スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス王妃のあだ桜 

フランスの最後の王妃、マリー・アントワネットのグラン・パレ展示会に行ってきた。幼少時代に過ごしたウィーンのシェーンブルン宮殿からヴェルサイユ宮殿での豪華な生活、そしてフランス革命の中でギロチン台に送られるまでの彼女にたずさわる絵画や彫刻、家具や手紙など300点以上を集めた展示会である。

Sakura_affiche.jpgsakura_versailles.jpg

オーストリアの皇族、ハプスブルク家に生まれ、14歳でフランス王太子に嫁ぎ、18歳で即位したマリー・アントワネット。表面のみが絢爛豪華なヴェルサイユの空しい生活を紛らわすために、国の財政を傾かせるほどにパーティーや浪費にうつつを抜かした世間知らずの王妃。そのように語られる彼女は、あまりにも非凡な回り合わせを持った、いたって平凡な女性だったのではないだろうかと思わせる。恵まれた自分の境遇に気付かず、与えられたものだけでは飽き足らず、手の届かないものばかりを思い、目の前の楽しみで気分を紛らわす。

明日ありと思ふ心のあだ桜
夜半に嵐の吹かぬものかは


これは親鸞聖人が出家をした時に詠んだ歌である。あだ桜(徒桜)とは散りやすく、はかない桜花のことだという。マリー・アントワネットの場合、若さゆえの美しさと、自分の努力で手に入れたものではない権力におごり、気がつけば花が散っていただけではなく、幹ごと切り倒されてしまうのである。

conciergerie_1.jpg コンシィエジュリ牢獄

ヴェルサイユ時代の理想化された彼女の肖像画や、彼女の部屋を飾った贅沢極まる装飾美術からは、マリー・アントワネットの素顔を垣間見ることは難しい。王政に対する国民の不満が爆発し、革命裁判で死刑判決を受けた後、彼女がコンシィエジュリ牢獄で最後に書いた手紙が残っている。夫であるルイ16世の妹、大変親しかったという義妹エリザベート王女へ宛てたこの手紙の中で、初めて王妃にふさわしいマリー・アントワネットの凛然とした姿が浮かび上がるようである。

妹よ、私の最後の手紙をあなたに宛てます。私は死刑の判決を受けましたが、それは犯罪者への恥ずべき判決ではなく、あなたの兄上に会いに行くようにとの判決なのです。あの方と同様に、無実の私は、最後まであの方と同じくしっかりとした態度でいたいと思います。良心の咎めがないので、安らかな気持ちでおります。あわれな子供達を残していくことだけが心残りです。私はあの子達と心優しい私の妹、あなたのためだけに存在していました。(・・・)息子が私が何度も繰り返した、父の最後の言葉を決して忘れず、どうかわたしたちの死の復讐など考えませんように。(・・・)

Sakura_3.jpgSakura_4.jpg

去年購入した枝垂れ桜の帯が一年目の春にあだ桜とならぬよう、さっそく色無地紬に締めてみた。今、東京では桜が満開とのことだが、人間の女性の咲き方も実にさまざまである。狂い咲きに返り咲き、そしてマリー・アントワネットのような、はかなくも並外れた大輪咲きがあるのである。
スポンサーサイト

「薩摩焼パリ伝統美展」セーブル美術館 

この子の出番はもうないかもと思っていた母の若い頃の梅の花小振袖をたとう紙から出せる嬉しい機会が先日あった。

Satsuma(1).jpg06.01blog_momredkimono(1).jpg小振袖を着た結婚前の母

パリ郊外にあるセーブル美術館は、19世紀初頭に創設されたヨーロッパ最古の陶磁器専門の美術館である。この国立陶磁器美術館で「薩摩焼パリ伝統美展」が開催されていたのだが、これは1867年のパリ万博で初めて薩摩焼が展示された140年記念行事であったらしい。この展示会のクロージング・イベントとして坐忘斎お家元がご講演をされることになっており、裏千家パリ出張所の一生徒として、お手伝いさせていただくことになった。

前もってお茶の先生から特別な行事のため装いは少し華やかに、というお話があったのだが、その中で「あかねちゃんは振袖で」という指示をいただいたので、箪笥の底でぺったんこになっていたこの着物が思いがけず日の目を見たというわけである。お茶を立てられる場ということと、「派手にならないように」との先生のお言葉もあり、髪型も着付けの先生に結んでいただいたふくら雀も小さめに。袖も二尺程度なのだが、普段より少し袖が長いだけですっかりおめかし気分である。小さい頃、いつもより少し長いスカートをはかせてもらっただけでお姫様気分になれたのを思い出した。

Satsuma(2).jpgSatsuma(4).jpg

千宗室家元のフランス公式訪問は今回が家元継承後、初めてであったらしい。お父さまの千玄室大宗匠は海外への茶道普及に心を砕かれたということであったが、当代お家元は国内の活動を大切にされていると聞いていた。そんなこともあり、少し保守的な感じの方を勝手に想像していたのだが、実際にお目見えして、寛大でユーモアをお持ちの方という印象を受けた。千家は京都のもうひとつのロイヤルファミリーといっても過言ではないかもしれない。遠い国まで足を運び、生徒一人ずつに優しく声をかけ、私をお姫様気分にしてくださった方は茶の湯の王様なのである。

着物はじめ 

まだクリスマスの飾りが街中に残っているパリであるが、そろそろ暦では晩冬が過ぎようとしているようである。先日お茶のお稽古に行く前に歳時記に目を通していたら旧暦で今頃の時期のことを春待月(はるまちづき)というと学んだ。最近は毎日があっという間に流れ、このままでは一度も着物に袖を通すことなく立春になってしまいそうな気配である。

時間の長さは今まで過ごしてきた年月の長さによって感じると、どこかで読んだことがある。例えば5歳の子供にとっては1年は20%だが50歳の大人には2%にしか感じられないということだ。なるほど、小学生の頃は一年間が永遠とも感じられたのに、今では知らぬ間に数年経っていたと嘆くはずである。

時間の感覚には他にもいろいろな説があるようで、私が納得するのが好奇心との関係である。初めて歩く道では行きよりも帰りのほうが短く感じられるのが通常だという。初めて見る風景には好奇心がわき、多くの情報をキャッチしようとするが、すでに見た風景には興味が薄くなる。多くの景色を頭にインプットした時のほうが、風景を横目で見過ごした時よりも時間が長く感じるという研究結果があるとのこと。子供は大人に比べて、日々見るもの聞くものが新鮮であり、好奇心が多いことが時を長く感じさせているということであるらしい。

obi_2.jpg


名古屋帯に仕立て直した母の若い頃の着物を、父が年末に沢山のお土産と共に持ってきてくれた。前身頃のシミがどうしてもとれず、着物好きにならなかったら、おそらく捨てられていたであろう母の小振袖である。今頃の時期を旧暦では梅初月(うめはつづき)とも呼んでいたと歳時記で知り、日本庭園をふと覗いてみると紅いつぼみが開いていた。茶道への興味が芽生えていなかったら見過ごしていたかもしれない紅梅である。どうも好奇心とは時間の流れをゆっくりにしてくれる他にも色々なききめがあるらしい。好奇心が持ってきてくれたこの帯を、今年の着物始めに締めてみよう。

バレイ「くるみ割り人形」オペラ・バスチーユ 

京都に顔見世があるように、欧米の年末にはくるみ割り人形がある。チャイコフスキーの三大バレイのひとつである「くるみ割り人形」はこの季節になると、毎年多くの劇場で公演が繰り返される演目である。

nutcracker_3.jpg

クリスマスイブ、クララはプレゼントにくるみ割り人形をもらう。みんなが寝静まった頃、クララは突然人形ほどの大きさになり、はつかねずみの大群に襲われるが、くるみ割り人形が指揮する兵隊人形に救われる。第2幕では凛々しい王子さまに変身したくるみ割り人形がクララを雪の国、そしてお菓子の国へと招待し、さまざまな精たちのダンスが披露されるというストーリーである。お菓子の国での音楽はディズニーの「ファンタジア」でも使われたもので、多くの人に耳覚えのあるものであろう。

nutcracker_2.jpgnutcracker_1.jpg

クリスマスはいつごろから日本に定着したのだろうか。私も物心がついたときからクリスマスが待ち遠しくて、毎年イブにはサンタさんに飲んでもらえるように暖かいミルクをリビングのテーブルにおいていたのを覚えている。日本では恋人のイベント日のようにもなってしまったクリスマスだが、やはり子供達が楽しみにしている行事にはかわりないようである。でも国をあげて他宗教の祭日をここまで熱心に祝う国民も珍しいであろう。25日が過ぎると一転して街は和風になり、お正月の準備に心を砕くところもおもしろいところである。

nutcracker_4.jpg
塩漬け繭色無地一つ紋に絞り名古屋帯

日本のクリスマスを西洋文化の真似事や商業主義だとする意見は決して間違ってはいないかもしれない。でも長くて悲しい宗教紛争の歴史を持つ国を見ていると、かたよった範囲とはいえ異教徒の習慣を吸収できる国民性を一蹴にしてしまうのもためらわれる。信仰心が特になくても、デパートの商戦に少しぐらい踊らされても、サンタクロースに心弾ませるのはそんなに悪いことではないのではないか。毎年街のイルミネーションが灯り、「くるみ割り人形」の舞曲を耳にすると思うことである。

椿姫尽くし 

去年はバレエの「椿姫」で始まってオペラの「椿姫」で終わった私の観劇の一年であったが、今年のシーズンも思いがけず「椿姫」で開幕となった。ロンドンの椿姫さまのお知り合いの方にチケットを譲っていただく、という嬉しい椿姫尽くしである。

1105_garnier(4).jpg

一年以上前からチケットをまとめて予約するシステムでは、スケジュール上どうしても無理があったので、今年からは別個に買い求めていたのだが、そうなるとやはり人気のある演目やいい席は皆無となる。いただいたチケットはBalcon Fauteuil(バルコン・フォトイユ)、自分ではなかなかとれない席である。

パリ・オペラ座では1階の左右にあるボックス席をBaignoire(ベノワール=浴槽)、舞台正面の平らになっている1階席はOrchestra(オーケストラ)、そしてOrchestraの後方にある段の高い席がBalconと呼ばれる。2階から6階まであるバルコニー式のボックス席はLoge(ロッジュ)、正面5階ロッジュはAmphithéâtre(アンフィティアット)、正面席以外の天井桟敷はStalle(スタル)という名称で知られる。

Latraviata_1.jpgkyoto2.jpg

2200席程のこんなに小さな空間に今でもここまでしっかりと階級社会の形が残っている場所もめずらしいかもしれない。もちろん貴族の社交場であったオペラ座に足を踏み入れることのできない階層の方が多かったのだろう。オーケストラ席を眼下に、舞台を真正面に見据えられるBalconが限られた人たちの場所であったのは明らかである。

その日は3時間の上流階級を味わいついでに、そのままホテル・ジョルジュ・サンクのレストランで夕食をすることにした。少し背伸びした日曜日を過ごしながら、映画「プリティー・ウーマン」の中で、ジュリア・ロバーツがオペラ「椿姫」のヴィオレッタに自分の境遇を重ね合わせて目に涙をためるシーンや、「見知らぬ方のご親切」という映画「欲望という名の列車」の台詞を思い出して、椿姫さまが作ってくださったありがたい縁に感謝したのであった。

(素晴らしい公演でした。遅くなりましたが、この場を借りてお礼を申し上げます。どうもご親切にありがとうございました。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。