたと歳時記で知り、日本庭園をふと覗いてみると紅いつぼみが開いていた。茶道への興味が芽生えていなかったら見過ごしていたかもしれない紅梅である。どうも好奇心とは時間の流れをゆっくりにしてくれる他にも色々なききめがあるらしい。好奇心が持ってきてくれたこの帯を、今年の着物始めに締めてみよう。
スポンサーサイト

コメント

あら、すてき♪

時間がやたらと早く流れてると感じる今日この頃。
あかねさん、お風邪など召していませんでしたか?
ほんに春らしいお色のいい柄ですねえ。
ぜひお締めになった所も拝見したいです v-222

春はすぐそこ

あけましておめでとうございます。

お父様が日本からいらっしゃったのですね。親子で楽しい年末年始をお過ごしになったことでしょう。

お母様のお着物を帯に仕立てられたとはなんと素晴らしい!

こういう伝統的な日本らしさがヨーロッパでは一番映えるような気がします。どんなお着物に合わせてお締めになるのか楽しみです。

温度よりも陽の長さが季節感とも言える北ヨーロッパでは、寒くても春の気配を感じませんか? ロンドンではもうすぐクロッカスが咲く季節で、春遠からじ、です。

好き~

素敵な帯! お母様のきものを活用されたというところがさらに素敵度アップですね。
こちらでお召しですか?
どんなきものに?

梅が枝

久しぶりの更新にv-237

お母様の美しい繊細な梅が枝が見事に帯として引き継がれて、それをあのハンサムなパパさまがお運びになられたことに、あかねちゃんのご両親の愛嬢への愛情が伝わって来て、小雪の舞う東山山麓で温かい気持ちでパコパコしています。

とてもとてもはんなり綺麗な帯になりましたね。
私の絵羽織りから作った帯と大違い。
お着物もパリでデビューできてうれしいことでしょう。
帯のお姿も拝見させてくださいね。

あかねさん、寒中お見舞い申し上げます。しばらくご無沙汰しておりました。
お母様の小振袖を帯として蘇らせるなんて素敵ですね。

私は東京に戻り、念願だった着付け教室にも通い、ようやくお太鼓が結べるようになりました。
お正月はノルマンディにて紬初めをいたしました。

美しいあかねさんの着姿をいつも参考にしております。

素敵な帯!!

あかねさん、こんにちは。
お母様の小振袖、なんとも素敵な帯に変身しましたね~!!とってもウキウキしながら拝見いたしました!可憐で可愛らしくて上品で、あかねさんにお似合いになるだろうな~とウキウキウキウキ。お父様が持ってこられたというのも、本当にほっこりとあたたかい気持ちになりました。
もしかしたら以前におっしゃっておられた、大好きなお母様の白地のお着物で、シミがとれないかもとおっしゃっておられたお着物でしょうか。帯に変身は素晴らしい方法ですね♪♪♪着物を始めて間もない頃に、まだ変身させるなんていうことを思いつかないままに、シミヤケのひどい付下げを洗い張りしてしまったのですが、復活しなくて悲しい思いをしたものがあります。いつか帯に変身させてみたいです!!

e-343やっぴーさま
こんにちは!
おかげさまで元気に毎日を過ごしております。パリも春を少し感じさせてくれる季節になってまいりました。
この帯は2月にある行事で締めたいと思いますので、またご連絡いたしますね。

e-343椿姫さま
こんにちは!
本当におっしゃる通り、陽の長さが変わってまいりましたね。今週末のロンドンではお天気に恵まれ、後一息で咲き出しそうな水仙を公園で沢山みれ、春の陽気を楽しみました。

明るい着物がますます着たくなる季節ですね。e-113

e-343春吉さま
こんにちは!
この帯はどんな物にも結構幅広く合ってくれそうな気がするのですが、着物によっても雰囲気が変わりそうなのが楽しみです。柔らか物から紬まで色々組み合わせを楽しもうと思います!e-412

e-343ake149さま
こんにちは!
この帯は岡崎のいさかさんが時間をかけて柄の出し方を見てくださいました。ご相談している間に「ここを手先にして、、」などといいながら、反物にシャーっとハサミを入れられたので、びっくりしたのですが、さすがプロ、おっしゃっていた通りに出来上がり、満足しています。e-266

e-343Sumikiさま
ご無沙汰しております。
お正月にはお着物を召されたのですね!私は久しぶりにパリで過ごしたのですが、おせちを食べた後にテニスに行くという、雅でない元旦でした(笑)。

お着物は慣れだと思いますので、ノルマンディーでもどんどんお着物でお出かけなさってください。

e-343いしのすけさま
こんにちは!
そうです、そうです。この着物は保存状態がひどくて、白い部分を濃い色に染め直すしかない、と言われショックで、又それにかかるお値段を知りダブルショックをうけた代物です。e-268
ハサミを入れるのは気が引けたのですが、活用できないとどうしようもないですものね。今は思い切って帯にしてよかったと思います。いしのすけさまの付け下げも是非!

こんにちは。
素敵な帯!実は、私も母の着物で とても気に入っているものがあって。。
仕立て直しても着れないとあきらめていましたが、帯にする方法があるのですね。お値段は、おいくらぐらいするのでしょう?
 

e-343カサブランカさま
こんにちは!
どうもありがとうございます。
帯の他にも着物を羽織に変身させていらっしゃる方も多いようですね。帯だとかなり布が残るので、和装かばんも一緒に作られた方も!私のこの帯のお仕立ては2万円程でしたが、どの程度切り貼りするかなどによってもお値段は上下するようです。
お母様のお着物、素敵に変身するといいですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hannariparis.blog39.fc2.com/tb.php/82-1cd2d639

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。